「イスラム圏からの訪日旅行者」にどう対応すべきか(ハラルイベント第1講演)

シェアしていただけると嬉しいです!

2013年7月、幕張で開催されたイベント、
「ハラル対応ホテル&レストラン 現地視察・セミナー」。
最初の第1講演は、
「イスラム圏からの訪日旅行者」をテーマに展開されました。
講師は、ホテルベッツの小峰勇さんです。
「ハラル」はイスラム法で認められたものという意味。
イスラムの人たちにとって、
「ハラル対応」された施設や「ハラル対応」された食事は、
心地よさに直結します。
今後、日本が海外からの旅行者を増やしていく上で、
特にイスラムの人たちを招く上では、
「ハラル対応」が非常に大きなキーになってきます。
講師をつとめたホテルベッツの小峰勇さん
【写真:講師をつとめたホテルベッツの小峰勇さん】


 
 
     □     □     □
 
 
ホテルベッツは、世界5大旅行会社のナンバーワンである、
「TUI」の、ホテル卸販売部門。
世界183ヶ国にある、合計5万以上のホテルを取扱い、
2012年には、1600万泊以上の販売を達成されています。
(1秒あたり30泊)
そうした実績の中、同社のマーケティングデータを基にして、
ムスリムツーリズムや、訪日観光市場について、
現状と今後を展望する内容となりました。
 
 
     □     □     □
 
 
まず初めに、小峰氏は、
インバウンドを取り巻く状況について解説。
インバウンドとは、「訪日外国人旅行客」、
あるいは、その誘致活動のことを指します。
訪日外国人数を示すプレゼン資料から
【写真:訪日外国人数を示すプレゼン資料から】
2013年4月の訪日外国人数は923,000人で、単月過去最高。
2013年5月の訪日外国人数は875,000人で、単月歴代3位。
このようにして、日本に来る旅行者の急増ぶりを説明されました。
 
 
     □     □     □
 
 
小峰氏は、「インバウンドトラベル」の市場環境について、
わずかこの1年だけを見ても、
だいぶ大きな変化が起きているといいます。
1つには、冒頭に示した数字のように、
インバウンドの数(訪問客数)の変化。
そしてもう1つには、
訪問者数における「アジア圏」からの比率が急速に伸びていること。
(ただし尖閣の関係で中国からは急減)
 
訪日外国人データ:アジアからの旅行者が急増
【写真:訪日外国人データ:アジアからの旅行者が急増】
 
 
     □     □     □
 
 
また、ベルリンで開催された「国際旅行見本市」で発表に言及。

「2020年までに、世界の全旅行者のうち、イスラムの占める割合が14%を超える」

との見解があったこと。
また、オーストラリアのクイーンズランド州での取り組みが紹介され、
官民をあげてのハラル対応を強化した結果、
イスラム観光客が35%以上も増加した等の発表があったことを
紹介されました。
つまり、日本単体を見るだけでなく、
世界的な潮流として、イスラムの存在感が大きくなっており、
とりわけインバウンド施策の中では、イスラム対応がキーになる、
ということです。
 
 
     □     □     □
 
 
「ハラル対応」をするということは、
イスラムの人たちの滞在を心地よく整備してあげること。
それは、ほかならぬ「イスラムフレンドリー対策」であり、
存在感を高めるイスラムの人たちを迎え入れるには、
ハラル対応は不可欠だということですね。
日本では「イスラムは中東」というイメージをもつ人が多いですが、
世界で最もイスラム教徒の数が多い国はインドネシア。
アジア圏にも多くのイスラム教徒がいて、
彼らが旅行先を選ぶにも、
「できればイスラムフレンドリーな施設に行きたい」と思うのは、
当然のこと。
実際、ホテルベッツのデータでも、
「旅行の際は、ハラル対応のホテルに行きたい」という方が
多いと話されていました。
 
 
     □     □     □
 
 
今回の講演をまとめると・・・、
ホテルやレストラン、その他、様々な商業施設についても、
もし、イスラムの人たちに快適に過ごしてもらおうと思うなら、
「ハラル対応」を考えることが重要性を増してくるということ。
そのことが、データでよく伝わってくる内容でした。
今後、イスラムの方々を集客していきたいと考えている企業は、
「ハラル対応」をどうするかを考えることが大事ですね。
そしてまた、「ハラル対応」のみならず、
「イスラム」全体についての理解を深めていくことが、
今後ますます必要になってくるだろうと思います。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2013年7月4日up
 日本企業は「ハラル対応」をどう考えるべきか
■2013年7月4日up
 「イスラム圏からの訪日旅行者」にどう対応すべきか(ハラルイベント第1講演)
■2013年7月4日up
 「イスラミック・ツーリズム」観光立国マレーシアの取り組み(ハラルイベント第2講演)
■2013年7月4日up
 アメリカのムスリム市場における「ハラル対応」の位置づけ(ハラルイベント第3講演)
■2013年7月4日up
 ハラルフードの豪華試食会に行ってみた。
■2013年7月4日up
 ハラル認証を取得したホテルの客室を見学してみた。

 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク