60代でもウルトラマラソンに参加を続けるインドネシアの長老ランナーから学ぶこと

シェアしていただけると嬉しいです!

かっこいいよなーと、惚れ惚れする一枚。
インドネシアのトレイルランの先生です。

この数年間だけでも、高原ランや、トレイルランの魅力など、実にたくさんのことをそれこそ実地でもって教えてくださった方です。

60代になっても毎日トレーニングを欠かさず、海外マラソンにも行くし、インドネシア国内では、いまだに50キロとか80キロというウルトラマラソンに出場し続けるタフな方。本当にかっこいい写真だなーと。

インドネシアのトレイルラインの先生の勇姿【写真:インドネシアのトレイルラインの先生の勇姿】




「ハッシュ・ハウス・ハリアーズ」の常連!

世界的に広がるジョギングクラブ「ハッシュ・ハウス・ハリアーズ」(Hash House Harriers)をご存知ですか? ジョギングやランニング、トレイルなどを楽しむ会です。

私が住むのはインドネシアの東ジャワにあるマランという高原都市ですが、マラン支部、つまり「マラン・ハッシュ・ハウス・ハリアーズ」(Malang Hash House Harriers)という団体で、私は彼に出会いました。

週に2回ほど、マラン近くの高原「バトゥ」エリアで、高原を走ったり歩いたりという活動をしています。彼はこの団体の常連。すでに30年以上も参加しているらしく、すでに代表者的な存在です。

インドネシアの山で「トレラン」デビュー。駆け抜ける楽しさに驚き!
インドネシアの山でトレイルランニング! 初めてのトレイルを体験してきました。これ、夢中になりそうです。 山の中を走る。自然の中を駆け抜...

60代になっても毎日のトレーニングを欠かさない!!

「わしゃ、オンロードは好かん。オフロードが一番じゃ」と語り、「茶目っ気」たっぷりなカシオノさん。

すさまじいほどの体力と、実にストイックなトレーニング魂は、日々継続することの大切さを、いつも私に教えてくれています。今でも、毎日一定の重さの重りを腰に付けながら、一定距離を走り続けているといいます。

そんな彼のベストショットが上の写真。限界を超えて挑むということ。いかなる分野であっても本当にかっこいいですよね。

・どこまでも努力すること。
・どこまでにチャレンジし続けること。

本当に大事なことです。

高齢者になっても走り続けるという気迫

一緒にジャワの高原を歩いていて、また、一緒に山を走っていて、すっごく感じるのです。
「なんで自分は、60代にもなる彼に負けるんだろう? 」って。

どこまでも走り続け、どこまでも歩き続け・・・。超人なんです。
日々の積み重ねって、実に重たいですよね。

その地道な積み重ねは確実に成果として返ってくるし、それこそが、この写真に表れているのではないかなと。日々の実直な努力は本当に大事。それはこの写真から見ても明らかだし、だからこそ、「努力はいつかむくわれる」ということかなと。

さてさて、皆さん。
がんがん頑張り続けましょう!

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする