海外子育て|のびのびと贅沢にプールレッスンが受けられる幸せ

シェアしていただけると嬉しいです!

私たちはいま、インドネシアで暮らしていますが、「インドネシアに移住して良かったと感じていることは何ですか?」と聞かれることがあります。今回は「子育て」について。

インドネシアで子育てをするようになってから、

・日本より不便なこと
・日本より良いと感じていること

それぞれ、いろいろありますが、良いと感じていることの一つに水泳レッスンの環境があります。

この写真は昨年、インドネシアの自宅近くのプールで撮ったもの。子供たちの毎週の水泳のレッスン光景です。プールは、まるで貸切状態です・・・。しかも、水泳のコーチと個人契約をして、子供たちのために、わざわざプールに来てもらっています。

「贅沢!!」と思います? でもインドネシアでは、こんなことも簡単にできてしまうのです。

のびのびとしたプールレッスン@Malang【写真:ある日のレッスン後継(左にいるのがコーチ)】


     □     □     □

いつも、ほぼ貸し切りのプール。
そして青い空・・・。
広々した環境の中で、伸び伸びとできる。

こんな環境は、日本ではなかなか難しいかなと。
そして、一年中が夏です。

のびのびとしたプールレッスン@Malang【写真:クロールのレッスン中】

いまや9歳の娘は、この20メートルプールを使って、
・ビート板:5往復
・平泳ぎ:5往復
・クロール:5往復
の、合計15往復をこなせるまでになりました。

最初は1往復にも満たなかったのに。この環境と、教え方のうまいコーチのおかげです。

     □     □     □

日本に住んでいた頃も、子供をプール教室に通わせてはいました。

でも、締め切った屋内という狭い環境の中で、窮屈に整列して、順番待ちをしながらこなす・・・というところが、私には不満でした。それこそ、子供の心も窮屈になりそうで。

でも私がいま暮らす場所のプールは、いつも屋外で、かつ、透き通るような青い大空。時には「貸し切り」状態になって、プールを独占しながら、思い切り伸び伸びと泳ぐことができるのです。

のびのびとしたプールレッスン@Malang【写真:アクアヌードルを使った背泳ぎの練習】

     □     □     □

急な都合や変更があっても、先生にWhatsAppで連絡すれば、時間変更、日程変更、ほぼほぼ自由自在。キャンセル料も無いので気にすることもない・・・。

とにかくこの「開放感」が、何とも言えません。

契約している先生のおかげで、子供たちの水泳能力は、みるみると伸びています。

のびのびとしたプールレッスン@Malang【写真:クロールをこなす9歳の娘】

水泳の選手にするつもりは全くありませんが、
とにかく自然を前にして伸び伸びと成長してほしい。

     □     □     □

心が窮屈になるような経験を取り除くことで、とにかく広く広く、無限大の広さの視野で構えて欲しい。それは、ここでのプールの経験から身につけさせたいことの一つだし、ここでこそ享受できる貴重な経験なのではないかな・・・と私は思うのです。

のびのびとしたプールレッスン@Malang【写真:クロールをこなす8歳の息子】

先日、移住に関する新刊本3冊を取り上げたブログ記事を書いたところ、
意外と反応があって驚きました。

漠然とでも「移住」に関心を持つ方が増えているんでしょうかね・・・。

そこで今回は、「移住して良かったと感じていること」の1つとしてブログにまとめてみた次第です。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年6月9日up
 【インドネシア移住】いつでも気軽に子供と屋外プールに入れるようになったことの幸せ

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする