インドネシアのスタバでは「ワタナベ」が「パタナベ」になる

シェアしていただけると嬉しいです!

私がジャカルタに行く時、
よく利用するカフェが、スターバックス。
値段設定は、日本とほぼ同じ。
インドネシアの平均的な物価からすると高いです。
(私から見ても高いと感じますが)
でも、何か作業に集中したい時、
あるいは、人とゆっくり話がしたい時、
とても効果的に使えるので、気に入っています。
そんな中、先日のジャカルタ訪問時に受け取ったコーヒーが・・・、
なんとこの通り。

ジャカルタのスタバ【写真:「Patanabe」と書かれて出てきたアイスのショートラテ】


     □     □     □
私の苗字は「ワタナベ」ですが、
この通り、「パタナベ」となって出てきました・・・。
スタバの店員さんの聞き間違い。
あるいは、私の発音・滑舌が悪かったためか。
スタバでは、いつも名前を聞かれるのですが、
日本名を名乗ると、「えっ?」という反応が多くて、
だんだん面倒くさくなってきたというのが実感。
     □     □     □
でも、私は実はこれを意外と楽しんでいたりもします。
言語学的に見ると面白い点なのですが、
ジャワ語圏では、「W」と「P」が、
混同されるケースが多いのです。
例えば、読み書きよりも、会話を優先するような人。
そういう知人から来るSMSやメッセージを見ると、
「W」と「P」を間違えて記載してくるケースが
意外と多くあります。
なぜだろう? と思って調べたことがあるのですが、
これ、ジャワ語圏では、よく起きる現象であることがわかりました。
     □     □     □
今回の、「Watanabe」が「Patanabe」になったのも、
それゆえの現象かなと。
つまり、単なる聞き間違いとか、
私の発音の悪さとか・・・という単純な理由とは別に、
ジャワ語圏ならではの現象と見ることもできるかなと。
     □     □     □
皆さんも、
もしジャカルタのスタバを訪問する機会があれば、
あるいはジャワ島のスタバを訪問する機会があれば、
(あまり推奨はしませんが)
どうしても関心のあるという方は、
ぜひ、「ワタナベ」を名乗ってみてください。
成功するかどうかはわかりませんが、
言語認識の面白さを実感することができるのではないかなと。
     □     □     □
今までのブログにも何度か書いてきたことですが、
インドネシアの公用語は、インドネシア語。
でもインドネシアにはたくさんの民族がいて、
たくさんの言語が存在しています。
ほぼ全員が、インドネシア語+民族言語という
バイリンガル状態。
そんな言語空間を楽しめるのも、
インドネシアならではの楽しみ方かな。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年11月25日up
 インドネシア語、英語、ジャワ語、日本語、中国語、マラン語の6つの言語に囲まれて過ごす海外生活
■2016年1月12日up
 ジャワ人は、なぜ公用語のインドネシア語ではなくジャワ語を使いたがるのか


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする