ジャカルタの空港第3ターミナル、国内線の荷物受取場所の先進システムにびっくり!

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、ジャカルタに行った時、思わず目を疑う光景に出会いました。
もしかしたら、先進国では普通に普及しているのかもしれませんが・・・。

私の無知ゆえかもしれませんが、少なくともこんなシステム、インドネシアでは初めてみましたよ。

空港で、飛行機に預けた荷物を引き取るターンテーブル、ありますよね。英語で「Baggage claim」と呼ばれますが、日本語では何というのでしょうか?

そのシステムが、あまりに先進的でびっくりしたのです。
それがこれ。

よく見えないですかね・・・。

空港に到着して、荷物受け取りをする時、大抵の場合はなかなか荷物が出てこなくてイライラするもの。最近では、もう慣れっ子になりましたが、以前は「まだかな、まだかな・・・」なんて。

でも、先日ジャカルタの最新ターミナルである第3ターミナルで、「あれ、なにこれ?」とびっくりしたのが、こちら。
もうちょっと近くから。

わかりますか?
なんと、「あと何分何秒で荷物が出始めますよ・・・」って、表示されているんですよ。

飛行機が到着して、そこから荷物を取りだしてターミナルに運んできて。そこから長い長いベルトに乗って(ターミナルが大きいので)運ばれてくるわけです。

その時間を予測して、「あと何分何秒で荷物が出始めます」と。しかも、一番最後の荷物が出て来るのは何分何秒後です」とまで。いやはや、これ、驚きました。しかも荷物が向かってくるベルトの様子まで同時中継されていて。

この映像で、下から上に向かってどんどん荷物が運ばれていくんですよ。画面に写った自分の荷物が、実際にベルトコンベアーで運ばれてきた時にはゾクゾクしましたから(笑)

繰り返し言いますが、このシステム。先進国では当たり前で、私が知らないだけなのかも。でも、インドネシアで見るのは初めてで、かつ、インドネシアのような成長途上国においてこんなシステムが導入されているとは驚き。

もちろん、第3ターミナルのすべての「Baggage claim」がこうなっているわけではありません。先日確認したところでも、国内線ではこのシステムが導入されていましたが、国際線ターミナルでは、まだ導入されていませんでした。

ものすごく気になったので、先日日本に一時帰国した際、羽田空港の国際線ターミナルでチェックしてみましたが、やはり導入されていませんでした。これ、有名なんでしょうか?

かつてこんなブログを書いたことがありますが、インドネシアに住んでいると、あらゆることがどんどん進化していて驚きます。もう毎日のように変化していくんですよ、驚くべしインドネシア。

(参考:samsul.comブログから)

■2016年3月8日up
アジアは昨日と今日が違う。あの頃のアジアは今のアジアではない。

そんな中で、このシステムを見た時、ついにこんなところまで来たのか!って、大げさだと思われるでしょうが、初めてインドネシアに来たのが41年前という私にとっては衝撃的ですらありました。

でもね。最後のオチではないですが・・・。「何分何秒後に出てきます」と表示されて、期待しながら見ていたのですが、やっぱりというべきか、時間通りに出てきませんでした(笑) でも、きっと何かの不調が原因なんじゃないかと信じることにしましょう・・・。

ただ、インドネシアに住んでいると、成長と変化のスピードには本当に驚かされます。皆さん、ぜひ見にきて下さい! 同じ場所を定点観測していると、よーくわかると思いますよ。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2017年1月21日up
 ジャカルタの空港「第3ターミナル」のタクシー乗り場はチケット制で便利!

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク