ジャカルタの不動産:一戸建て|現地の若者でも購入できる家はどこ?

シェアしていただけると嬉しいです!

今回のテーマは、インドネシア・ジャカルタの不動産。「一戸建て」に限定した場合、インドネシアの若者でも購入できる家はどこ? という話です。

インドネシアの代表的メディア「Kompas」が、若者でも買えるジャカルタの住宅はどこだ? ということで、矢継ぎ早に記事を出していて話題になっています。

インドネシアは、急速な経済成長にともなって、物価も、人件費も、また不動産価格も上昇しています。「いつか自分の家を持ちたい」と願う人の割合は、日本よりも高いというのが私の印象です。

でも、不動産の値段はますます上がっていくばかり・・・。そういう中にあって、若者には刺さる記事なのかもしれません。

Kompasの記事「ミレニアル世代の若者にも変える住宅地の一覧はこれだ」【画像:Kompasの記事「ミレニアル世代の若者にも変える住宅地の一覧はこれだ」より】


     □     □     □

「インドネシアの不動産市況はどうなっているの?」
「みんな、どれくらいの値段の住宅を買っているの?」
「若者は、いつくらいに住宅を買うの?」

私自身も、日本からインドネシアに来る知人と交流していると、そういう質問を受けることがあります。

今回は、ジャカルタに焦点をしぼった記事ではありますが、興味深い記事で、かつ、非常にわかりやすい内容だったので、Kompasから3記事ほどまとめてご紹介します。

今回は一戸建てについて。

マンションについては、こちらをどうぞ。

ジャカルタの不動産:マンション|現地の若者でも購入できる家はどこ?
今回のテーマは、インドネシア・ジャカルタの不動産。「マンション」に限定した場合、インドネシアの若者でも購入できる家はどこ? という話です。 ...

     □     □     □

まずは、こちらの記事。

■ミレニアル世代の若者にも変える住宅地の一覧はこれだ(Ini Daftar Perumahan yang Bisa Dibeli Generasi Milenial – Kompas.com)(27 Maret 2017 | 11:13 WIB)

Kompasの記事「ミレニアル世代の若者にも変える住宅地の一覧はこれだ」【画像:Kompasの記事「ミレニアル世代の若者にも変える住宅地の一覧はこれだ」】

メインのポイントをまとめると、次の通り。

ミレニアル世代、つまりは1981年から1994年に生まれた若者たち。インドネシアでは、人材マーケットのメインを占める年齢層だ。

「Rumah123.com」と「Karir.com」の共同調査によれば、ミレニアル世代は、少なくともこの5年は家が買えなくなるのではないか。彼らはそんな脅威にさらされている。

彼らの昇給ペースが平均10パーセントと見なされているのに対して、住宅価格の上昇は最低でも20パーセントあり、バランスがとれないからだ。

ミレニアル世代の平均月給は607万ルピア。一方で、ジャカルタで3億ルピアの家を買おうと思うなら、住宅ローンの返済のためには最低でも月給で750万ルピアが必要だ。

もし家を買いたいという夢をつらぬくなら、3億ルピアより下の物件を探さなくてはいけない。

この「3億ルピア」を日本円に換算すると、だいたい300万円弱になります。

     □     □     □

というわけで、Kompas編集部が探し出した物件(分譲住宅地)は、
次のとおりです。

Kompas編集部がまとめたジャカルタの住宅7物件リスト【写真:Kompas編集部がまとめたジャカルタの住宅7物件リスト】

といっても、これだと文字だけですし、
インドネシア語で書かれているので、わかりにくいですよね。

そこで、Google Mapで検索して、
次の通りまとめてみました。

ジャカルタに来たことのある方であれば、
地図を合わせて見てみると、
「なるほど・・・」と、何か感じるところがあるかもしれません。
全部で7つの住宅分譲地になります。

(1)Perumahan Griya Tangerang Asri(グリヤ・タンゲラン・アスリ)
場所:西ジャワ、バンテン、タンゲランのジャンブカリア(Jambu Karya, Tangerang, Banten)

(2) Grand Harmoni 2(グランド・ハーモニー2)
場所:西ジャワ、バンテンのタンゲラン、ブナル(Bunar, Tangerang, Banten)

(3) Akila Residence(アキラ・デジデンス)
場所:西ジャワ、バンテンのスラン、プマタン(Pematang, Serang, Banten)

(4) Grand Citayam(グランド・チタヤム)

(5) PANORAMA BALI RESIDENCE(パノラマ・バリ・レジデンス)
場所:西ジャワ、ボゴールのパトゥットゥ・ヌトゥッグ(Putat Nutug, Bogor, Jawa Barat)

(6) Darmawangsa Residence(ダルマワンサ・レジデンス)
場所:西ジャワ、ブカシのサトゥリアムカル(Satriamekar, Bekasi, Jawa Barat)

(7) Samasta Citayam(サマストゥラ・チタヤム)
場所:西ジャワ、ボゴールのチタヤム(Citayam, Bogor, Jawa Barat)

どれも地図を見れば明瞭にわかるのは、
ジャカルタ中心部から非常に遠いということ。
汗水たらして働いて、
一生懸命になって「住宅ローン」を組んで、
それでようやく手に入る家が、ここなのか・・・と。

     □     □     □

そこでご紹介したいのが、次の記事。

■3億5000万ルピア台の住宅、ジャカルタにまだあるの?Masih Adakah Harga Rumah Rp 350 Juta di Jakarta? – Kompas.com(28 Maret 2017 | 09:31 WIB)

Kompasの記事「3億5000万ルピア台の住宅、ジャカルタにまだあるの?」【画像:Kompasの記事「3億5000万ルピア台の住宅、ジャカルタにまだあるの?」】

メインのポイントを抜粋してまとめると、次の通り。

Kompas編集部(不動産担当)の調査によれば、3億5000万ルピア未満の家は、ジャカルタ周辺部、例えばボゴールやタンゲラン、ブカシなどにある。

不動産ポータルサイト「Rumah123.com」の調査によれば、現在販売されている物件のうち95パーセントは、すでに4億8000万ルピア以上となっている。それより安い物件となると、5パーセントしかない。

ジャカルタ周辺部であるボゴールやデポック、タンゲラン、ブカシなども同じような状況だ。78パーセントは4億8000万ルピア以上の値段がついており、それより安い物件は22パーセントしかない。

     □     □     □

そしてもう一つの記事。

■ジャカルタから数十キロ圏内にある3億5000万ルピア台の住宅Rumah Seharga Rp 350 Juta Berjarak Puluhan Kilometer dari Jakarta – Kompas.com(28 Maret 2017 | 09:31 WIB)

Kompasの記事「ジャカルタから数十キロ圏内にある3億5000万ルピア台の住宅」【画像:Kompasの記事「ジャカルタから数十キロ圏内にある3億5000万ルピア台の住宅」】

ここでは、衝撃的なポイントが指摘されています。

Kompas編集部(不動産担当)の調査によれば、3億5000万ルピア未満の家は、ジャカルタ周辺部、例えばボゴールやタンゲラン、ブカシなどにある。ジャカルタ中心部から40km以上も離れていて、1時間以上はかかる距離だ。

スルポンにある「Serpong Garden」については、敷地60平米に、建物面積は33平米で4億8900万ルピア。

ブカシにある「Dharmawangsa Residence」は、敷地72平米に、建物面積は45平米で3億9600万ルピア。

「Ciputra Development」社が開発した住宅地「「Citra Indah」は1億5000万ルピア程度で手に入るが、敷地60平米に、建物面積は22平米。ジャカルタの中心部まで行くには55kmもあり、通常なら2時間。週末にもなれば、渋滞で3時間も4時間もかかる。

     □     □     □

「生活の質」という点からみてどうなんだ? という点は明らか。

私自身はインドネシアに住んでいるとは言え、
ジャカルタに住んでいるわけではありません。

ジャカルタ以外に住んでいる人と話をしていると、
よく話題になるのがジャカルタ事情。

「ジャカルタは仕事をする場所であり、金儲けをする場所。人が住む場所ではない」

そんなふうに表現する人がとても多いのです。

     □     □     □

今回の「不動産価格」という観点を見ても、
非常に厳しい住宅事情があることがわかると思います。

記事では「ミレニアル世代の平均月給は607万ルピア」とありますが、
これはジャカルタに限った事情であって、
地方では、とてもこんな大きな数字にはなりません。

それでも根強い「持ち家信仰」もあって、
がんばって住宅を取得する人たちは多くいます。

今回の不動産状況のまとめを見れば、
インドネシアの若者たちの一つの側面が、
また違った観点から実感できるのではないかな・・・と思い、
まとめてみた次第です。

     □     □     □

ちなみに余談ながら・・・、
今回、Kompasが、3億5000万ルピアでも手に入る家を記事化したきっかけ。
マニアックネタですが、これが実に面白いのです。

いま、ジャカルタ州知事選挙が白熱しています。
ジャカルタだけでなく、インドネシア全土で。
前回は3グループ(州知事と副知事でセットで出るため)が立候補し、
過半数の票を獲得したグループが出なかったため、
上位2グループで、4月に決選投票が行われます。

3月27日にテレビ討論が行われました。

ジャカルタ州知事選挙のテレビ討論が開催される告知【画像:ジャカルタ州知事選挙のテレビ討論が開催される告知】

そこで、アニス候補の目玉政策として、
「最初の住宅を取得する際の頭金をジャカルタ州が負担する」という
アイディアが説明されました。

そこで彼は言ったようなのです。
全額を負担するのではなくて、あくまでも頭金の部分だけだよと。

もし3億5000万ルピアの家だったら、ジャカルタ州が負担するのは頭金である5200万ルピアです。その頭金の部分こそが、私たちが消したいと考えている領域部なんです。軽減してあげたいんです。

Kompas編集部(不動産担当)は、それを聞いて「あれ?」って思ったようなんです。

「そもそもジャカルタに3億5000万ルピアで買える家なんてあるのか?」と(笑)

     □     □     □

「ミレニアル世代の平均月給は607万ルピア」という点から、
借入可能な金額を類推して「3億5000万ルピア」と仮定。

そして、その金額で買えるジャカルタの家は、
実際にどんなものなのかを調査したという記事。

ここからすけて見えてくるインドネシア事情って、すごく広いなぁ・・・と思いました。

繰り返しになりますが、
インドネシアの不動産事情や、住宅購入事情について聞かれることが多く、
実に面白い記事が矢継ぎ早に出されたので、まとめてみました。

皆様の何らかの参考になれば幸いです。

なお住宅地(一戸建て)ではなく「マンション」については、次の記事をどうぞ。

ジャカルタの不動産:マンション|現地の若者でも購入できる家はどこ?
今回のテーマは、インドネシア・ジャカルタの不動産。「マンション」に限定した場合、インドネシアの若者でも購入できる家はどこ? という話です。 ...

また、以下は関連記事です。

インドネシア住宅事情|現地の若者は「家の購入」をどう考えているか?
日本の方からインドネシア事情を聞かれる時、その人の興味関心に応じて様々なことを尋ねられますが、現地の若者の住宅事情や、不動産まわりのことも、...
インドネシア住宅事情|都市部の若者が300万円から100万円台の家を探すことになる理由
インドネシアの代表的メディア「Kompas」で、若者の住宅事情の雰囲気が伝わってくる記事がありました。 先日の記事に引き続いての関連記...

■不動産の売却や投資でお悩みの方へ

不動産の売却や活用、不動産投資のことでお悩みではありませんか? ファイナンシャルプランナーの国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士2級」と日本FP協会認定「AFP」資格をもち、宅建士資格合格、不動産実務検定1級、「事業承継・M&Aエキスパート」の合格者でもある私(渡邉)が、みなさんの相談に乗ります。もし相談したいことがありましたら、「お問い合わせ」窓口より、お気軽にご連絡下さい。
詳細について

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする