バリ島の日本人大富豪の教え|著者が30分で語った大富豪からの学び

シェアしていただけると嬉しいです!

バリ島に住む日本人大富豪が語ることとは何か? 

今回、「経営者モーニングセミナー」というものに参加してきました。中野区倫理法人会が主催する定例会で、なんと朝の6時30分から始まるという勉強会です。

今回のテーマは「バリ島の日本人大富豪の教え」。

講師は、ホープフル・モンスター株式会社、代表取締役の黒岩将さんです。いわゆる「バリの大富豪の教え」本、書店でよく見かけますよね?その著者の方の講演です。
 
講演がスタート
【写真:講演がスタート】


 
 
     □     □     □
 
 
大学院で博士号を取得。

その後、起業するも、うまくいかず、やけになって?、バリ島に訪問したところ、とんでもない大富豪に出会います。しかも日本人。

ご存知の方もいると思いますが、バリで事業を展開される丸尾孝俊さんですね。

そこに弟子入りして書きためたものが、すでに3冊もの書籍になっています。
(4冊目が、もうすぐ出るそうです)
 

 
 
     □     □     □
 
 
今回は、講演部分はわずか30分だったので、その日本人大富豪から学んだことのエッセンスというかたちで展開されました。

大阪のお笑い芸人をほうふつとさせる語り口。
話がうまいというのは財産ですね・・・。

朝7時前なのに、話の要所で爆笑が。
途中で、特製の白衣に着替えたり。
 
特製の白衣に着替えて(右胸の文字「ぼく完全に著者です」に注目:笑)
【写真:特製の白衣に着替えて(右胸の文字「ぼく完全に著者です」に注目:笑)】
 
 
     □     □     □
 
 
その中で印象的だったのは、その大富豪が語ったという以下の点でした。

備忘録として・・・。

・経営の要諦は「情」である。
・合理性、理屈、頭でっかち、金になるかどうかという発想が日本経済をだめにした。
・感謝し、常に分けていくことが幸せの道。勝手に事業も大きくなる。
・いわゆる成功本がたくさんあるが、どれも陳腐だ。
  旧来の日本社会にあった、感謝する、祈る、助ける、笑顔で接する・・・
  そうした習慣こそが、本当の成功ルールなのに。

 
 
     □     □     □
 
 
文字だけを見ると、シンプルで、
「なんだ、そんな単純な話か」となりそうですが・・・、

私の周りのいる成功者たちが常日頃語っていることと関連することが多く、いろいろな話とつながっていって、「あぁ、深いなぁ」と思いました。

うちわ(表側)
【写真:うちわ(表側)】
 
うちわ(裏側)
【写真:うちわ(裏側)】
 
販促ティッシュペーパーまで
【写真:販促ティッシュペーパーまで】
 
 
     □     □     □
 
 
話によれば、この大富豪さん。

過去に「明日死ぬかもしれない」という数々の体験があったゆえに・・・、

毎朝起きる度に「あぁ、今日も生きているんだ!」と思えるようになり、全てに感謝して、他人を大事にする発想につながったのだそうです。

そうして、個人的な欲望が小さくなっていく。
それが、自分を無に戻すということなのでしょうね。
座禅の境地にもつながるのかもしれません。

そしてそれゆえに、多くの応援者が集まって、結果として、事業体が大きくなっていってしまうのでしょう。
 
 
     □     □     □
 
 
理想論に過ぎるかもしれませんが、こういう発想も、とても大事なものだと私は思います。
いつかバリでこの大富豪にお会いしてみたいものです。

どんな事業をどんなスタイルで展開しているのか等々、ぜひ実際に見てみたいと思います。

・・・と思ったら、実は私の友人と縁があることに気づきました。灯台もと暗し。

しかし、朝6:30スタートの会なのに、50人近くもの方々が集まっているのには驚きました・・・。
 
早朝なのに、こんなに大人数!
【写真:早朝なのに、こんなに大人数!】
 
 
 
 2010年9月15日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスル
セミナー・イベント 】「成長縁(R)大学
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする