【飛行機の旅】東ジャワのマランからジャカルタまでをスリウィジャヤ航空で移動!

シェアしていただけると嬉しいです!

私が住むのは、インドネシア、東ジャワのマラン(Malang)。東ジャワ州で2番目に大きな都市で、オランダ占領期には「オランダ人避暑地」として知られていました。

首都のジャカルタへ行く時は、鉄道で行く方法と、飛行機で移動する方法があります。

マランからジャカルタまでを鉄道で移動する方法についてはブログで書いたので、今回は飛行機(スリウィジャヤ航空)で移動する方法を書いておきます。

東ジャワのマランからジャカルタまでをスリウィジャヤ航空で移動【写真:マラン空港で待機するスリウィジャヤ航空】

     □     □     □

マランからジャカルタまで、地図で示すと、このようになります。

東ジャワのマランからジャカルタまでをスリウィジャヤ航空で移動【画像:マランからジャカルタまで(一番右にある島がバリ島)】

飛行時間は、だいたい1時間半くらい。

片道の料金は、ガルーダ・インドネシア航空の場合は1万円前後。その他の航空会社だと5000円くらいでおさまるケースが多いです。

     □     □     □

なお、ジャカルタには2つの空港があります。

(1)「スカルノ・ハッタ国際空港」
(2)「ハリム・ペルダナクスマ国際空港」(LCCが中心の空港)

このうち「マランから(1)」の路線については、現在のところ

・ガルーダ・インドネシア航空(国営の航空会社)
・スリウィジャヤ航空(LCC)

の2つの航空会社が。

そして「マランから(2)」の路線については、現在のところ、

・シティリンク航空(ガルーダが運営するLCC)
・バティック航空(LCCのライオンエアが運営する上位航空会社)

の2つの航空会社が運行しています。

「どう使い分けたらいいの?」と思うかもしれませんが、また別の機会にブログで紹介したいと思います。

2つの空港の位置関係は次の通り。40キロも離れています。

     □     □     □

本題に戻って・・・。

今回は、マランからジャカルタ(スカルノ・ハッタ国際空港)までを、スリウィジャヤ航空で移動。インドネシア国内だけで運行されているLCCです。

東ジャワのマランからジャカルタまでをスリウィジャヤ航空で移動【写真:紙製のチケット】

LCCというと、サービスが簡略化されていたり、座席が狭かったり・・・。でもこのスリウィジャヤ航空は、LCCと言っても機内の座席が狭いこともなく、サービスが悪いこともなく。かといって料金が高いわけでもなく。

東ジャワのマランからジャカルタまでをスリウィジャヤ航空で移動【写真:マラン空港で待機する飛行機(駐機場の左側)】

東ジャワのマランからジャカルタまでをスリウィジャヤ航空で移動【写真:マラン空港で待機する飛行機(駐機場の右側)】

もともと私はLCCが好きではないので、最初はスリウィジャヤ航空の利用に躊躇していました。でも一度乗ってみたら「意外といいじゃん!」と。

やはり先入観は捨てて、いろいろやってみるべきですね・・・。その後は、スリウィジャヤ航空をよく使うようになりました。

     □     □     □

乗客を見ると、スリウィジャヤ航空の「マランージャカルタ路線」に限って言えば、インドネシア現地の方々が多いように感じます。

先日乗った時も、離陸してしばらくしてからKindleを読んでいたら、隣のおばさまから話しかけられましたよ。

「その文字は、どこの言語なの?」って(笑)

     □     □     □

「日本語ですよ」と答えて、また読書に戻ろうとしたら、今度は「あら、あなた日本語が読めるの!」って言われて読書に戻れず・・・。

「本を読みたいんだぞー!」とわかるよう、あえてアピール気味に接してみるものの、お構いなしに次から次へと質問がー。

しばらくして、質問を諦めてくれたおばさま。「ごめんなさい・・・」という気持ちもありましたが、だって本が読みたいんですもの・・・ごめんなさい。

というわけで、あっと言う間の1時間半。ジャカルタに到着しました。

     □     □     □

「マラン空港からスカルノ・ハッタ国際空港」の移動は、ガルーダ・インドネシア航空か、スリウィジャヤ航空しかありません。

ガルーダとの大きな違いは値段。この路線に関していえば、日によりますが・・・なんと2倍もの料金格差があります。これはけっこう大きいですよね。そのため、客層を見ていると明らかな違いがあります。座席の広さや機内サービスについてもガルーダが上。おそらく機材の質もガルーダの方が上のはず。

私はこの路線では、ガルーダ・インドネシア航空を使ったこともありますし、スリウィジャヤ航空を使ったこともありますが、スリウィジャヤ航空でも特に不満を感じたことはありません。

機会があれば、ぜひ試してみて下さい1

ちなみに鉄道で移動すると15時間かかります(笑)
でも、すごく楽しい旅ですよ。参考までに以前書いたブログのリンクを貼っておきますね。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年2月23日up
 【鉄道の旅】東ジャワのマランからジャカルタまでをGajayana号で移動!

鉄道でインドネシアのMalang駅からGambir駅まで【写真:ジャカルタ行きの鉄道が、マラン駅構内に入ってくるところ】

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク