子供の言語教育を目的に、1年休職して中国に移住したアメリカ人家族の1年後

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、こんな海外移住の事例を聞きました。
11歳と9歳の子供をもつ、あるアメリカのお父さんのケースです。

このお父さんは、2人の子供たちに中国語を習得させたくて、
いろいろ考えた結果、1年間休職することを決めます。

「これからは英語に加えて中国語も身につけるべきだ」
お父さんは、そう考えたのでしょう。

そのために、あえて1年間だけ休職。
そして家族で中国へ渡ります。

我々家族が暮らすインドネシア・マランの街の風景から
【写真:我々家族が暮らすインドネシア・マランの街の風景から】

1年後、12歳を迎えたその子は、
ある記者からのインタビュー取材で、こう語ったそうです。

学校に行っても言葉がわからなくて、最初は辛かったです。けど、いま僕ら兄弟は、お父さんより中国語ができるようになりました。

だから、お父さんの誕生日プレゼントをどうしようかなーって、中国語を使って弟と話せば、お父さんにバレずに相談できるのが良かったかな・・・。

できすぎた話かもしれません。
この話も本当かどうか疑問です。

でも真実だとして素直に聞くならば、とても感動的な話だと思いました。

家族そろってのインドネシア生活から1年

私がインドネシアに移住してから、ちょうど2年が経過しました。

単身で1年暮らしてから家族を呼び寄せたため、
7歳と6歳を迎えた2人の子どもたちにとっては、
インドネシア生活は丸1年。

この1年を振り返ってみると、
「短いようで長く、また、長いようで短い」
というのが正直な感想です。

わずか1年では、身につく言語のレベルも限られています。

そういう意味では、
わずか1年で、ある程度の中国語を身につけてしまったという
上記の兄弟のケース。

私からすれば「本当かな???」という思いが無いわけでもありません。

子供の教育を考え、家族で海外へ行くということ

でも、1年という短い期間ではあっても、
子供の教育を考えて、家族で海外へ行くというのは
素晴らしい経験になるはず。

それは子どもたちにとってだけでなく、
親にとっても、大いなる刺激になったことでしょう。

異なる国で、異なる言語環境で、異なる居住環境で。
そこで家族で暮らすということは、
家族の団結心も養われるはず。
(少なくとも我々家族はそうです)

日常の慣れ親しんだ環境で、
使い慣れた日本語で、
いつも暮らしている自宅で。

そうした環境で生活するのと比べれば、
得られるものは雲泥の差が出るはずなのです。

ぜひ「海外プチ移住」にチャレンジを!

1年もの長期に渡って休職できる制度がある会社は、
そうそうあるものではないかもしれません。

でも、3ヶ月でもいい。
1ヶ月でもいい。
あるいは2週間でもいい。

もし一定の長い期間で休むことができる体制があるならば、
特に小学生までのお子さんをおもちの親御さんならば、
ぜひ短期間のプチ移住をしてみること。

ぜひオススメしたいです。

ぜひ1週間でも、2週間でも・・・

家族で海外で暮らすということは、
大変なこともたくさんあります。
でも、それだけたくさんの刺激があるということも事実。

「そんなの無理だよ」と、はなから諦めるのではなく、
ぜひ1週間でも2週間でもやってみる。
それでも、刺激に満ち溢れた経験はできるはずです。

実際にやってみて、そこから体験したことから、
必ずや新たな発見があるはずですよ。

インドネシアでの移住生活、これからもお楽しみに

私たち家族のインドネシア移住生活は、まだ1年。
妻、そして小学校に通う2人の子どもたちと共に、
楽しく格闘しながら、日々を過ごしています。

海外移住して子育てをすることが正解だというわけではありません。
でも、私たちはその選択をしました。

そんなインドネシアでの移住生活。
これからも、ブログを通じてお伝えしていけたらと思っています!

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年7月22日up
 「家族そろって海外移住を考えてみる」のを私がオススメする理由

■2015年8月28日up
 「子連れ海外移住」から1年、妻が地元サークルの英語スピーチで語ったこと

■2015年9月19日up
 子連れインドネシア移住から1年を振り返って


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする