「第2のバリ島」ロンボク島へ|飛行機でスラバヤから1時間足らず!

シェアしていただけると嬉しいです!

「インドネシアと言えばバリ島」というくらい、世界のリゾート「バリ島」は有名ですが、インドネシアに「第2のバリ島」とされる島があることはご存知ですか?

それが、バリ島のすぐ東側にあるロンボク島(Lombok)です。今回、飛行機に乗って行ってきましたよ。国際空港も整備されて、海外でも有名な存在ですが・・・、インドネシア在住5年目を迎える私。今まで一度も行ったことがなかったんです・・・。

子どもたちの学校の長期休みを利用して、ロンボク島まで行ってきました。今まで、なぜ行かなかったんだろう・・・と悔やまれるような環境でした。




バリ島のすぐ隣。スラバヤからわずか1時間!

私たちが住んでいるのは、東ジャワ。インドネシア第2の都市スラバヤから飛行機に乗って、わずか1時間でロンボク島に到着。

スラバヤからロンボクの間は、国営のガルーダ・インドネシア航空、その子会社で格安航空会社(LCC)を運営するシティリンク航空、そして、LCCで有名なライオン・エア(Lion Air)が、運航されています。

スラバヤからバリ島まで行くのも、飛行時間は50分くらいなので、ほぼ同じくらいの移動時間。今まで海に遊びに行くとなると、ほぼバリ島だったので、「同じ移動時間で、ロンボク島まで行けるのか!」と、ちょっと不思議な気分でした。

のどかな自然が残るロンボク島

あっという間にロンボク島に到着。今回はライオン・エアを利用しました。

空港から降りるとこんな感じ。もう南国そのもの! バリ島も同じような陽気ですが、ロンボクの空港に初めて上陸した時の感想は、「バリと違って、のどかだなぁ・・・」ということ。

バリのすぐ近くのはずなのに、とてもこじんまりしていて、素朴な田舎な感じがして・・・。「これはアタリかもしれない!」と、ワクワクしながらタラップをおりて空港へ。空港もこじんまりしていて、なんだか人情があって良い空間ですよ。

こんな小さなセスナがあったりもして。

バリ島と似た自然環境がありながら、バリのゴミゴミした感じがなくて、昔ながらの素朴な原風景が残るエリア、これは貴重です!

空港についた時からワクワクさせられる!

空港ビルに入ると、随所に撮影スポットが設けられていて。バリの空港にも同じような場所がありますが、こちらの方が立派。

また、バリは伝統や文化をうたうスペースが多いですが、こちらはもう海海海・・・!! 海好きの私には、ワクワクさせられる空間。ホテルに向かう前から、もう楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。

今回はスラバヤからロンボク島へ飛びましたが、移動時間はスラバヤからバリ島へ飛ぶのとほぼ同じ。労力もほぼ同じ。飛行機チケット代金は、同じか、より安いくらい。これなら今度からは、海に行くならバリではなくてロンボク島に行こうと思いましたよ。

日本からロンボク島へは直行便が無くて、トランジットが必要ですが、のどかな海が好きな方ならぜひ選択の価値ありです。ロンボク島での楽しみについては、また後日ブログにアップしたいと思います!

島に着いてからの、こんな風景。のどかな感じがわかりますか?

■参考:このテーマに関連するブログ記事です。

ロンボク|本島から「ギリ・グデ」島までのボートの移動は気分最高!
インドネシアの「第2のバリ」と呼ばれるリゾート地、それがロンボク島です。今回、初めてロンボク島に行くことになり、私が向かったのは「ギリ・グデ...
ロンボク|ギリグデ島からギリラヤール島までのボート移動は気分最高!
インドネシアの「第2のバリ」と呼ばれるリゾート地、それがロンボク島。今月、生まれて初めてロンボク島に行くことになり、私が向かったのは「ギリ・...
インドネシア観光|いま政府が注力する観光エリア10ヶ所はここだ!
「インドネシアの観光場所」というと、日本で最も知られているのは「バリ島」ですよね。逆に「バリ以外に、どこがあるの?」と言う人もいるかもしれま...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする