熊野古道(中辺路エリア)60キロを夫婦で踏破。大自然から気づかされた7つのこと

シェアしていただけると嬉しいです!

一週間ほど、ブログをお休みしていました。
ゴールデンウィークを利用して、
世界遺産である熊野古道(中辺路エリア)を歩いてきたためです。
出発前に「1週間ブログを休みます」と書こうと思っていたのですが、
それだけの時間がうまく確保できず、
そのまま出発してしまいました。
歩くこと約60キロ。
いやぁ、すばらしかったです!
 
長い年月を感じさせる美しい苔の石段
【写真:長い年月を感じさせる美しい苔の石段】


参詣道は、非常に長く、そのほとんどは山道です。
一方で、世界遺産としては世界唯一とのことですが、
「川」の部分も、道に含まれています。
昔の人々が舟下りで向かった参詣道もあるためです。
今回歩いたのは、約60キロですが、
舟で下った距離を含めれば、約75キロ。
あとは、バス移動と電車移動が若干というところです。
 
杉の根が天然の階段をつくります・・・
【写真:杉の根が天然の階段をつくります・・・】
 
途中、雨に降られながらも、山道や森林をくぐりぬけ、歩き続けました。
ヒッチハイク体験もしました。お寺にも宿泊しました。
早朝5時のおつとめに出て、お経を聞いて涙もしました。
 
あたたかな日差しを浴びる熊野古道
【写真:あたたかな日差しを浴びる熊野古道】
 
全体として、感じたのは、

・人も動物も植物も、お互いに支えあって生きている
・だから助け合いが大事。
・自らの長所は、いただきものなので、それを使って周囲に貢献することが大事。
・そういう意味で、長所を磨かないでいること、長所で貢献しないことは罪。
・したがって、健康に留意し、自然にまみえて、食生活にも気をつけるのが重要。
・どれだけ周りに貢献できたかが人生の満足度になる。
・いただいたもの以上にお返しをしていくには、生き急ぐくらいがちょうど良い。

などでした。
もっともっとスケールの大きな生き方をしていかねばと思いました。
また、大いに貢献していける人間になっていきたいとも思いました。
熊野を歩いて良かったです。
 
整然とした熊野の石畳
【写真:整然とした熊野の石畳】
 
自然の歴史と文化の歴史、その重層が、
とても重くとても深く、けれども慈悲深く、襲ってきました。
昔の人たちのいろいろな想いが伝わってきました。
現代という時代にあって、
電車があってもバスがあっても、歩いて熊野を詣でるのは、なぜか。
なんとなくわかったような気がします。
そして思いました。歩いてこその熊野なんだなと。
 
熊野那智大社の塔と滝(右)
【写真:熊野那智大社の塔と滝(右)】
 
歩き終わってから、熊野三大社の一つである、
熊野那智大社の宮司の言葉を知りました。
熊野は、<拝むところ>ではなく、<詣でるところ>。
<熊野三山>としてではなく、
<熊野参詣道>として世界遺産に登録されたことの意味を
しっかりと感じていただきたい。

私は今回、三大社すべてをまわりましたが、
やはりそうなんだな・・・と思いました。強く同感します。
また改めて歩いてみたいものです。
 
那智の滝。1000年以上も前の僧たちも修行したという場所
【写真:那智の滝。1000年以上も前の僧たちも修行したという場所】
 
参詣の旅程の詳細については、
これからうまく時間を確保して、
少しずつブログ化していければと思っています。
いやぁ、すばらしかったです・・・。
歩いてわかることがあります。ぜひ、おすすめです。
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2007年7月25日up
 「総本家・めはりや」和歌山の名物「めはり寿司」なら、もうここしかない!(和歌山・新宮)
■2007年9月9日up
 「鳥羽山」和歌山の港で食べるなら、この魚屋の食堂で食べよう!


 

(参考:samsul.comブログから)
■2008年5月1日up
 熊野古道(中辺路エリア)60キロウォーキングから1年が経過して
■2008年5月2日up
 熊野古道(中辺路エリア)60キロウォーキングを紹介する妻のブログ


 
 
 2007年5月7日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク