太り過ぎの肥満警察官に減量プログラムを課すインドネシア警察の試み

シェアしていただけると嬉しいです!

「生活レベルが上がると肥満が増える」というのはよく言われること。

経済成長のスピード著しいインドネシアにおいても、
それは例外ではないようです。

共同通信の配信記事で、面白いニュースがありましたので、ご紹介します。

ジャカルタのタンゲラン市警本部が、肥満警察官を対象に、
減量プログラムを実施することになったというのです。

タンゲラン(Tangerang)は、こちら。

 
 
     □     □     □
 
 
いくつかのメディアで記事が紹介されていますが、
日経では、このように書かれています。
 

肥満警官に減量計画 インドネシア  :日本経済新聞

インドネシアの首都ジャカルタ近郊のタンゲラン市警本部がこのほど、肥満の警官を対象にした減量プログラムを導入した。経済成長で生活レベルが向上する同国では肥満の割合が急増、首都の警察の一部でも同様のプログラムが始まり、導入の動きが広がりつつある。

インドネシアの警察機構については、
実は、日本政府が、2001年より、
その改革に向けた支援を続けています。

今回の取り組みが日本の助言によるものかどうかはわかりませんが、
「運動を通じて己を律する」というのは、よいことですね。
 
 
     □     □     □
 
 
肥満の警官を対象にした減量プログラムを導入したとの今回のニュース。

経済成長で肥満が急増したことが背景のようですが、
「減量」に限らず、「生活習慣を律する」ということは、とても大事なことだと思います。

仕事においても遊びにおいても、
人生のあらゆる面で、きっとプラスが生まれるはずなのです。
私自身、日々のジョギングを続けていて、
その効果をつくづく実感させられます。

     □     □     □

この数年で、インドネシアではファーストフード店やコンビニが急増。

ファーストフード店は、現地の物価からすれば、そう安いお店ではありません。
それでも、昼には行列をつくる店があり・・・、

私自身、昨年11月にジャカルタを訪問した際にも、
牛丼チェーン店や、ハンバーガーチェーン店のランチ行列を何度か目撃しています。

IMG_3206
【写真:ジャカルタのショッピングモール、「ペッパーランチ」の昼の行列風景(2012年11月)】

(参考:samsul.comブログから)
 
■2013年1月14日up
 インドネシアの吉野家で牛丼を食べてみたよ!

     □     □     □

こうした傾向は、やはり、健康に影響しますよね。

今回の日経記事でも、以下のようなデータが紹介されています。

保健省によると1997年の調査で、同省の基準で太りすぎと判定された成人は全体の4.7%だったが、2010年には21.7%と4倍超に急増。経済成長による購買力向上や、ファストフードの普及などによる食生活の変化が背景にある。

警察官は、一般人以上の正義感が求められるはず。
「自己を律する」ことが、必要以上に要求されてきます。

特にインドネシアは、まだまだ構造的な汚職が広く残っており、
「律する」ことの必要性は非常に大きいと私は考えています。

単なる減量とは言え、継続的に取り組むことで、
おそらく大きな成果につながっていくはず。
単なる三日坊主の減量作戦に終わらせず、
生活習慣を律するための一手段となることを期待したいものです。
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする