「インドネシアに長く滞在してホームシックにならないですか?」という質問

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアに短期滞在中の日本の方から、
こんな質問を受けました。
「長く住んでいて、ホームシックになったりしませんか?」と。
ならないですねー。
というか、
「そもそもホームシックってどんな現象なの?」と思ってしまうくらいです。
思わずネットで「ホームシック」と検索して調べてしまいましたが(笑)
 
知人の一人とカフェでビジネス談義
【写真:インドネシアのカフェで、知人の一人とビジネス談義】


 
 
     □     □     □
 
 
私は昨年から東ジャワに住んでいますが、
インドネシアに滞在するようになってから5か月ちょっと。
まだ半年たらずということもあって、
ホームシックになることは全くありません。
ちなみに、辞書には、こうあります。

 

ホームシック とは – コトバンク
★大辞林 第三版の解説
ホームシック【homesick】
自分の家族や故郷から遠く離れている者が,それらを異常なほど恋しがる病的状態。懐郷病。 「●●にかかる」

ホームシック とは – コトバンク
★デジタル大辞泉の解説
ホームシック 【ホームシック】
《homesicknessから》故郷や家庭を懐かしみ、異常に恋しがる気持ち。郷愁。懐郷病。

 
 
     □     □     □
 
 
この説明文を見る限り、
人によっては、だいぶ辛い感じなのでしょうか。
ただ私の場合、日本とインドネシアの混血なので、
いわば、日本もインドネシアもいずれも「ホーム」。
日本かインドネシアにいる限り、
そもそもホームシックになりようがない気がします。
インドネシアといっても広いので場所によるのかもしれませんが・・・。
 
親戚一家とのランチ
【写真:インドネシアの親戚一家とのランチ(他にも親戚たくさん)】
 
 
     □     □     □
 
 
でも、半年近く滞在していて、
「あぁ、日本食が食べたーい!」という気持ちすら沸き起こりません。
あまりにそんな状況なので、
現地の知りあいから
「ひろあき、日本人なんだから、普通は日本料理が恋しくなったりするはずでしょ?」
「なんで、日本の料理を食べたくならないの?」
などと言われる始末・・・。
「だって、国籍は日本だけど、半分インドネシア人だし」と言うと、
「あ、たしかにそうだよね」なんて展開に。
日本食は日本で食べた方がおいしい場合が多く、
インドネシア料理はインドネシアで食べた方がおいしい場合が多いしなぁーという感じです、はい。
 
 
     □     □     □
 
 
「ホームシック」対策で、このページを訪れた方には、
全く参考にならないブログ記事となり、申し訳ありません。
でも、今はインターネットで、海外にいても
いくらでも情報は入手できるし、メールもできるし、
skype等を使えば、無料でテレビ電話すらできる時代。
また、もちろん現地で友達をつくれば、いろいろと楽しいことも多いはず。
現地で楽しいことがたくさんあると、それだけで毎日が忙しくなるものです。
 
バリとジャワの海と自然をこよなく愛する知人と
【写真:バリとジャワの海と自然をこよなく愛する知人と】
 
 
     □     □     □
 
 
しかもインドネシアは親日の人が多く、
若者を中心に、日本語のできる人も増えてきています。
与えられた環境のマイナス面を嘆くのではなく、
与えられた環境をふまえて、
どれだけ自分なりに有効活用していけるのか、
そして、どれだけ「一歩踏み出す」気概がもてるのか。
それによって、日々の楽しさは大きく変わってくるような気がします。
時代とともに、
ホームシックになる要素は減っている気がするのですけどねぇ。
■追伸:
いま私は、妻子を日本に置いて生活しています。
なので、「お前はホームシックではないと言うが、
家族に会いたくもないのか?」と言われれば、それは違うでしょう。
ただ、「家族の暮らす日本に帰りたい!」という気持ちは、今は全くなくて、
逆に「早く家族をインドネシアに迎えてあげたい! ここの暮らしを
味わわせてあげたい!」という気持ちばかり。
なので、一般的な「ホームシック」とは、また異なるような気がしています。
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク