インドネシア大使館主催の「インドネシア語スピーチコンテスト2011」が中止に

シェアしていただけると嬉しいです!

先日開催予定だった「インドネシア語スピーチコンテスト」。

インドネシア大使館主催のイベントだったのですが、
中止になってしまいました。

なんと、「応募者がほとんといない」とのことで
まぁ、「これがインドネシア」という感じですね (笑)。
 

【スピーチコンテストのパンフレット】


 
 
     □     □     □
 
 
そもそも応募したのは、
私がお世話になっているインドネシア語の先生たちから、
「渡邉さん、次のスピーチ大会、出て下さいねぇ」
と、繰り返しの強烈アピール(笑)をいただいたことがきっかけ。
 
 
     □     □     □
 
 
最初は「学生みたいだな」と敬遠していました。
でも、何度も「出ろ、出ろ」と言われているうちに、
不思議と、だんだん意欲が出てきて・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
思い返せば、今年亡くなったインドネシアの祖母は、
かつて私に、こんな話をしてくれたことがありました。
「ひろあきね、わたしは高校生時代に、学校の弁論大会で優勝したことがあるのよ」って。
今から80年近く前なので・・・、オランダ統治時代です!(笑)
ひょっとしたら「あなたもスピーチ大会に出なさいよ」って、
天国の祖母が言っているのかなぁ・・・なんて。
どんどん、やる気になってきて、
実は、優勝するのを真面目に目指すまでになっていたのですが、
あえなく中止に。
 
 
     □     □     □
 
 
「インドネシア語スピーチコンテスト」のために、
事前提出していた、A4で2枚にわたる演説原稿。
せっかく書いたのを捨てるのももったいないので、
とりあえずブログにアップするかどうか検討中です。
(ブログに出すことで、何かが起きるかもしれないので)
 
 
     □     □     □
 
 
中止の知らせを受けて、私は拍子抜け。
大会への出場を積極的に推してくれた先生たちも落胆。
「原稿チェックも発音チェックも、いくらでもつきあうよ」と
言ってくれたインドネシア語の先生も落胆。
「当日、会場で応援する!」と言ってくれた友人・・・。
でも、それほどまでに応援してくださった、
その姿勢自体が私にはとても嬉しいことでした。
大会なんて中止になったって良いんですよ。
応援してくれたこと自体で幸せ。
 
 
     □     □     □
 
 
私が最後にインドネシア語でスピーチをしたのは今から15年も前のこと。
インドネシアの某大学で行った、150人の方々を前にしてのスピーチでした。
今、その内容を振り返ると、
稚拙な単語だらけに、間違いだらけの文法に・・・と、誠に恥ずかしいばかり。
ただ、スピーチの途中で思わず大拍手が起きたのは無上の喜びでした。
聴衆の心に、何らかの材料を差し込んでいくこと。
これ、スピーチの醍醐味ですよね。
まぁ、またいつかチャンスがあるでしょう。
そのためにも、日々勉強、勉強・・・。
 
 
 
 2011年10月26日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスル
ダンボール専門ECサイト】「オーダーボックス・ドットコム
セミナー・イベント 】「 成長縁(R)大学
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク