京都・祇園祭に行ってきた(メインイベント前日の「宵山」編)

シェアしていただけると嬉しいです!

7月の3連休で、京都に行ってきました。「祇園祭」です。
今年は連休が少ないですね・・・。
久しぶりの3連休、いかがお過ごしだったでしょうか?

私は久しぶりに家の整理をしようと思っていたのですが、
(いつも土日は、ほとんど家にいないので)
緊急の召集がかかってしまったのです(笑)。
 
京都といえば、祇園祭!!
【写真:京都といえば、祇園祭!! 駒形提灯と豪華絢爛な鉾】
 
世界的に知られる、ありえない技を連発する影の旅行エージェント(個人)で、
ビル・フィッシャーという方がいます。

私が、「京都のプチ、ビル・フィッシャー」と崇める方がいまして、
その方から連絡があったのです。
「京都の祇園祭があるので来て下さい」と。


祇園祭と言ったら、全国から大量に人が来るので、
いきなり来いと言われても、宿も食事場所も取れないはず・・・
と伝えると、
「もう宿泊場所は確保しましたので」
「食べる場所も、満席の中を、ぜんぶこじあけて確保しました」
と。 唖然・・・。

さらに、「昼は勝新太郎さんの家で食べてください」。
わけわからん・・・(で、実際、すごくおいしかったのですが:笑)。
 
たくさんの駒形提灯
【写真:たくさんの駒形提灯が美しい・・・】
 
京都といえば、祇園祭。
祇園祭が土日に実施されるのはあまりないらしく、
土日に見られるのは十年に一度くらいしかないそうです。
そうとあっては、行くしかないでしょう。

祇園祭のクライマックスは、山鉾巡行。
その前日に行われるのが「宵山(ヨイヤマ)」です。

スタートは夜の6時。
浴衣姿で繰り出します。
来場者数は、想定40万人とのこと・・・。
 
浴衣
【写真:浴衣姿で闊歩する京都は、かなり楽しい・・・】
#すみません、ちょっとお酒が入っています。

 夕食時間前ですが、勝新太郎さんのところでお酒を飲んでしまいました。
 しかもかなり歩き疲れています・・・。歩き疲れても歩き続けたくなるのが京都のすごさ。
 
街には明日のイベントの主役である、たくさんの鉾が
豪華絢爛な装飾とともに展示されます。

民家の入口には、秘蔵の屏風や掛け軸などが
これみよがしに展示され、
(元々は、町衆の教養や財力を示すため)
街にはたくさんの駒形提灯が付き、
祇園囃子が奏でられ・・・。
(元々は、疫病をもたらす怨霊を鎮める目的だとか)

まさに「お祭り!!」という雰囲気ムンムンです。
 
室町通り
【写真:室町通と駒形提灯】
 
人、人、人・・・。
とにかく、すごい数の人の群れです。

テロが起きたらどうなってしまうのだろうかと、
恐怖に駆られるほどの人数でした。

一方通行の細い路地。
道路が、まさに満員電車状態という感じです。
そんな状況なのに、道路の両側には、
どこまでも夜の露店が連なります。

生ビール、フランクフルト、あんずあめ、
さらには、はも! 鮎の塩焼き!

う?ん、京都ですな・・・。
あまりの混みようで、
室町通を数区画歩いただけで、断念してしまいました。
 
そして、大通りに出てみても・・・
先斗町近辺の夜
 
先斗町近辺の夜
【写真:たくさんの人が見渡せる、先斗町の絶妙な傾斜が見事】
 
この人の数!!
上記写真は、四条通り、先斗町近辺の、
なんと、午後7時半くらいの光景です。
「夕食時間帯なので、皆さん、どこかのレストランに入ってくださいよ」と
言いたくなってしまう程の混雑ぶりです。
 
その後、某店にて夕食。
カウンターには、浴衣姿のお客さんたちが
たくさんいらっしゃいました。
風情があります・・・。

さて、食事後に、ふらっと立ち寄ったのが、八坂神社。
京都に来ると、なぜか来ちゃうんですよね・・・。
(ちなみに祇園祭は、八坂神社のお祭りなのです)
 
祇園祭の八坂神社
 
祇園祭の八坂神社
 
ところで、八坂神社の石灯篭のひとつに
ユダヤの紋章が刻まれており、
八坂神社の「八坂=ヤサカ」は、「ヤハウェ」が語源だという俗説が
あるのですが、私は信じません(笑)。
そして祇園の語源は「シオン」だとか・・・。

そんなわけで、明日は
祇園祭のクライマックス、
山鉾巡行へと移ります・・・。
 
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2012年7月30日up
 京都・祇園祭に行ってきた(祭りのクライマックス:山鉾巡行編)


 
 
 2006年7月29日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク