イドゥル・フィトリ|駐日インドネシア大使公邸の断食明け大祭の風景

シェアしていただけると嬉しいです!

駐日インドネシア大使公邸で開催された「断食明け大祭」。これは、イスラムの断食明けのお祭り「Idul Fitri」(イドゥル・フィトリ)に伴う立食ランチパーティーです。

「イドゥル・フィトリ」は、日本語では「断食明け大祭」と呼ばれ、1ヶ月間の「ラマダーン」(断食月)の終わりを祝うもの。

イスラム教の祭日となり、今年は、9月10日と9月11日の2日間が、「イスラム暦1431年イドゥル・フィトリ」と指定されています。私自身、インドネシア人の血を引く立場でありながら、この「イドゥル・フィトリ」の催事に参加するには初めてです。

今回のブログでは、「断食明け大祭」がどのような雰囲気で行われたのかを、写真をまじえてお伝えしたいと思います。
 
インドネシア大使公邸の入口。立派です・・・
【写真:インドネシア大使公邸の入口。立派です・・・】


 
 
     □     □     □
 

1ヶ月間の「ラマダーン」(断食月)は、毎年その開始日と終了日が異なります。今年、2010年のラマダーン日程は、「8/10(火)〜9/9(木)」の1ヶ月となっていました。

なお、イスラムの断食について詳しいことを知りたい方は、こちらをどうぞ。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2008年9月2日up
 イスラム教徒の断食の月「ラマダーン」がスタート!

そして、このラマダーンが明けた時のお祭りが、今回の「イドゥル・フィトリ」なのです。
 
大使公邸の入口看板
【写真:大使公邸の入口看板】
 
 
     □     □     □
 
 
最寄り駅である目黒駅に到着するなり、
もう、インドネシア人だらけ(笑)。

まるで日本ではないかのような錯覚を覚える程でした。

駅から大使公邸に向かって歩いていても、
すれ違う人たちは、インドネシア人ばかり。
歩くたびに、ワクワクしてしまうのが不思議なところです。
 
 
     □     □     □
 
 
インドネシア大使公邸に到着!

場所は、目黒と五反田の間に位置する「インドネシア大使館」の裏側。この地図で見ると、「インドネシア大使館」の右下あたりに緑地帯がありますよね。

そしてこれが、大使公邸の玄関。立派です!

大使公邸の玄関あ
【写真:大使公邸の玄関】

きっと、歴史的文化財なのでしょうね。美しい洋館です。

そして、その脇に行くと、いかにもインドネシアっぽい門が。

庭に至る門
【写真:庭に至る門】

ここをくぐると、まるで次の世界に行けてしまいそうです(笑)。
 
 
     □     □     □
 
 
庭に入ると・・・
もう会場には、大勢のインドネシア人が!
日本人は、ほとんど皆無です。
 
庭の中央広場
【写真:庭の中央広場】

そして、この会場では、無料で料理が配られました。

こちら!

お祝いのお料理を配るブースがたくさん
【写真:お祝いのお料理を配るブースがたくさん】
来場者に向けて用意された料理
【写真:来場者に向けて用意された料理】
スープを入れるだけで出来あがり!
【写真:スープを入れるだけで出来あがり!】
 
 
     □     □     □
 
 
どんな料理かというと、これです。

振る舞われた料理(撮影に失敗しました・・・
【写真:振る舞われた料理(撮影に失敗しました・・・】

撮影に失敗しましたが、
いかにもインドネシアという風情を感じされる料理。

若干難ありでしたが(笑)、
それでも、おいしいところもあって、
ありがたく頂戴いたしました。

日本にはインドネシア料理が楽しめる店が少ないので、
こうした本場に触れることができる機会は、本当に貴重。
 
 
     □     □     □
 
 
大使公邸の庭は広いですが、
そんな広い庭が狭く感じてしまうほど、
大勢のインドネシア人たちが集まっていました。

座る場所がないので、レジャーシートの上で。
 
本当にたくさんの人たちが!
【写真:本当にたくさんの人たちが!】
 
食べたり、おしゃべりをしたり。

ほとんど日本人のいない空間。
料理は、インドネシアのものだけ。
そして流れるアナウンスもインドネシア語・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
食べ終わった人たちも、
すぐに帰ったりせず、例えばこんな感じ。

久しぶりの再会? 記念撮影をする人たち
【写真:久しぶりの再会? 記念撮影をする人たち】

皆さん、ゆっくりとして、その場を楽しんでいるようで、
もう、このエリアだけは、東京とは思えないような、
そんな至福の環境でした・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
最後にいただいたお土産はこちら。

おみやげ
【写真:おみやげ】

インドネシアのものばかりではありませんが、
いかにもインドネシアでいただくようなものばかり。
インドネシアにいるかのような雰囲気が、どんどん増していきました。

やはりインドネシアの雰囲気は良いな・・・。
落ち着いて、ついつい、なごんでしまう、実にほっとできる空間でした。

来年もまた行きたいです!
 
 
■追伸:
来場者には家族連れも多かったのですが、
インドネシアの1歳から2歳くらいの子供たちを見ていると、
うちの子供たちと似ているところが多くてびっくり。
やはり血は引継ぐものなのですね・・・。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年5月29日up
 イスラムの「断食」期間中にインドネシアのGoogle検索が増える背景


 2010年9月13日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスル
セミナー・イベント 】「成長縁(R)大学
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする