インドネシアの富裕層|ジャカルタの玩具店に5万円のおもちゃが!

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、ジャカルタを訪問した時、
たまたま時間が空いたので、モールに立ち寄ってみました。

せっかくなので、いつもは行かないセクションへ。
子供向けのおもちゃ売り場を見てみることにしました。

そんな中で、びっくりしたのがこの売場。
子供向けの自動車ですね。

値段を見て驚き! 
なんと、どれも5万円以上の値段が付いていたのです。

ジャカルタのモールのおもちゃ売り場【写真:子供向けの電動自動車。なんとすべて5万円以上!】


     □     □     □

インドネシアは、貧富の差が大きいことで知られています。

1人あたりGDPを見ると、
インドネシア全体だと年3,000ドル台であるのに対して、
ジャカルタだけをとると、年1万ドルを超えていると言われています。

また、法律で定められている最低賃金は、
ジャカルタ特別州の場合、2017年は335万ルピア。
今のレートだと、28,700円程度です。

     □     □     □

そんな状況の中、
「はたして5万円の乗り物が売れるの?」
という声が出てきそうですが・・・、

もっともっと多くの収入を得ている人も
たくさんいるというのがインドネシアの実情。

例えば、「世界で一番フェラーリが売れている国」は、
インドネシアなのです。

     □     □     □

私自身、日本でおもちゃ売り場にあまり行かないからかもしれませんが、
日本でも、こんなに高額なおもちゃ、たくさん並んでいるのでしょうか?

少なくともインドネシアの経済実態を考えれば、
5万円もの「おもちゃ」が与えられる子供たち・・・

いやはや恐るべし、という気がします。

     □     □     □

今回は、モールのおもちゃ売り場で見かけた、
身近な「!」をご紹介してみました。

インドネシアで暮らしていると、
特に、ジャカルタやスラバヤというような大都市を見ていると、
こうした豊かさの格差にびっくりすることが多いです。

実は、身近に接したケースとしては、
まだまだ事例があるのですが、
今まであまりブログでご紹介してきませんでした。

インドネシアの実態を見る・・・という意味でも、
参考になるところがあると思います。

今後また機会があれば、ご紹介していきたいと思います。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2018年5月22日up
 インドネシア富裕層の割合|切実な年収格差に迫る

■2016年3月8日up
 アジアは昨日と今日が違う。あの頃のアジアは今のアジアではない。

■2017年1月26日up
 アジアの激変「日本はジャカルタより物が安いよね」というインドネシア人たちの会話

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする