飛行機「機内安全」面白アナウンス|インドネシアのシティリンク航空

シェアしていただけると嬉しいです!

離陸前に行われる、飛行機の「機内安全」アナウンス。よく世界の「おもしろ事例」が話題にされますが、インドネシアの国内線、シティリンク航空(Citilink)のケースを見つけました。

シティリンクは、インドネシアの格安航空会社。ガルーダ・インドネシア航空の子会社です。今回の機内安全アナウンスは、去年の5月のケースなので、すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。それでは、話題になったシティリンクの機内アナウンス、映像付きでご紹介します。

シティリンク Citilink 飛行機【写真:筆者が今月乗ったCitilinkの写真】




シティリンク航空で流れた機内安全の面白アナウンス

今回話題となった機内アナウンスですが、これはシティリンク全線で統一されたアナウンスではなく、たまたまこの5月に、こうした「機内安全」アナウンスが行われた、というケースのようです。

こちらが、その時の映像です。

例えば・・・。

シートベルトの説明が終わってから、

もしご不明の点があれば、周りのお客様にお尋ねください。その際、電話番号や家の住所、お父さんは誰?とか、そういう質問はされないでください。

とか。

救命胴衣の説明でも、

水の中に入ると、ランプが自動で点灯するようになっております。もしランプが点灯しなかった場合には、どうぞ、皆様の休暇中に膨れ上がった電気代の請求書をご確認ください。

とか。

酸素マスクの吸引については、「スーハー、スーハー」言わせて実演しています。

最後の「禁煙」の説明でも、

当機は禁煙となっております。タバコをお吸いになりたいというお客様は、飛行機の外に出てからお吸いください。

とか。

「けしからん」と言う人もいるでしょうが・・・

このシティリンクの機内アナウンス。インドネシア語で面白いことを言っているのに、英語訳では、省いてしまっているのが残念です。中には「けしからん」と言う人もいるのかもしれませんが、安全上に問題が無いのであれば、私はこういう面白い試みには賛成です。

機内安全のアナウンスは、もう慣れてしまったためか、意外と聞いていない方が多いですよね。こうしたやり方を行うことで、逆に注目度も上がるのではないかという気もします。

シティリンクには、今まで何度も乗ってきましたが、こういう「おもしろ事例」を見るのは初めて。こうした機内アナウンス、いつか実際に生で見てみたいものです。

ガルーダとシティリンクがマイル統合|Supergreen Garudamilesが誕生
皆さん、インドネシアで飛行機を使って国内移動する際、「マイル」はどのように貯めていますか? インドネシア国営の航空会社、ガルーダ・イン...

なお、こちらの記事もどうぞ。

飛行機の恐怖を乗り越える10のコツ|ブリティッシュ航空30年の教訓
飛行機は怖い!そんな恐怖を乗り越える10のコツをブリティッシュ航空の「恐怖軽減プログラム」から紹介します。「揺れても大丈夫」と頭でわかっていても、なかなか不安は抜けないもの。この10のコツで不安は軽減されていくはずです。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする