沈黙をもって語らしむ、思わせぶりな街・下田

シェアしていただけると嬉しいです!

静岡県の下田温泉の旅館に3泊してきました。
本当は海外に行きたかったのですが、
希望の場所がどこも満室。
「なら国内で」と探したものの、
希望の場所はすべて満室。
そこで、おすすめしてもらった宿の中から選択。
下田と言えば「開国」「黒船」で有名ですね。
旅館についてから、さてどんな行動をしようかなと
思った時、特に思いつかなかったので、
「ここは、開国の歴史を見るしかない!」と感じて、
地元の博物館や、資料館のあるお寺などに行くことにしました。


20051231_shimoda_road.JPG
下田港と了仙寺をつなぐ道で、ペリー一行が歩いたとされるペリーロードの写真
(了仙寺は、ペリー一行の応接所兼幕府との交渉場所となり、
日米和親条約の細かい取り決めである下田条約が結ばれたお寺)
開国の歴史を見てまわることを通じて、
ペリーとハリスの活動や、
その裏に存在した悲劇のヒロイン「お吉さん」。
(お吉さんという女性の存在は初めて知りました。必見です!)
日本の将来のためにと20代だった吉田松陰がとった行動に
思いを馳せることができました。
ひとことで、「とても深い街だな」という印象です。
いわゆる「地元」というもの、
嫉妬や妬みというもの、
「外国」という発想や偏見・・・
いろいろな点が重層的に響きながら、
開国と鎖国の移行について、混乱と動揺とを感じることで、
「開国のインパクト」について、
また、現在にも、今後にもつながる国際化というものの意味、
いろいろ考えさせられる現代的なテーマがここにあるなと
感じました。過去は常に現在なんですよね。
「開国というもの」をつぶさに感じてみて、
経営者として「会社」を使って、
人を動かし、世の中を動かすということの重要性と意義をも
感じることができました。企業経営、がんがんいきましょう。
以下のような博物館やお寺に行きました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■下田開国博物館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(ホームページ無し)
開国の歴史や吉田松陰に関する資料があって、
幕末からの下田の歴史が大雑把に概観できました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
了仙寺・宝物館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

伊豆下田の了仙寺
「日本最大の黒船・開国コレクション」とのことで、
黒船来航やペリーに関する資料の展示や、
海外から見た日本像の歴史などがまとまっています。
(ここのホームページは、とても充実しています)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宝福寺・お吉記念館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
龍馬が飛び、お吉が眠る幕末回天の寺「唐人お吉のお墓と記念館」「山内容堂・勝海舟謁見の間」〒415-0021静岡県下田市一丁目18-26 電話番号0558-22-0960
お吉に関する資料や愛用品などが展示されています。
お吉さんのお墓もあり、
お吉さんについての歴史がとてもよくわかります。
ちなみに、ここの個人サイトは、
非常によくまとまっているのでおすすめです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下田・開国の歴史とロマン漂う街並の散策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下田に旅行に行く前に見てしまうと旅の面白みが半減すると
感じる方は、旅行から帰ってからでも、ぜひ必見のページだと
思います。
特にお吉さんに関する見解は、
とても適しているという気がしました。
20051231_shimoda_anchokurou.JPG
「安直楼」の2階部分の写真
(米国総領事ハリスに仕えたお吉さんが営んだ小料理屋)
今回、はじめて下田を訪れて、
本当に小さな街でびっくりしました。
それなのに、とても深い歴史があり、
その狭さと深さのギャップが
何とも言えない魅力をもつ街なのです。
「思わせぶりな深い街」
「静かだけれども、沈黙をもって語らしむ街」
という印象です。
またぜひ行ってみたいし、その前に、
このあたりの歴史を再度読み返してみたいなと感じました。
ところで、突然ですが、この写真。
20051231_shimoda_seiryusou_swim.JPG
屋外プールで泳ぎました。旅館にプールがあるのです。
年末に国内の屋外プールで泳いだのは、生まれて初めてです。
温泉プールなんです。
こんな時期に外で泳げるとあって、この非日常感覚が、
なぜか嬉しかったです!
オントオフの切り替えをはかること。
もっと言えば「日常から脱し切る」ということ。
これがいかに素晴らしいことかということを改めて感じました。
これがあるから次の飛躍にエネルギー投下できるんですよね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク