バリ島の空港を使わずに、バリ島に行く方法

シェアしていただけると嬉しいです!

バリ島のアグン山の噴火に伴って、11月27日、バリのングラライ空港が閉鎖されました。「24時間の閉鎖」だったのですが、今朝11月28日の発表により、さらに24時間延長されることに。

初日だけでも59,000人の足に影響したとのことで、ホテルの延泊を余儀なくされたり、代替手段を利用したり・・・と、現地の皆さん、苦労されていることと推察します。

そんな中、「バリの空港を使わなくても、バリに行く方法があるよ」との現地ニュース記事があったのでご紹介します。

バスや鉄道を使ったルートが解説されていますが、私はあまり推奨しません・・・。
いくつか紹介しますが、いかにインドネシアが飛行機に依存しているかということ。地図を見るだけでも、本当に大変なんだなぁということがわかると思います。

ちなみに別の記事によれば、昨日は一部の空港利用者がバスによる振替輸送サービスを利用。200人がスラバヤへ。54人がジャカルタへ向かったそうです。

では、ご紹介します。

(1)ジャワ東端のバニュワンギまでバス+フェリー+バス
(2)ジャワ東端のバニュワンギまで鉄道+フェリー+バス
(3)東ジャワ各地の空港まで飛行機+フェリー+バス

という順番です。

スポンサーリンク

(1)ジャワ東端のバニュワンギまでバス+フェリー+バス

東ジャワの最東端バニュワンギまでバスで。その後フェリーで渡ってバリを目指すルート。地図で示すと、この通り。

■バニュワンギのバスターミナルから、バリ島のバスターミナルまで

「Google Map」では「128km」と記載されていて、日本の感覚だと「遠くないね」と感じるかもしれませんが、高速道路がない上、路面の状況が必ずしも良いわけではなく、渋滞もあり・・・。

また、フェリーも、地図で見ると短距離に見えますが・・・、

港が小さいため入港するまでの待ち時間が非常に長く、それだけ余計に時間がかかります。私はまだ未体験ですが、経験済みの知人からの話では、「けっこう待つんだよ」とのことです。

ちなみに記事によれば、ジャカルタからだと合計で24時間から30時間!!かかると。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2017年4月21日up
 インドネシアの「長距離高速バス」の乗り方は?(東ジャワ・アルジョサリの場合)

(2)ジャワ東端のバニュワンギまで鉄道+フェリー+バス

続いては、東ジャワの最東端バニュワンギまで鉄道で行くルート。その後は(1)でご紹介したように、バスとフェリーでバリへ入るという方法です。

例えばジャカルタから鉄道に乗ると、この通り。遠いっ!

■ジャカルタからバニュワンギまでの鉄道ルート

調べてみたところ、ジャカルタから鉄道でバニュワンギまで行く場合、20時間くらいかかるようです。私が経験したのは、ジャカルタからマランまでですが、これでも約15時間です。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年2月23日up
 【鉄道の旅】東ジャワのマランからジャカルタまでをGajayana号で移動!

(3)東ジャワ各地の空港まで飛行機+フェリー+バス

東ジャワ各地にある空港まで飛行機で行くパターン。3つあります。

(1)スラバヤのジュアンダ空港(Juanda)を使うケース
空港から最寄りの駅に行って鉄道に乗って、もしくは、最寄りの高速バスターミナルに行ってバスに乗って、そこから東ジャワの最東端バニュワンギへ。その後はバスとフェリーでバリへ

■スラバヤのGubeng駅から(いくつかルートあり)

(2)マランのアブドゥル・ラフマン・サレ空港(Abdul Rahman Saleh)を使うケース
空港から最寄りの駅に行って鉄道に乗って、もしくは、最寄りの高速バスターミナルに行ってバスに乗って、そこからジャワの最東端バニュワンギへ。その後はバスとフェリーでバリへ

■マランの空港から

(3)バニュワンギのブリンビンサリ空港(Blimbingsari)を使うケース
空港からバスとフェリーでバリへ

■バニュワンギの空港から港まで

・・・というわけで、簡単にご紹介してきました。
おそらく途中で「もういいや!」と感じられたと思いますが、ホント大変なんですよね。

インドネシアは島が多く、それだけに飛行機に依存する度合いが非常に高い場所。それだけに、空港の閉鎖は本当に大きな問題なんですよね。

こうしてみると、あらためて「インドネシアとは、どんな場所なのか」が透けて見える結果になったのではないかと思います。早くバリに無事で平和な状況が戻ってきて、空港が無事に再開されることを祈るばかりです。

なお、上記のように代替手段をご紹介しましたが、私はあまり推奨しません。治安上の心配があることに加えて、バスも鉄道も、英語がほぼ使えない環境だと思って下さい。インドネシア語に慣れていて、インドネシアに慣れていて、かつ、一人旅に慣れているという人だけに限った方が良いです。

ちなみに、この記事に載っていない方法としては、

(1)「トラベル」という乗り合い自動車を手配する
(2)完全チャーターの車を手配する

という方法もありますが、やはり飛行機の移動が断然ベストですね・・・。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク