京都・祇園祭に行ってきた(祭りのクライマックス:山鉾巡行編)

シェアしていただけると嬉しいです!

祇園祭に行ってきた記録。
昨日のブログ、京都・祇園祭に行ってきた(メインイベント前日の「宵山」編)の続きです。
そもそも「祇園祭」は、西暦869年、
疫病の災厄除去を祈って始まったもの。
毎年7月1日から31日まで、
実に1ヶ月間もの長きに及ぶ、
世界に冠たるお祭りです。
そしてそのクライマックスが、山鉾巡行。
こんな感じです。
 
鉾を引っ張る曳子さんたちが見えてきました
【写真:鉾を引っ張る曳子さんたちが見えてきました】
 
鉾が見えてきました
【写真:鉾が見えてきました。天井上には「屋根方」のおじいさんが・・・】
 
通り過ぎていく鉾
【写真:通り過ぎていく鉾。後ろ部分も装飾が見事】
 
鉾の重量は12トン。屋根まで8メートル。車輪の直径は2メートル。
町衆が財を投じてつくりあげるもので、
その豪華な装いから「動く美術館」とも呼ばれるそうです。
昨晩の「宵山」で展示されていた鉾の正体です。


ところで、上の写真は、ひょっとしたら珍しいアングルかもしれません。
2階から撮影しているからです。
通常は、道路沿いで鑑賞することになります。
屋根まで8メートルあるものを、下から見上げるかたちになるため、
あのようなアングルで、
しかもあれほど近くから見ることはできません。
私がいたのは、こちら。
くろちくさんの2階窓から
くろちくさんの2階窓から
2階から鑑賞できる、まさに特別席です。
山鉾巡行の観賞用のために、
商家の窓は大きく開くように設計されているとのこと。
こんなところにも、祇園祭りに注がれる、
町衆たちの情熱の程が伝わってきます。
こんな感じですね。
道路反対側の商家の2階部分
【写真:道路反対側の商家の2階部分】
 
昔から、祇園祭には、
祇園祭をスポンサードする旦那衆の商家に招かれるという、
おもてなしがあったそうです。祭りのVIP席のようなものです。
旦那衆の特上客でないとお招きにあやかれない・・・。
従って、ある種、羨望のまなざしを向けられる存在だったそうです。
今はそれほどでないそうですが、
一見客お断りのようで、
今回は、特別にお邪魔させていただいた次第です。
この日はあいにくの大雨。
湿気もすごい日でした。
そんな時に、
山鉾と同じ高さ、同じ目線で見られる臨場感
雨にぬれずに、涼しい場所で見物でき、
しかも、料理と酒(笑)。
幸せです・・・。
すっかり釘付けの皆さん
【写真:すっかり釘付けの皆さん】
招かれた皆さん、すっかり見入ってしまっています(笑)。
こんなに大勢が・・・
【写真:こんなに大勢が・・・】
今年の「山」と「鉾」は、合計で32台。
午前9時に、四条烏丸を出発し、
四条河原町を左折して北上。
御池通を左折して御池新町で解散。
それぞれの町へ戻ることになります。
しかし、2階から見る臨場感、たまりません。
だって、こんなにすごいんですよ・・・。
わかりやすく、連続写真を3枚、ご覧下さい。
 
すぐ目の前に「囃子方」の方々が
【写真:すぐ目の前に「囃子方」の方々が。交替員を含めて40人もいるそうです】
 
鉾の全貌が見えてきました
【写真:鉾の全貌が見えてきました】
 
音頭取のおじいさん2名がかっこいい
【写真:先頭に立っている、音頭取のおじいさん2名がかっこいい】
この鉾は、私の見ている場所で、急に停止しました。
そして、先頭に立っている2名の音頭取のおじいさんが、
掛け声を発し、扇子をもって、一定の動きを見せます。
う・・・、かっこいい!!
2名のおじいさんの所作を見ていたら、
なぜか涙が出てきてしまいました。感動!!
歴史の集積、人々の想いの総和。
大雨でも何食わぬ顔で伝統を守ろうと、
無理せずに、でも完全に貫こうとするその雄姿。
そんなことも、感動に拍車をかけたように思います。
神社や幕府の援助を受けつつ、
町衆が自治組織を単位に、山鉾をつくり、街中を巡行する。
歴史的には、この日の夜に行われる「神幸祭」に先立って、
都大路を清めてお祓いする狙いがあったそうです。
結論からして、祇園祭。感動しました。
京都は、実に奥深い。そして人間味にあふれている・・・。
文化、歴史、地元、人間の結束、
そして、持てる者によるスポンサー精神。
何よりも、歴史の集積には、本当に勝てないですね。
深いですね・・・。
これからどう生きるべきか、というところまで思いを馳せてしまいます。
さぁ、京都は深いぞ、京都へ行こう。
 
 
 
 
■追伸:
ちなみに、それぞれの町へ戻った鉾は、
分解されるそうです。後片付けも速い!
 
あ
【写真:右の町屋に橋を渡して、鉾の中に安置されていた美術品を搬送。屋根では分解準備中】
 
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2006年7月29日up
 京都・祇園祭に行ってきた(メインイベント前日の「宵山」編)


 
 
 2006年7月30日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク