狛犬と龍からパワーをいただく 【その3:歴史ある獅子狛犬たち】

シェアしていただけると嬉しいです!

連載ブログ?「狛犬と龍からパワーをいただく 」も3回目。
龍からパワーをいただいたことを題材に展開してきました。

今回は「龍」ではなく、「狛犬」。

龍とのめぐり合わせの多さに不思議さを覚えつつ、
どうしてなのだろう?と思いをはせる中、
同様にして、不思議なパワーをいただいたのが、
この「狛犬」なのです。

ご紹介するのは2つ。

細川護煕さんが作られた、重々しくも愛らしい狛犬

まずは、こちら。
細川護煕さん(元首相)が作られた、重々しくも愛らしい狛犬(獅子)です。
 
細川護煕さん(元首相)が作られた、重々しくも愛らしい狛犬(獅子)
【写真:細川護煕さん(元首相)が作られた、重々しくも愛らしい狛犬(獅子)】


最初に見た時は、何とも思わなかったのですが、
2度目に見た時に、
えもいわれぬ愛着がわいてしまいました(笑)。

勢いを出そうとする姿勢がありつつ、
どこか繊細でおとなしさが垣間見える、
それでいながら、奥に潜むパワーが感じられる、
そんな印象の狛犬です。

そこで思ったのですが、
実はこれは、
細川さんの創られる陶器に全て共通して
感じられる点なのです。
(あくまでも私の印象ですが)

たしかに細川さんのお師匠さんである、
辻村史朗さんの器の方が、
勢いやパワーでは、数段上回っています。
(息子さんの辻村塊さんの作品にも似たものを感じます)

それに比して、細川さんの器は、
パワーを出そうとして出し切れない、
でも良い意味で、繊細ながらも奥深いマグマを感じる、
そんな、独特の魅力をもつ器が多いのです。

「狛犬」ネタから脱線してしまいました・・・(笑)

室町時代のものとは思えない、かわいらしい狛犬

さて、もう一つのめぐり合いは、こちら。
 
室町時代のものとは思えない、かわいらしい狛犬
【写真:室町時代のものとは思えない、かわいらしい狛犬】
 
ある旅館の部屋に飾られていたものです。
とても小さなもので、何気なく置いてあるだけなのですが、
なぜかとてもひきつけられる2匹。
聞いてみたところ、なんと室町時代のものだそうです。

とてもパワーを感じる狛犬たちでした。

ちなみに、狛犬は2つが対になっている場合が多いですが、
・右側の像:「阿形(あぎょう)」=角はなく口は開いている。「獅子」
・左側の像:「吽形(うんぎょう)」=1本の角があり口を閉じている。「狛犬」
となっているそうです。

そして、この一対で「獅子狛犬」と称するのが正しいようです。
なかなか難しいですね(笑)。

いずれにしても、
どこかで何らかのお返しをせねば・・・。
素晴らしい御縁に感謝です。
 
【つづく】
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2006年11月23日up
 狛犬と龍からパワーをいただく 【最終回:私の曽祖父】

 
 
 
 2006年11月11日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク