「第5回・伊勢崎シティマラソン」(参加者たった250人のハーフマラソン)

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、参加したハーフマラソン、
「第5回・伊勢崎シティマラソン」。
群馬の華蔵寺公園(けぞうじこうえん)周辺を走る、
のどかなコースです。
ハーフマラソンの部は、参加者たったの250名!(笑)
今年一年、いろいろな大会に参加してきましたが、
私にとって、これが2009年最後となる大会となりました。
 
「第5回・伊勢崎シティマラソン」
【写真:「第5回・伊勢崎シティマラソン」】


 
 
       □     □     □
 
 
マラソンというのは、
走れば走るほど、その奥深さに驚かされます。
同じハーフマラソンであっても、
すべて異なる思いを与えてくれるのです。
今回のマラソンも、
なかなか思い出深い大会になりました。
 
大会のカタログ表紙
【写真:大会のカタログ表紙】
 
 
       □     □     □
 
 
記録としては、2時間3分。
まぁ、平均的な記録と言えるでしょうか。
 
大会の記録証
【写真:大会の記録証】
 
5キロごとのラップタイムも、すべて30分を切りました。
ずっと、ほぼ同じスピードで走り続けた計算になります。
 
コース図
【写真:コース図】
 
ということで、
安定した走りを見せた・・・と言えなくも無いですが、
その内実は違っていました。
 
 
       □     □     □
 
 
スタートしてから、3キロ地点で、違和感。
3キロを過ぎた地点で、なぜか急速な疲労感に襲われます。
いつもなら3キロで疲れるなんて、まったくもってあり得ません!
 
大会の会場
【写真:大会の会場】
 
ところが、なんと、
「もうダメだ・・・」と思ってしまったのです。
自分でも「うそー!」と思いましたが、
どう捕らえなおしても、なんと疲労のマックスです。
 
 
       □     □     □
 
 
観念してリタイヤを決意。
こんなのは初めてでした・・・。
ところが沿道の歓声もあってか、
リタイヤしにくい雰囲気が満載(笑)。
仕方なく、無理やり走りました。
 
ランナーが続々と集まってきます
【写真:ランナーが続々と集まってきます】
 
もう、だましだましです。
 
 
       □     □     □
 
 
「いつ、どこでリタイヤしようか・・・・」
そんなことばかり考えながら走りました。
これも初めての経験。
人は気の持ちようで左右されます。
こんなにネガティブなことを思っていれば、それが実現してしまう。
それはわかりつつも、体力の限界でした。
 
 
       □     □     □
 
 
自分をだまして、だまして走ります。
体力的には、もう限界!
でも、ここでリタイヤしたら恥ずかしいぞ!
そんな格闘の中、
なんとか頑張ったものの、13キロ地点になった時のことです。
「もう、いい加減にダメだ・・・」と観念しました。
この時の絶望感と言ったら、ありえません。
 
とにかく、のどか!
【写真:とにかく、のどか!】
 
 
       □     □     □
 
 
敗北感と挫折感、自己管理能力の無さを嘆く、
メンタル的には、最悪の状況・・・。
「あぁ、気力には限界があるんだな」と思い知らされました。
ところが!!!
私にとって、
これが思い出深い、大事な大会になったのは・・・、
なぜか、観念しきったその頃から、
急にランニングハイに入ってしまったことです。
自分でもびっくりするのですが、
「あぁ、やはり気力は無限なんだ・・・」と思ってしまったのです(笑)。
 
 
       □     □     □
 
 
再び走り続け・・・ついに16キロ地点へ。
途中で「あぁ、やっぱりダメかも・・・」と思いつつ、
「でも、あと5キロなのにリタイヤしたら、もったいない!」と思い直し、
体力度外視で無理やり走りきりました。
というわけで、
3キロにしてリタイヤを決意させられた私。
健康的に悪条件だったにもかかわらず、
ものの見事?に、なんとハーフを完走してしまったのです。
 
 
       □     □     □
 
 
雲一つない快晴で、非常に暖かい!
ゴールしてしまえば、非常に満足のいく大会となりました。
 
開会式がスタート
【写真:開会式がスタート】
 
競技場のトラック。走りたくなります!
【写真:競技場のトラック。走りたくなります!】
 
なんと言っても、克己心が発動されて、
挫折が回避された自分の潜在力が信じられませんでした。
「できるか、できないか」ではなく、
「やるか、やらないか」が世界を開くということを、
再認識させられたのでした。
 
 
       □     □     □
 
 
でも、いつもはこんなに疲れないので、
やっぱり異変があったのです。
マラソンを終えてから、
しばらくして、急に寒気がしてきて、発熱しました・・・。
体調不良の潜在的な声が、
きっと3キロ地点でのリタイヤの声となっていたのでしょう。
やはり、体は本当に正直ですね。
 
 
       □     □     □
 
 
そういうわけで、
今回の大会は、いろいろと教えてくれた大会となりました。
つくづくマラソンは奥深い!
日々勉強です・・・。
 
ゴール後の豚汁コーナー。ランナーは無料です
【写真:ゴール後の豚汁コーナー。ランナーは無料です】
 
ふるまわれた豚汁。ゴール後の至福感を一層刺激します!
【写真:ふるまわれた豚汁。ゴール後の至福感を一層刺激します!】
 
辛い思いをした大会でしたが、
それでも、自分にとっては意味ある大事な大会となりました。
今年のマラソンはこれにて終了。
また来年も、自分を鍛えるべく、楽しく頑張りたいと思います!
マラソンは、
体のことを教えてくれ、
家族のことを教えてくれ、
経営や仕事のことを教えてくれ、
また、人生全体を教えてくれます。本当にありがたいです!
 
 
 
 2009年12月15日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする