「東京マラソン2009」にかける思い(娘と妻に向けた応募原稿)

シェアしていただけると嬉しいです!

「走るあなたが主役です!皆様の東京マラソンに掛ける思いを教えてください」
これは、「東京マラソン2009」にあたって、
事務局が参加者たちに、呼びかけていたものです。
詳細はこんな感じです。3/22開催に対し、1/15が応募締切となっていました。

■走るあなたが主役です!皆様の東京マラソンに掛ける思いを教えてください。
例えば・・・
<例1>4年つきあっている彼女の前で完走して、プロポーズする。
<例2>重病が完治して、健康の有難みを感じ走り始めた。初マラソンに挑戦します。
<例3>ダイエット目的で走り始めたら、8kg痩せた。今度はタイムを縮めたい。
★全角2000文字以内


 
 
     □     □     □
 
文章を書くのが全く苦にならない私としては、
当選させていただいたことの感謝と記念の意味を込めて
応募していました。
また、これに応募することには、
「書いた以上は完走しなければいけなくなるはず!」という
自分を追い込む意味もあったのです。
 
 
     □     □     □
 
1/15が締切だったのですが、
書くことのアイディアがなかなか思い浮かばず、
長い間、放置していました。
忘れかけていた、1/15の当日、急にこのことを思い出し
「時間がない!」と思って、
あわてて20分くらいで書きあげて応募しました。
 
 
     □     □     □
 
今回の自分の完走を自分で祝して(笑)
記念のために、ブログにアップしておきます!
 

(参考:過去ブログ記事)
 
■2008年03月19日
「東京マラソン2009」、完走!

 
 
■東京マラソンにかける思い
 
 
初めて参加する「東京マラソン」。
私には、まだフルマラソンを完走した経験がありません。
でも今回、私は家族のために挑戦します。
1歳になる娘と、生まれたばかりのゼロ歳の息子、そして365日のうちに2人
もの命を生み出してくれた妻のために完走したいのです。
 
 
     □     □     □
 
私が初めてマラソン大会に参加したのは2年前の5キロマラソン。
当時、マラソン初心者だった私にとって、たったの5キロのマラソンですら、完
走するのは実に大変なことでした。
今の私にとっては、たったの5キロ。
でも、当時の私にとっては、なんと5キロ、だったのです。
走りながらも、何度もリタイヤしそうになりました。
でもそんな私を完走に導いてくれたのは、それから3か月後に生まれてくる予定
の娘の存在でした。マラソン中に苦しい思いをしても、これから生まれてくる娘
を思えば、なぜか力がわいてきて、走り切ることができたのです。
生まれてくる前なのに、娘は、もう私を応援してくれている! 感動でした。
 
 
     □     □     □
 
その後、10キロマラソンを完走し、2つのハーフマラソンも完走しました。
苦しい私を支えたのは、いつも妻のお腹にいる娘の力でした。
そして2つ目のハーフマラソンが終わった5日後、初めての娘が誕生しました。
私のマラソン人生を支えてくれた存在が、ようやく誕生したのです。
それからも、私はいくつかのマラソン大会にチャレンジしてきました。
でも、フルマラソンだけはどうしても完走できませんでした。
今回、東京マラソンに当選し、「今度こそ、完走したい!」と思っています。
私にとって、越え難い、大変大きな壁を、突き破りたいと思います。
そう、今度は2人目の子供の力も借りて。
 
 
     □     □     □
 
当初は2月に生まれるはずだった息子。「2月生まれでは、東京マラソンまで、
あまり日が無い。練習ができず、完走は難しいなぁ」と半ばあきらめていました。
ところが突然、予定日の1ヶ月も前に、無事に生まれてきたのです。
私はこれを、「フルマラソンを完走して!」という息子からの声援メッセージだ
と感じています。「1ヶ月早く生まれたから、僕も早く成長するよ。だからパパ
もマラソン練習、頑張って!」と。
娘が私のマラソン人生を支え、そして今回、2人目の子供が私を支えようとして
います。
 
 
     □     □     □
 
今度こそは、フルマラソン!
正直言って、2人も子供を抱えていると、練習時間の確保は容易ではありません。
たくさんの練習をしなければ完走は無理。そうわかってはいても、1日には24時
間しかない。この事実に、改めて、動揺しています。
でも、完走したい。いや、完走しなければいけないのだとすら思っています。
1歳になる娘と、生まれたばかりのゼロ歳の息子、そして365日のうちに2人
もの命を生み出してくれた妻のために、私は走ります。

 
結局、採用はされなかったんですけどね(笑)
こういうのは、狙って書いたりしてはいけないものなのでしょう・・・。
(余談ですが、先日あるラジオ番組で、
 私の尊敬する二大放送作家、秋元康さんと小山薫堂さんの対談があり、
 ずばり同じことをおっしゃっていました。本当に同感)
でも、こうした宣言が、完走への助力になったことは事実です。
 
 
 
 
 2009年3月23日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする