早朝のスラバヤ散歩。なぜ屋台のおばちゃんの「ジャワ語」に癒やされるのか?

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、スラバヤを滞在していた時のこと。
朝5時頃に起床し、ホテルの朝ごはんの時間まで、
まだ余裕があったので、近くを散歩してみることにしました。
近くには川があるのですが、
この川沿いを散歩したことがなかったので、
試しに行ってみることに。
地元の人たちがゆったりと歩いていて、
近くの小屋を見れば、屋根にはたくさんのニワトリが。
穏やかに流れる川・・・。
都心にあって、ちょっときたない感じは残念ですが、
それでも、朝のウォーキングは爽やかです。

早朝のスラバヤ散歩【写真:早朝のスラバヤ。中心部にある川沿いのウォーキングコースを散歩】


     □     □     □
そのまま歩いて川を超え、
車の通っていない車道を歩いて、ホテルへ戻っていきました。
歩いているうちに、だんだんお腹が空いてきました。
ホテルの朝ごはんもあるのですが、
この日のホテルの朝食はパン食のみ。
インドネシアは屋台の朝ごはんがとてもおいしいので、
近くの屋台をのぞいてみることに。
     □     □     □
どこも、まだ開いていなくて、
でも、鍋に火を入れながら、
調理の準備をしている屋台のおばちゃんがいました。
あまりの空腹だったので、
おばちゃんに近づいて、
「朝ごはん、もうやってますか?」とインドネシア語で。
すると、このおばちゃん。
ジャワだけで使われるジャワ語で、
「ごめんなさい、まだ用意ができていないんですよ・・・」と。
美しい「尊敬語」のジャワ語でした。

早朝のスラバヤ散歩【写真:朝5時台、私が歩いたエリアはまだ人も少なく・・・】

     □     □     □
よく日本の人から、
「インドネシアでは何語が使われているのですか?」と
聞かれることがあります。
正解は「インドネシア語」。
でもこれは「正解」というよりは「半分正解」というところ。
「不充分な正解」です。
インドネシアでは「公用語」としてのインドネシア語がある一方で、
地元の言語、民族の言語が根強く残っていて、
「バリ島」では「バリ語」があり、
「ジャワ島」では「ジャワ語」や「スンダ語」がある・・・という感じ。
日本の「方言」とは異なり、
あきらかに別の「言語」とでも言うべきもの。
     □     □     □
長くなるので、説明は省きますが、
インドネシア語は、インドネシア国内のそれぞれの民族が
簡単に覚えられるようにと、あえて簡略化されている言語。
「世界で最も簡単な言語」なんて言う人もいるくらいです。
それに対して、各民族の言語は、
それぞれの文化を反映して、
生活に密接な単語は多様で、
また、複雑な感情の表現も、様々に・・・。
まさに、「生きた」言語なんですよね。

早朝のスラバヤ散歩【写真:屋台の準備もまだまだという朝の光景】

     □     □     □
私は、「出張」であれ、「駐在」であれ、
インドネシアに中長期的に訪れる方には、
「ぜひ、インドネシア語の勉強を!」とオススメしています。
なぜならば、それによって、
現地の人たちと「生きた言語」によって会話ができるようになるから。
英語では限界があるんです。
そして、さらに私がオススメしているのは、
「インドネシア語に加えて、その現地の言語もやってみて!」ということ。
もっと「生きた言語」で接することができるからです。
     □     □     □
私は、ジャワ語はほとんどできませんが、
それでも、少しだけかじったおかげで、
こうして、おばちゃんとの会話で、ほんわかとした気持ちになれる・・。
これは、現地で生活しているがゆえに味わえる、
なんとも言えない心情なんですよね。
英語を駆使するだけでは、絶対に無理な世界です。
というわけで、
インドネシアを攻略するなら、ぜひインドネシア語を。
もっと言えば、それぞれの地方語を。
学習手段も限られていて、なかなか難しいところではありますが、
本当にオススメです。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年1月12日up
 ジャワ人は、なぜ公用語のインドネシア語ではなくジャワ語を使いたがるのか
■2015年11月25日up
 インドネシア語、英語、ジャワ語、日本語、中国語、マラン語の6つの言語に囲まれて過ごす海外生活
■2013年10月27日up
 南米に、ジャワ語を流暢にしゃべる人たちの国が?


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク