親子マラソンのすすめ|2歳から始めるマラソン入門

シェアしていただけると嬉しいです!

今回は「親子マラソン」のオススメを。2歳からでもマラソン大会に出場できるんですよ!というお話。

「親子マラソン」(親子ラン)は、子供連れ(親子のペア)で参加できるマラソン大会です。「そんな大会があるの?」と思われるかもしれませんが、探してみると意外とあるのです。小さなお子さんをお持ちのパパやママには、幅広くオススメしているスポーツイベントです。

2歳の娘と共に「親子マラソン」にも出ました
【写真:2歳の娘と共に「親子マラソン」へ!!】




衰えないマラソンブーム。親子ランもオススメ!

マラソンのブームは、衰えることを知りませんね。
私自身、ジョギングを愛好し、マラソン大会にも定期的に参加していますが・・・、

どの大会に参加しても、「今回の参加者数は過去最高です!」というものばかり。一過性のブームかと思いきや、その愛好者は、どんどん増える一方です。私も友人にはジョギングを薦めていますが、一人、また一人と、始める人たちが増えることはあっても、やめる人が増える兆候は一切無し。

そんな中で、お子さんをお持ちの方にオススメしているのが、「親子マラソン」への参加です。

短いっ!「42.195メートル」のマラソン大会も

マラソン大会というと、42.195kmを走る「フルマラソン」や、その半分、約20kmを走る「ハーフマラソン」が有名です。

最近は「初心者の激増」という背景もあって、10キロや5キロ、あるいは2キロ、3キロといった、短距離で達成しやすい大会も増えています。そうした初心者が増えるにつれて、「親子で走りたい!」という要望も高まっているようで、割と気楽に参加できるものも増えています。

今回ご紹介するのは、なんと! 42.195メートルの大会です。これなら、2歳くらいの子供でも参加できますよね。

今回ご紹介するのは、この1月31日に開催された、新宿シティハーフマラソン。

私は「10キロの部」に参加させていただき、それについては、ブログにまとめています。ただ、そこであまり書かなかったのが、「42.195メートルの親子マラソン」にも参加したということ。
 

新宿シティハーフマラソンの「ひよこの部」(42.195メートルの親子マラソン)
【写真:新宿シティハーフマラソンの「ひよこの部」(42.195メートルの親子マラソン)】

10kmマラソンは楽しい|新宿シティハーフマラソン攻略で感動の理由
「新宿シティハーフマラソン」に参加してきました。2010年の初マラソンで、今回は「10キロの部」に。 最近のマラソンでは、「ハーフの部...

「新国立競技場」のトラックを走る楽しみ

雰囲気をわかっていただくために、いくつかの写真を、ご覧下さい!

場所は、千駄ヶ谷駅と信濃町駅の間にある「新国立競技場」でした。


 

2人で作戦会議(笑)
【写真:2人で作戦会議(笑)】

スタート前
【写真:スタート前】

スタート待ちの瞬間
【写真:スタート待ちの瞬間】

ついにスタート!
【写真:ついにスタート!】

42.195メートル、束の間のマラソン中
【写真:42.195メートル、束の間のマラソン中】

ゴール直後の光景
【写真:ゴール直後の光景】

ゴールのお土産をもらって、ご満悦。参加費300円とは思えない豪華さでした
【写真:ゴールのお土産をもらって、ご満悦。参加費300円とは思えない豪華さでした】

親子でマラソン大会に出ることの意義

今回の参加費は、わずか300円!親子ペアで参加する仕組みで、写真を見ればわかるように、ゼッケンも同じ番号です。

42メートル程度なので、わざわざ大会に出なくても、近くの公園などで走ることも可能。でも、「大会に出る」ということに意味があるのです。

  • 大会に申し込む。
  • 受付ハガキが届く。そこには子供の名前も記載されている。
  • 家族で会場に行く。
  • 受付をする。
  • 親子そろって、ゼッケンをつける。
  • 手をつないで、競技場に入る。
  • スタートする。
  • ゴールする。

 

この流れをたどるということは、近くの公園などで適当に走るのとは、全くもって気分が違います。それは親にとっても、子供にとっても・・・。

親子ランで、人生を伴走することの楽しみを

42メートル規模であれば、ある程度の習慣が付きさえすれば、2歳の子供でも達成できる距離。普段の生活の中で、親子で走ってみる習慣があれば、十分にこなせる距離です。

日常の中で親子で走る。
大会で親子で走ってみる。

そうした中で、「共に走ることの喜び」が培われていきます。そうなれば、話は早くて、42メートルを超えると、その後の1キロ、2キロとつながっていきます。

そして大事なことは、「親子そろって走ることが楽しめる」ということの意味。

それは、ジョギングを楽しむということだけでなく、人生を伴走することの楽しみにもつながっていくはずなのです。
 
 
     □     □     □
 
 
近年のマラソンブームにより、親子マラソンが開催されることが徐々に増えてきました。まだ、そうそう多くは無い状況ですが、それでも探せば意外と見つかるレベルになりつつあります。

小さなお子さんをお持ちの皆様、ぜひ、親子マラソン、おすすめします。

2歳くらいでも十分に可能です。
40メートル程度であれば、ジョギング習慣の無い大人でも、楽々こなせるレベルです。

あとは、やるかやらないか。
楽しむ機会を享受するのか、しないのか。

ぜひぜひ、オススメしたいと思います!
 
 
■参考:この7ヶ月後には、親子で2キロマラソンに参加してみましたよ。

親子ラン|新宿トリムマラソンで、2歳の娘と2キロを走る!
「親子ラン」は、子供連れ(親子のペア)で参加できるマラソン大会。小さなお子さんをお持ちのパパやママには、幅広くオススメしているスポーツイベン...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする