インドネシア鉄道の旅|ジャカルタ=マランの900km15時間を解説!

シェアしていただけると嬉しいです!

今回ご紹介するのは、インドネシアの鉄道の旅。東ジャワのマランから首都ジャカルタまで、900km約15時間の移動をご紹介します。

私が住むのは、インドネシア、東ジャワのマラン(Malang)。ジャカルタへ行く時は、飛行機で移動することもありますが、私の場合は基本的に鉄道です。移動距離は900キロ。乗車時間は14時間半です。

「え? 15時間近くも乗るの?」とか、「インドネシアの鉄道って、大丈夫なんですか?」と、よく聞かれます。実はインドネシアの人からも、聞かれたりします(笑)

ちょうど昨日、マランからこの鉄道に乗って移動してきました。つい先ほどジャカルタに到着したばかり。駅のスターバックスでこのブログ記事を書いています。マラン駅を出発したのが13:30。ジャカルタのガンビル駅の到着は、翌朝4:03です。

というわけで、14時間半のインドネシア鉄道の旅をご紹介しましょう。

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで【写真:ジャカルタ行きの鉄道が、マラン駅構内に入ってくるところ】




東ジャワのマランからジャカルタまでの位置関係は?

まずスタートとなるマラン駅。
「どのあたり?」と思う人が多いと思いますが、このあたりです。

東南アジアから見たマラン(Malang)

【画像:赤い部分が私の住むマラン】

さらに以下の地図を見ていただくと、もっとわかりやすいかと思います。

マラン駅からガンビル駅へ

【画像:マラン駅からガンビル駅への2ルート】

マランとジャカルタをつなぐ鉄道ルートは現在2つ。

  1. スタバヤを経由する北側のルート(ビマ:Bima号)
  2. スラバヤを経由しない南側のルート(ガジャヤナ:Gajayana号)

いずれの便も、出発時刻も到着時刻も似たような設定。でも(2)の方が景色が良いので、私はいつも(2)です。そして今回のブログでご紹介するのも(2)のガジャヤナ(Gajayana)号です。

インドネシアの鉄道の旅、ガジャヤナ号で出発!!

では、いざマラン駅を出発です!!

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで【写真:マラン駅の駅舎入口】

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで【写真:「マラン駅へようこそ」と書かれた駅構内】

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

電車でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

電車でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

インドネシアの鉄道車両の内装設備は?

各座席には、コンセントが用意されています。

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

「エグゼクティブ席」の座席は、こんな感じです。

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

私がいつも利用するのは、この1人席。
良いでしょう? これ。とても落ち着けるんですよ。

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで【写真:この席、おひとり様には、ぜひオススメ!】

去年頃から、鉄道車内には注意事項のシールが貼られるようになりました。

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで【写真:「鉄道車内で、調理したり、食べ物や飲み物を温めたりしてはダメ」】

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで【写真:「みんなで快適に過ごせるよう、床で寝てはダメ」】

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで【写真:「快適さを必要とする次のようなお客様は、この座席と交換することが可能です」】

車内販売でナシゴレン!!

夕飯の時間になると、移動販売のお姉さんが食べ物とメニューをもって、販売開始。今回はナシゴレンをいただきました。

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

【写真:車内販売のナシゴレン】

そして、就寝。翌朝4時にはジャカルタ到着です・・・。

ちなみに、写真で紹介できませんでしたが、移動中に車窓から見える景色は本当に素晴らしいですよ。ジャカルタに近づくにつれて、ゴミの見える汚い場所もたしかにあるのですが、特に東部中部ジャワのあたりはとても美しく、中には、油絵を鑑賞しているかの錯覚にとらわれる場所すらあります。

ジャカルタのガンビル駅に到着!!

というわけで、ジャカルタのガンビル駅に到着! 朝4時半です。

インドネシアの鉄道 マラン駅からガンビル駅まで

駅には、シャワーが浴びられるシャワーコーナーがあって、私はいつも利用しています。

ジャカルタ・ガンビル駅のシャワーとロッカーサービス!これは便利!
ジャカルタまで鉄道で長距離移動する人に便利なのが、ジャカルタのガンビル駅(Gambir)にあるシャワーとロッカーのサービス。とても便利なので...

そして駅で朝ごはん!

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

朝6時を迎えることには、こんなに大勢の人でにぎわいます。

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

これは、各自がネットで手配した鉄道チケットの印刷機。セルフサービスです。

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

Wifiの使えるスタバで休憩。

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで

インドネシアの鉄道のデメリット

私は、マランからジャカルタへ移動する時、またその逆で、ジャカルタからマランへ移動する時も、できるだけ鉄道を選択するようにしています。

「14時間半もかかるのに、なんで?」と思うかもしれません。
たしかに飛行機に比べれば、鉄道にはデメリットがたくさんあります。

【鉄道のデメリット】

・時間がかかる(スピードの遅さに驚き)
・上と関連して、疲労がキツイという人もいる(私は関係なし)
・意外と揺れるので、PC作業をすると気分が悪くなることも。
・意外と揺れるので、読書で本に直線を引くことができない。
・夜間に消灯してくれない。

などなど。

インドネシアの鉄道のメリット

でも私自身、飛行機と鉄道による移動を何度も経験しながら、「なるほど、こんな点があるのかぁ」と思った点もあるのです。

【鉄道のメリット】

・安い
・時間通りに出発する(私の経験上、ほぼ定刻通り)
・飛行機と同様、毛布と枕が配られる
・各座席にコンセントがついている
・移動が楽しめる、景色が楽しめる(ジャワの高原はいい!)
・飛行機の揺れが無い(鉄道も揺れますが、同じ揺れでも心情が違う)
・駅を出れば、もうジャカルタ市内の中心地(これは便利!)

というわけで、時間の制約が無い限り、私はできるだけ鉄道による移動をしています。もし機会があれば、ぜひ一度「インドネシアの鉄道の旅」お試しください!

■このテーマに関連するブログ記事です。

インドネシア鉄道の旅|魅惑のトレイン・ワールドを試すべき理由!
インドネシアの鉄道の旅。本当に素晴らしくて「ぜひ試してほしい!」と思っています。 私が最初にインドネシアに来たのは今から40年前。イン...

■追伸:
インドネシアの鉄道の旅のことなら、ぜひオススメしたいのがこちらの本です!

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする