ガリバー創業者、羽鳥兼市さんが世界最高の4300キロマラソンを走破していた!!

シェアしていただけると嬉しいです!

フルマラソンといえば、42.195キロ。
ジョギングの習慣をもつまでは、これが最高峰だと思っていたのですが、
上には上があるものですね・・・。
これを超えるものとして、ウルトラマラソンというものがあり、
100キロもの距離を走る大会があると知りました。
(私の知人にも、かつてウルトラに参加した人が複数いて、びっくりしました・・・)


     □     □     □

「ありえない!」
「すごい!」

そんなふうに思っていたのですが、なんと、作家の村上春樹さんも、ウルトラ完走歴があるとのこと。

そのあたりは、この本に書かれています。
「走ること」と「生きること」の深さが伝わる名著で、オススメ。

でも、やっぱり100キロを走りぬけるだなんて、考えられません・・・。
時速10キロで、10時間、走りっぱなしなのです。

60代にしてウルトラマラソンに出続けるインドネシアの長老ランナーから学ぶこと
かっこいいよなーと、惚れ惚れする一枚。 インドネシアのトレイルランの先生です。 この数年間だけでも、 高原ランや、トレイルランの魅力を...
ウルトラマラソンの魅力と魔力は、やってくるのか?
昨年末に上場を果たしたリサイクルベンチャーで知られる、トレジャーファクトリー。 つい先ほど、同社の野坂英吾社長と久しぶりにお話をしてい...

 
     □     □     □
 
 
そして、さらにびっくりなのが、
もっと距離のある大会が、世界にはごろごろしているようなのです。

世界一となるのが、アメリカの
ラン・アクロス・アメリカ」(A RUN ACROSS AMERICA)という大会。

ロスからニューヨークまでを走るというのですよ・・・。
約4700kmを60日間程度で走りぬけるのだそうです。

まさにアメリカ大陸の東西横断
こんなの、ありえません・・・。

調べたら、日本の方でも完走された方がいらっしゃるようで、
もう脱帽です。

(1)http://members.jcom.home.ne.jp/mino-yasushi/raa/

(2)http://karatema.udap.jp/Runxusa.htm
すごい人というのは、どこでもいるものですね・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
と思っていたら・・・、なんと、びっくり。
ガリバーインターナショナルの創業者である、羽鳥兼市社長も、完走をされたそうなのです。なんと、65歳で。

ガリバーインターナショナル、羽鳥兼市社長インタビュー

■起業家インタビュー:MY BEST LIFE 挑戦する生き方
<これから起業を目指す人たちへのメッセージ>
強い夢を持って、命がけでその夢を育てること。そこに感謝の念があるなら、夢は必ず叶います

を読んでいて、知りました

ガリバーインターナショナル、羽鳥兼市社長インタビュー【画像:ガリバーインターナショナル、羽鳥兼市社長インタビューより】

     □     □     □

ここでは、「4300kmを119日間かけて」と書いてあるので、
また異なる大会なのかもしれませんが・・・。
インタビューの中で良いなと思った箇所を引用して紹介します。
 

もうひとつ、強い夢は必ず実現するということもお伝えしておきたいです。
私は現在67歳ですが、2年前、
ロサンジェルスからニューヨークのセントラルパークまでの4300kmを
119日間かけて走破するという挑戦を成し遂げました。
過去、3000人以上がトライして、28名しか成功していいないという、いわば荒行
ですね(笑)。私の成功が最高齢だと聞いています。
毎日毎日43km走り続けるわけですから、本当に大変です。
ロッキー山脈は標高3600m。
サポートスタッフのスクーターも点火できず走れなくなる中を黙々と走り続ける。
カンザスを過ぎ、1500kmを超えた辺りから、
もう、頑張るという感覚ではなくなるんですよ。
その後は、すべて感謝。砂利道でも、この道をつくってくれた人に感謝。
雨が降っても、暑い日でも、自分が走らせてもらうことに感謝。
感謝の気持ちだけが、自分を前に進めてくれたのです。
仕事も全く同じこと。周囲への感謝の念なくしては、続けられるわけがありません。
そして、命を賭けて成し遂げるという思い。
やけどするくらいなら止めておこうなんて考えでは、何事もうまくいかないのです。
もうひとつは強いイメージ。
ゴールするニューヨークのレストランで真っ白のタキシードを着て、
お祝いの食事会をすることを決めていました(笑)。
繰り返しになりますが、強い夢を持って、命がけでその夢を育てること。
そして日々、感謝の念を忘れなければ、夢は必ず叶います。
応援者が必ず現れますから。

 
過去に倒産歴があり、3億円もの借金を抱えたところから再スタートされたという羽鳥社長。
すさまじいエネルギーですよね。
大いに見習うべきところがあると感じました。

そして、私はまだハーフマラソンまでしか経験したことがありませんが、ハーフであっても、実際に経験してみると、羽鳥社長のおっしゃる意味が、なんとなくわかるように思います。
 
 
     □     □     □
 
 
ウィキペディアによると、これは、歴史ある大会のようで、

(1)1928年、1929年「トランス・コンチネンタルフットレース」
(2)1992年から1995年「トランス・アメリカ・フットレース」
(3)2002年、2004年「ラン・アクロス・アメリカ」(A RUN ACROSS AMERICA:RUNXUSA)

という流れで運営されてきたものだそうです。

そして、これを題材にした小説も有名なのだそうです。

 
     □     □     □
 
 
こういう大会の存在や、羽鳥社長のような存在を知らされると・・・、

小さなことで挫折したり、つまずいたりするのは、人生の可能性の大きさを思えば、本当にもったいないことなのだなと思いますね。
海外には、実にすごい大会があるものです。

そして、これほどのものに挑戦される方々がたくさんいることにも
驚きました。
 
 
     □     □     □
 
 
ちなみに、気になって検索してみたところ、私の第二の故郷、インドネシアにも、マラソン大会があることを知りました。

今は無いらしいので、正確には「あった」ということになるのですが、バリ島で行われるバリマラソンというものがあったそうです。

日本人の参加者も多かったそうで、本当に「すごいなぁ」と思います。

当時は、ガルーダ・インドネシア航空が協賛していたそうなので、さっそくガルーダで働く知人に聞いてみたところ、2001年まで運営されていたそうです。
 
 
     □     □     □
 
 
過去に参加された方の記録によれば・・・、

ヌサドゥアエリアのギャレリアショッピングセンターあたりを出発して、ングラライ将軍通りを北上。トラギアスーパーマーケットを通り、デンパサール国際空港近くまでを行くコースなのだとか。
(最初、とてもつまらないコースのように聞こえたのですが、でも、このエリア、よくよくイメージしてみると、意外と面白そうです)

いつか再開されるようなことがあれば、ぜひ挑戦してみたいものです。
距離はフルマラソン未満のようですが・・・。

しかし、4300キロを走り切った羽鳥社長、すごいです。
 
 
 
 2007年12月14日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする