「がんばって」を連呼するインドネシアのサントリー「みらいお茶」TVCM

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、インドネシアに訪問した際、
テレビでよく流れていた、とても印象的なコマーシャルがあります。
それは、サントリーの緑茶「みらい」。

なんと、日本語で「がんばって! がんばって!」と連呼する、
とても不思議なCMなのです。

私は一度テレビで見ただけで、
その後、なかなか耳から離れませんでした・・・。

みらいお茶

□     □     □

ぜひ、作品をご覧ください。


【映像:太鼓バージョン(15秒)】


【映像:太鼓バージョン(30秒)】


【映像:上司に書類を届けるバージョン(30秒)】

□     □     □

サントリーのお茶と言えば、
「サントリーウーロン茶」「伊右衛門」の2ブランドが有名です。
でも、アジア展開にあたっては、
そのブランドをそのまま出すことはせず、
現地に合わせた独自の商品を開発しています。

その一つが、2011年7月下旬からタイで展開している、
サントリーブランドの緑茶「みらい」。

そして、今回インドネシアでも、
その「みらい」を販売開始したというわけです。
スタートは、2012年9月下旬から。

□     □     □

サントリーによれば、こう説明しています。

サントリーブランドの緑茶「みらい」インドネシアで販売開始 2012.9.28 ニュースリリース サントリー
健康志向の高まるインドネシアにおいて、伸長を続ける緑茶飲料市場に向け、インドネシア初のサントリーブランドとして発売するものです。中味は、緑茶「みらい」をインドネシアのお客様の嗜好に合わせた独自の味わいに改良し、爽やかな甘みがありながらも緑茶本来の味わいを活かした「オリジナル」のほか、はちみつの甘い香りが特長の「ハニー」、桜の華やかな香りが特長の「サクラ」の3種類をご用意しました。(330ml・500mlペットボトル)

みらいお茶

□     □     □

実際、現地のコンビニに行くと、お茶のコーナーで、
「みらいお茶」を見かけました。

これは、ジャカルタのローソンで撮った写真。

【写真:ローソン店内に陳列された「みらいお茶」】

現地の若者でも、よく知っている人がいて、
日本語を少しでも学んだ人であれば、
私に「Ganbatte!」と声をかける人も。

そこで、「ありがとう。みらいお茶を飲むよ」なんて言えば、
「さすが、インドネシアのこと、よく知ってるねぇ」と、
笑ってくれる・・・なんてやりとりも。
(私だけかもしれませんが:笑)

□     □     □

中には、「がんばって」という言葉が好きではない人もいるでしょう。

でも、このコマーシャル映像に関する限り、
「前向きに努力する美しい姿」をあらわす手段として、
「Ganbatte!」の連呼は、とても効果的に使われているのでは?
と私は思います。

日本の良さが、インドネシアに伝わっていく・・・。
2国が、どんどん近づいていく・・・。

私は、「みらい」のインドネシア進出と、
こうしたプロモーション戦略を、大変好意的に受け止めています。
今後のさらなる展開が楽しみです。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク