豪華客船ぱしふぃっくびいなす|釧路・函館クルーズ7日間の乗船記

シェアしていただけると嬉しいです!

豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」。8月22日(火)に、横浜港を下船し、1週間に及ぶ船上生活が終了しました。

参加したのは「釧路・函館クルーズ」というもの。横浜から乗船し、釧路と函館に立ち寄ってから、また横浜に戻る・・・というクルーズでした。もう最高でしたよ!

横浜港 豪華客船ぱしふぃっくびいなす
【写真:横浜港にて出航待ちのぱしふぃっくびいなす(定員数900名!!)】

出発する日の朝、以下のような、「これから行ってきます!!」というブログをアップしたのですが・・・

豪華客船クルーズの楽しみ|今日から1週間、船の上で暮らします。
皆さん、夏休みは、どのように過ごされますか? 1年のうち、3泊以上の連泊ができる機会は3回しかありません。   ・年末年始   ・...

クルーズを終えて確認してみると、結構、反応がありまして、意外と皆さん、クルーズに御関心があるのだなと驚きました。

最近お会いする方々や、社員からも、クルーズはどうだったのかと、よく聞かれます。

詳細な旅行記のブログアップの要望もいただくのですが、おいおい、時間を見つけて、ゆっくりつくっていきますので(たぶん)、まずは、概要を小出しに・・・(笑)。

豪華客船ぱしふぃっくびいなす 部屋のベランダ 横浜赤レンガ倉庫
【写真:部屋のベランダで出航待ち。ここから見る光景が大好きなのです。右は横浜赤レンガ倉庫】




初めて乗ったのは、1泊2日の「東京湾クルーズ」

この豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」に最初に乗ったのが2年前。
このようなブログをアップしています。

豪華客船ぱしふぃっくびいなす1日乗船記|生きる楽しみと可処分時間
「豪華客船による旅」と聞いて、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょうか。 先日、たった一泊だけですが、体験することができました! 日...

(このコラムは、「ぱしふぃっく・びいなす」が発行する雑誌、「ふれんどしっぷ」2005年6月号にも掲載されました)

「ぱしふぃっく びいなす」公式サイト
【画像:「ぱしふぃっく びいなす」公式ホームページ】

この時は、1泊2日の東京湾クルーズでした。
横浜の花火大会を船上から鑑賞できる、素晴らしい体験でした。

上記ブログで、「いつか1週間クルーズを試してみたい」と書いたのですが、
それが2年たってようやく今回実現したのでした。

ぱしふぃっくびいなすの操舵室の最前中央席
【写真:ぱしふぃっくびいなすの操舵室の最前中央席】

「船に1週間もいると、相当な暇なのでは?」と聞かれるけれど

最近クルーズに関してよく質問を受けたのが、「船に1週間もいて、暇じゃないですか?」という点。

結論からすると、「船上は、とにかく忙しい」です。

「心が無くなる」忙しさではなく、朝から晩までイベントだらけ。

朝6時からモーニングウォーク。アーリーモーニングティーがあったり、1日4食(夜食タイムがあるのです)あって、プールやジャグジー、ジム、大浴場などもあって。

夕食には生演奏もあり、いろいろな教室が開催されたり、コンサートがあったり、寄席があったり、複数のバーでのくつろぎタイムがあったり、焼酎フェアがあったり・・・。

「何でも見てやろう」精神の私には、いかにして休息時間を確保するかに気を使わないと体が持たない程でした・・・。

スタッフの方々や、乗船されたリピーター客の方々にうかがったところでは、1週間クルーズともなると、やはり、1泊2泊とは異なる楽しみがたくさんあるようで、1ヶ月、2ヶ月クルーズになると、さらに盛りだくさんになるようでした。

豪華客船ぱしふぃっくびいなす ジャグジー
【写真:左右に流れ行く海の姿を見ながらジャグジーで暖まる。何とも言えない心地良さ】

今回の「釧路・函館クルーズ」のルートは・・・

当初のルートは、南紀を通って、奄美大島、屋久島とまわってくる予定だったのですが、台風の影響で、函館、釧路クルーズへと航路変更になりました。

全然方角が異なるのですが、自然の脅威にびっくり。

なんと紀伊半島あたりにある台風が、東北地方や北海道の海にまで影響しているらしいのです。船は意外なまでに揺れていました。
(だんだんと、揺れが心地よくなってくるのですが・・・)

豪華客船ぱしふぃっくびいなす プール
【写真:非常に冷たい海水プール。塩水なので勝手に浮いてしまいます・・・】

天候に恵まれず、釧路では摩周湖、屈斜路湖に寄ったものの、あまり自然を満喫できなかったのですが・・・、

自分だけの新鮮なオリジナル海鮮丼がつくれる「和商市場」という海鮮市場は、なかなか楽しく、おいしくて・・・、

釧路の和商市場|自分だけの新鮮なオリジナル海鮮丼が作れる幸せ!!
今回ご紹介するのは、北海道の釧路にある「和商市場」。ここでは、さまざまな魚屋さんをまわりながら、自分だけのオリジナル海鮮丼をつくって食べるこ...

函館の市場や、五稜郭、港町の夜景なども、実に見事でした。

下田や横浜もそうですが、開国に関わる「港町」の歴史は、実に深いですね。

また、釧路も函館も、それぞれ、バスガイドさんの話術にびっくり。

豪華客船ぱしふぃっくびいなす 後部デッキから見える日の出
【写真:後部デッキから見える日の出。朝の5:30くらいです。もうすぐ横浜・・・】

そんなわけで、実に1週間も、船の上で暮らしてきたわけですが、天候を除けば、とても楽しい旅になりました。

クルーズツアーは、もうホントにオススメですよ!!

お客様は、高齢の方々ばかり。みんなものすごい健康ぶり、アクティブぶりで、本当に驚かされます。しかも、仲良し夫婦ばかりなのです。人生、こうでないといけませんね。

なんで若い人たちがいないのかが不思議。
なかなか楽しい、貴重な旅なのですけどね・・・。

そういうわけで、クルーズは、相変わらず、私にとっては、イチオシです。ぜひ、おすすめ。

ちなみに2年前に書いた、前述のブログによると、いつかは世界一周クルーズを目指すことになっているのですが、さて、いつのことになるやら・・・。
(それほど遠くないだろうという、無根拠な確信はあるのですが)

そんなわけで、夏休み、終了です!!

■参考:このテーマに関連するブログ記事です。こちらも、どうぞ。

豪華客船ぱしふぃっくびいなす1日乗船記|生きる楽しみと可処分時間
「豪華客船による旅」と聞いて、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょうか。 先日、たった一泊だけですが、体験することができました! 日...
釧路の和商市場|自分だけの新鮮なオリジナル海鮮丼が作れる幸せ!!
今回ご紹介するのは、北海道の釧路にある「和商市場」。ここでは、さまざまな魚屋さんをまわりながら、自分だけのオリジナル海鮮丼をつくって食べるこ...

■追伸:
mixiに「ぱしふぃっくびいなす」のコミュニティをつくってみました。

【ぱしふぃっくびいなす】のmixiコミュニティ。日本クルーズ客船が運営する豪華客船、「ぱしふぃっくびいなす」についてのコミュニティです。 #コミュニティが無いのでつくってみました。 ---------------------------...



2006年8月25日            渡邉 裕晃

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする