インドネシア語、英語、ジャワ語、日本語、中国語、マラン語の6つの言語に囲まれて過ごす海外生活

シェアしていただけると嬉しいです!

「インドネシアでは、何語が使われているんですか?」と、日本の方から聞かれることがあります。
「やっぱり英語なんですかね・・・」とか。

あるいは、このように聞いてくる人もいます。
「インドネシアに特有の言語があるんでしょうか? 例えばインドネシア語・・・とか」と。

そんな時、私は次のように答えます。
「公用語はインドネシア語ですよ」と。

「じゃあ、インドネシア語を話す必要があるんですね?」と聞かれます。

私は答えます。
「はい。あくまでも、<公用語は> ですけどね」と。

なぜならインドネシアでは、公用語であるインドネシア語以外にも、非常に多くの言語が使われているからです。

Indonesia - Bali: 2 weeks to go!
Indonesia – Bali: 2 weeks to go! / TuRbO_J


     □     □     □

私はインドネシアの東ジャワ、マランという場所に住んでいます。

結論から言いましょう。何語で暮らしているか。

私の場合、インドネシア語だけでなく、
英語、ジャワ語、日本語、中国語、マラン語という、
合計6つの言語に囲まれて暮らしています。

6つ! と聞くとびっくりするかもしれませんね。
もちろん、6つ全部できるというわけではありません・・・。

東南アジアから見たマラン(Malang)
【画像:赤い部分が私の住むマラン】

     □     □     □

インドネシアの公用語はインドネシア語。

でも、私の場合はこんな環境です。

地元の人同士の日常会話は、ジャワ語で行われ、
外国籍の人が入ってくれば、英語に切り替わり、
我が家は家族全員が日本人だから日本語で会話をし、
中華系の人同士が集まると、中国語が聞こえてきて、
マランには、マラン特有のマラン語も存在する・・・、

という具合です。

言語マニアにとっては、ワクワクするような環境かもしれません。

     □     □     □

2013年に共著で書いた書籍
インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」。
「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」の表紙

第2章「インドネシアという <国> の形」の中にある、
「多様なインドネシア」という項目(32ページ)で、私は次のように書きました。

言語の数も300や500、分類によっては1200を超えるとも見られています。

(中略)

これだけ多様な国をどうやって一つにまとめるのか。そういう点で、インドネシアは「国民国家の実験場」ともいわれてきました。

「インドネシア語」という共通語はあるものの、多くの人たちは地域ごとの「地方語」を話します。ジャワ語、バリ語、スンダ語・・・。日本の方言とは異なり、文法や言語体系がそれぞれに異なります。多くの人がバイリンガルで、話し言葉が違えば、見かけも違うという多様さ。

インドネシアは、本当にたくさんの言語が飛び交う場所なのです。

     □     □     □

日本は、日本語ができさえすれば生きていけるという環境。

そのためでしょうか、
「外国語ができる」=「すごい」というイメージがあるような気がします。

でも、インドネシアでは、複数の言語ができるのが当たり前。
だから「複数の言語ができる」と言っても、
すごくともなんともないのです。

     □     □     □

しかも、みんながすべての言語ができるというわけではありません。
ある人にはわかったり、ある人にはわからなかったり。

でもベースであるインドネシア語はわかる。

異なる言語話者との話では、インドネシア語を使えばいいし、
ジャワ語がわかる同士だったら、ジャワ語を使ってみてもいいし、
という感じです。

共通語で統一して話せばよいのに・・・と思うかもしれません。
でも、地方の方言を想像してみてください。

例えば大阪人同士だったら、大阪の言葉で話した方が、
親近感がわいたり、こまかいニュアンスまで伝わったり・・・
そんな感じです。

     □     □     □

私はこの多様性ある環境が、とても好きです。

「脳トレになる」なんて言ったら、
会話の相手に失礼かもしれませんが・・・、
話をするときに、頭がフル回転する環境。

言語を変えることで、ちょっとしたニュアンスが変わってくる。

会話の時々で言語を入れ替えたりすることで、
話者の間で笑いが起きる・・・そんな環境です。

私がインドネシアで子育てをする理由の一つに、
「世界は多様であることを、言語面でも肌身でわかってほしい」
というのがあります。

     □     □     □

というわけで、私はインドネシア語だけでなく、
英語、ジャワ語、日本語、中国語、マラン語という、
合計6つの言語に囲まれて暮らしています。

旅行でバリに行くと、
英語だけで用事が済んでしまうし、
ホテルや観光地だけであれば日本語もかなり通じてしまいます。

出張でジャカルタに行くと、
大企業で、例えば送迎があったりホテルが用意されていたりとなると、
これまた、英語だけで用事が済んでしまうし、
通訳がいれば日本語でもOKとなってしまいがち。

     □     □     □

でも、インドネシア語ならではの楽しみもあるし、
それ以外の地方語にも、それなりの楽しみと深みがある。
それが多言語国家インドネシアの魅力の一つ。

インドネシアにいらっしゃる皆さん。
日本語や英語だけでなく、
ぜひインドネシア語も使ってみてください。

バリに行く方は、ちょっとでいいからバリ語で挨拶してみて下さい。
地元の人たちは、きっといい笑顔で迎えてくれるはずですよ。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2017年9月17日up
 インドネシアは使用言語数が707言語と、世界で2番目に多い国!

■2016年1月12日up
 ジャワ人は、なぜ公用語のインドネシア語ではなくジャワ語を使いたがるのか

■2013年10月27日up
 南米に、ジャワ語を流暢にしゃべる人たちの国が?

■2017年9月23日up
 約70年前に誕生した、東ジャワ・マラン特有の新言語「マラン語」の魅力

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする