親子ラン|新宿トリムマラソンで、2歳の娘と2キロを走る!

シェアしていただけると嬉しいです!

「親子ラン」は、子供連れ(親子のペア)で参加できるマラソン大会。小さなお子さんをお持ちのパパやママには、幅広くオススメしているスポーツイベントです。

今回は、「新宿トリムマラソン」という大会に出場してきました。国立競技場をスタート地点に、なんと、たったの2キロしか走らないという大会です。

親子ラン 新宿トリムマラソン

しかも面白いのは、タイムの速さを競うのではなくて、申込時に自己申告したタイムを目指して走るという点。親子マラソンには、うってつけの設定ですよね。

今回は、2歳の娘と一緒に参加してきました。
 
第2回・新宿トリムマラソン(前回は、たしか東京オリンピック誘致のために)
【写真:第2回・新宿トリムマラソン(前回は、たしか東京オリンピック誘致のために)】




初めての親子ランは「42.195メートルの部」へ

「2歳の娘と一緒」と聞くと、「今回が初めて?」と思われるでしょうが、2歳の娘。マラソン出場歴は、これで2度目。
前回は、新宿シティーマラソンの「42.195メートル」の大会に出ています。

その時のブログはこちら。

親子マラソンのすすめ|2歳から始めるマラソン入門
今回は「親子マラソン」のオススメを。2歳からでもマラソン大会に出場できるんですよ!というお話。 「親子マラソン」(親子ラン)は、子供連...

この大会に参加して以来、小さなお子さんをお持ちのパパやママには、親子マラソンをオススメするようになりました。

2度目の親子ランは「2kmの部」へ

「次は、どこに出ようかな・・・(娘と:笑)」
と思っていた時、たまたま、この2キロマラソンを見つけたのです。

たしか、東京オリンピック誘致を目指して
昨年スタートしたのが、この大会のきっかけだったような。
 
コースマップ
【写真:コースマップ】
 
「新宿トリムマラソン」の説明文は、こちら・・・。

■トリムマラソンとは

足の速さは関係ありません。申込時に自己申告したタイムを目指して、それぞれのペースで走る誰もが参加できるマラソンです。参加者全員に優勝のチャンスあり!!


 
 
     □     □     □
 
 
前回の、「42.195メートル」(新宿シティマラソン)の際は、我が娘、調子が出なくて、うまく走れませんでした。

国立競技場という、大きなスタジアムに圧倒されたこと。
また、たくさんの子供たちが走る体制にあって、その雰囲気の「非日常性」に、怖くなってしまったようだったのです。
(上記のブログを参照)

今回は、そのリベンジの2キロだったのですが・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
競技場で受付を済ませ、ゼッケンを胸に貼ります。
一緒になって、体を動かしたり、準備体操をしたり・・・。
 
準備体操!
【写真:準備体操!】
 
スタジアムにすわって、ゆっくりくつろいだり・・・。
 
親子並んで
【写真:親子並んで】

という感じで、ゆったりしながら、準備を進めていたのですが、やはり・・・。会場の雰囲気に圧倒され、またもや怖気づく娘。
 
やっぱり走りたくない・・・
【写真:やっぱり走りたくない・・・】
 
いつも週末に、結構な距離を走っているので、500メートル程度なら、平気で走れるはず。
まぁ、途中から走れなくなって抱っこかな・・・と思っていたのですが、なんと、スタートから走らない(笑)。

そんなわけで、スタートからゴールまで、2キロの区間、ずっと娘を抱えたまま走り通しました。今となっては10キロ程度なら平気で走れる私ですが、十数キロの娘を抱えてのランは辛かった・・・。

10キロのお米を抱えたまま2キロ走る姿を想像してみてください! いつもと異なる筋肉を使うようで、娘の顔を見ながら走れるのは幸せなのですが(笑)、それでも、かつて味わったことの無い疲労感でした。

というわけでゴール。
 
ゴールして、まずは水!
【写真:ゴールして、まずは水!】
 
 
     □     □     □
 
 
次こそは、きちんと娘と完走できるようにしたいものです。
そして、こちらが完走記録証。
なんと4秒差!

完走記録証。惜しくも、なんと4秒差!
【写真:完走記録証。惜しくも、なんと4秒差!】

「まさか優勝できるのでは?」とも思ったくらいなのですが、なんと、「0秒差」とか「0コンマ数秒差」という人が続出し、受賞は逃しました。

終了後に「走る楽しみ」を感じられるかどうか

というわけで、ゴールするまで一歩も走らなかった娘・・・。
やはり「2km」は長すぎたな、と思うとともに、もっと「走りたい!」という気持ちになるような事前の準備が必要だなと反省。

と思いきや・・・、なんと、ゴールしてから、走る走る・・・(笑) 先ほど、まったく走らなかった娘が、まるでウソだったかのように走りまくります。お父さんは参りました。

でも「走る楽しみ」を感じることは、とても大事。親子ランの目的は、タイムや完走することよりは、走る楽しみを体で感じることですからね・・・。「走る楽しみ」を感じられるかどうかこそが大事だと思うんですよね。

その後スタジアムで親子の団欒。幸せタイム。

「広いよ!」機嫌を取り戻して
【写真:「広いよ!」(機嫌を取り戻して)】

その後、体力の有り余った娘を連れて、近くの公園へ。
弟とも一緒になって、おおはしゃぎ。
 
公園ではしゃぎまくった後に弟と
【写真:公園ではしゃぎまくった後に弟と】
 
その体力を2キロマラソンにぶつけてほしかった(笑)。公園で、かなりの長時間、子供たちと一緒になって走り回り・・・。でも良いんです。「走るって、楽しい!」って思ってくれさえすれば。

というわけで、翌日のパパは、いつも経験することのないような不思議な筋肉痛に、あちらこちら悩まされたのでした。おしまい。

親子マラソン、オススメですよ!

親子マラソンのすすめ|2歳から始めるマラソン入門
今回は「親子マラソン」のオススメを。2歳からでもマラソン大会に出場できるんですよ!というお話。 「親子マラソン」(親子ラン)は、子供連...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする