インドネシアの曽祖父の命日にあたって

シェアしていただけると嬉しいです!

今日、4月26日は、インドネシアの我が曽祖父の命日です。
この写真は彼の銅像。
午前2時起床のハードワーカーで、
ひたすら努力を重んじた起業家でした。
自宅で一から始めた事業は、
その後、1万人を超える人々を雇用するまでに至ります。
事業家としての側面だけでなく、
多方面で活躍した人でした。
私が「少しでも追いつきたい!」と思う人物の一人です。
 
インドネシアの曽祖父
【写真:インドネシアの曽祖父の銅像】


 
 
 
     □     □     □
 
 
38歳の時、曽祖父は思うところあって、営んできた事業をしめ、
一大決心のもと、家族で移住をしました。
そこで新たに立ち上げた事業が幸運にもうまくいって、
インドネシアの多くの人々に知られる事業にまで成長します。
インドネシアの独立にあたっては、政府から表彰も受けたようです。
 
 
     □     □     □
 
 
「38歳という遅さから始めても、
 国民全体に知られるような規模で、
 何かを成し遂げることができた」ということ。
これは私にとってはとても大きなメッセージです。
 
 
     □     □     □
 
 
奇遇にも、私も同じ38歳。
今から彼のような活躍ができるのかを考えると、
自らの非力に、はなはだ不安です。
でも、この命日の機会を契機に、
そんなことも少しずつ考え始めてみたいと思っています。
日本とインドネシアという2つの血を受け継いだ者として、
2国間のために何ができるのか。
じっくりと考えて、しっかりと行動したいと思います。
曽祖父に負けないように。
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク