「東京マラソン」の完走を通じて知らされた「成長の意味」

シェアしていただけると嬉しいです!

3月22日(日)に行われた「東京マラソン2009」。
1週間以上が経過した今でも、感激は冷めやらない状態です。
(いつまでも同じネタ、ひきずっていて、すみません・・・)
それほどまでに、
私にとっては、壁をぶちやぶるインパクトが絶大でした。


 
 
     □     □     □
 
 
決して良いタイムだったわけではありません。
でも、数年前であれば、
たった5分のトレッドミル
(スポーツクラブに設置されているランニングマシーン)
ですら厳しかったという私が、
42.195キロを走破できる私へと変身した事実。
これは自分にとっては、とても重たい事実なのです
 
 
     □     □     □
 
 
いつもマラソン大会が終わると、しばらく走らずにいました。
1週間以上も休んでしまうことすらありました。
ところが今回は、翌日の1日を休んだだけで、
2日目からは、普通に走っています。
なぜか筋肉痛がほとんど無いのです。
ひざの痛みも、ほとんど無いのです。
なぜか、とても走りたいのです。
そして、以前は大変だと思っていたことが、
なぜか、何とも思わないレベルになってしまったのです。
東京マラソンが終わってから気づいたこと。
この変化、純粋に「不思議だなぁ」と思いました。
 
 
     □     □     □
 
 
ひょっとすると、
これを「成長」というのかもしれません。
以前の自分よりも今日の自分。
今日の自分よりも明日の自分。
つまり、
昔の自分にできなかったことを、今はさらっとやりのけてしまうという自分。
この変化は、自分の中で、とても貴重な体験でした。
東京マラソンが教えてくれた、小さくても大きな、そして大事なこと。
 
 
     □     □     □
 
 
ジョギングの習慣をつけて良かったことのひとつは、
「人は誰でも成長できる」ということに改めて気づいたこと。
そしてそれは、自分の行動いかんに係っているということ。
「行動は、成長という変化をもたらす」ということ。
それを支えるのは、日々の鍛錬。
小さな積み重ね。
自己マネジメントをどこまで継続できるかということ。
 
 
     □     □     □
 
 
100メートルは誰でも走れる。
でも100メートルを365日毎日走れる人はかなり減る。
つまりは、やるかやらないかという世界、ということです。
ジョギングにチャレンジしたこと、本当に良かったと思っています。
つくづくありがたいものです。
フルマラソンを完走できて、また新しい世界が見えてしまいました。
ジョギングが、今まで以上に楽しい習慣になってしまいました。
まだまだこれから奥深い世界が待っているのでしょうね・・・。
ますます楽しんでいきます!
 
 

(参考:過去ブログ記事)
 
■2009年03月23日
「東京マラソン2009」、完走!
■2009年03月23日
「東京マラソン2009」、自分のゴールシーンの動画を発見
感動さめやらぬ「東京マラソン2009」。 お客様や知り合いの社長さんたちからも、 メッセージをいただいています…
■2009年03月23日
「東京マラソン2009」の事務局に応募していた原稿
「走るあなたが主役です!皆様の東京マラソンに掛ける思いを教えてください」 これは、「東京マラソン2009」にあ…
■2009年03月26日
「東京マラソンEXPO」で、私とすれ違った有名人たち
「東京マラソンEXPO」で、私とすれ違った有名人たち
「東京マラソン2009」。 しつこくブログを書き続けていますが(笑)、 それだけ、満足度が高かったのです・・・ご容赦を。 さて、 通常の多く...

 
 
 
 2009年4月2日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク