インドネシア商工会議所への訪問が「じゃかるた新聞」の記事に

シェアしていただけると嬉しいです!

皆さんは、海外への視察ミッションのようなツアーに参加されたことはありますか?

昨年11月に、インドネシアを訪問した時の一場面が、現地の日本語新聞「じゃかるた新聞」に掲載されました。これが、その時の記事をご紹介します。

記事では、「日本アセアンセンターの投資環境視察ミッション」となっていますが、これは、日本アセアンセンターが、インドネシア大使館、およびインドネシア投資調整庁(BKPM) 日本事務所と共催で行った視察ツアーになります。

20121128_じゃかるた新聞1面
【画像:「じゃかるた新聞」に掲載された記事(2012年11月28日付)】




投資環境を視察するツアー、メリットは?

 

今回のツアーは「投資環境視察ミッション」としての位置づけで、インドネシアの経済状況や投資環境を把握することが目的でした。

私も、その一員として参加。ジャカルタとバンドゥンの様々な施設を見学することができました。個人で旅行するのとは異なり、こうしたツアーに参加すると、短時間でまとめて効率的に複数の関係施設に訪問できるので便利です。

今回の「じゃかるた新聞」の記事は、様々な訪問先の中で、「インドネシア共和国商工会議所 (KADIN)」に訪問した時のことがとりあげられています。

インドネシア共和国商工会議所 (KADIN)とは?

「インドネシア共和国商工会議所」は1968年の創立。33地域、440地区に支部を持つ、 インドネシアを代表する経済団体。

会場には、30人ちょっとの地元の経営者が集まり、重鎮メンバーを前にして、なかなか重苦しい雰囲気でのスタート。インドネシアの投資環境についての様々な意見交換が行われました。なお記事にある写真の右、手前から2人目が私です(笑)

なかなかアポに応じないとされる人物も参加されていたそうで、最初は、いわく表現したい、どんよりした空気・・・。

それというのも、今回のようなかたちで日本の経営者が訪問する機会は多いものの、どれも「社交辞令の挨拶」のようなものが多く、そうした、意味の薄い会合に、辟易されていたようなのです。

実益につながるようなプラクティカルな関係構築を望む彼らにとって、ただ挨拶するだけのような交流は、時間がもったいないと。
 
 
     □     □     □
 
 
今回の訪問メンバーは、いずれも、単なる挨拶ではなく、具体的な質問や意見を出す人が多く、現地経営者たちのスピーディーな返答が印象的でした。
 
20121128_kadin
【写真:大きなテーブルに旗という演出で「公式感」たっぷり】
 
ちなみに、私はあえてインドネシア語で話してみたのですが、そこから会場の雰囲気が激変(笑)私がインドネシア語で自己紹介と質問をしたところ、急に会場の雰囲気がなごやかになったことは、私にとって、ちょっとした自信にもなりました・・・。

ミーティング後には、様々な方との名刺交換の機会もあり、今後もぜひ現地経営者の皆様との交流を深めていきたいと思った一日でした。

インドネシア商工会議所への訪問が「日本物流新聞」の記事に
昨年11月に、インドネシアを訪問した時の一場面が、「成長するインドネシア」と題して、「日本物流新聞」に掲載されていました。ちょっと古くなりま...

 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする