インドネシアの運転免許|制度の概要、取得方法、勉強法と合格体験記

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアの自動車運転免許についてご紹介します。私自身が受験をし、学科試験と実技試験をクリア。無事に合格することができました。

今回は、インドネシアでの運転免許制度や試験の概要、取得の方法、合格のための勉強法、勉強のコツなどを、体験談をまじえてまとめてみたいと思います。

インドネシア 運転免許証 パンフレット
【写真:インドネシアの運転免許証についてのパンフレット】




インドネシアの移動は自分で運転するのが便利!!

インドネシアで暮らし始めて5ヶ月。近距離の移動には、いつも「アンコタ」もしくは「アンコット」と呼ばれるミニバス(小型の路線バス)を利用しています。

東ジャワの小型バス「アンコタ」|運転手の「良い加減」という魅力に迫る
インドネシアの小型路線バス「アンコタ」。 「angkot(アンコット)」もしくは「angkota(アンコタ)」と呼ばれる乗り物で、地元...

でも、ちょっとした移動には、やはり自分で運転できるバイクや自動車の方が便利。知人の車や、バイクの後部座席に乗せてもらう度に、「自分で運転できると、本当に便利だな・・・」と、それこそ心の底から痛感していました。

しかも、私は移動が好きなので、行動半径を広げる意味でも、早く免許証がほしいと思っていました。昨日、ついにその「免許証」を取得でき、本当に感慨無量です!

これが、今回取得したインドネシアの自動車運転免許証です(一部カットしています)。

日本の国際免許証は使えない! 試験はすべてインドネシア語で

ブログ冒頭の写真は、インドネシアの運転免許証について解説してあるパンフレットです。現地の運転免許試験場でもらいました。

インドネシアでは運転免許証のことを “Surat Izin Mengemudi” と言いますが、少し長いので、3つの単語の頭文字を取って “SIM” (シム)と呼ばれています。

今回私が取得したのは、いわゆる「国際免許証」ではありません。日本の国際運転免許証は、インドネシアでは使用することができません。これは、インドネシアと日本の「免許制度」の違いによるものです。

「ジュネーブ交通条約」と「ウィーン交通条約」の違い

日本は「道路交通に関する条約」(通称:ジュネーブ交通条約)に加盟していますが、インドネシアは「道路交通に関する条約」(通称:ウィーン交通条約)に加盟。

国際免許は「条約締結国の相互において有効」となっているため、インドネシアでは日本の国際免許証が使えないのです。

つまり今回取得したのは、インドネシアの地元の人たちが取得する、普通の免許証です。試験場での受付、テスト、身体検査、そして免許証発行に至るまで、すべてがインドネシア語だけで進行します。日本語はもちろん、英語すら使用されません。

インドネシアに駐在する外国人は、どうやって運転している?

インドネシアに駐在する外国人を見ていると、無免許のままで車やバイクを運転したり・・・
(捕まったらお金を払えば良いという覚悟の方々)、

試験を経ずに免許証をお金で買う・・・
(つまり賄賂ですね)

というような人もいるとは噂に聞きます。でも、私はインドネシアの人たちと同じように進めてみたくて、「正攻法」で行きました。「試験を受ける」という方法です。

私自身、日本で免許を取得してから、運転歴はあと数年で20年。さすがに運転には慣れていますが、苦労したのは「インドネシアの交通規則を、インドネシア語で理解しないといけない」という点です。

ネットで見つかる過去問や類似問題。地道にやれば短期で合格可能!

幸い、ネットで検索すると過去問や模擬問題が出ていたので、それを使って、1週間ほど学習しました。試験はPC画面に表示される質問に対し、「A・B・C」の3択で回答する形式です。

最初に過去問を見た時には、充分に理解できる問題が1つもなくて、「うわ、これは無理だ・・・(泣)」というのが正直なところでした。ネットで検索して、また地元の人たちにも聞いて、例の「ワイロで取得する方法」のヒアリングも試みたほど。
(真剣にやろうとは思いませんでしたが)

でも、用語を覚え、交通関係の語彙を増やしていくうちに、「あ、これなら合格できそうだ」という確信に変わりました。

という流れで、なんとか合格に。
 
免許証が発行されるまでのステップ(インドネシア語)
【写真:免許証が発行されるまでのステップ(インドネシア語)】

運転免許の試験場の様子は?

試験会場にはインドネシアの人たちしかいません。

幸い私は、インドネシアで暮らしていると、みんなからインドネシア人だと思ってくれるケースがほとんどで、実際、試験場のスタッフも、インドネシア人として普通に対応してくれるのですが(ただし初めだけ:笑)・・・

書類に書いてある私の日本名や、パスポートのコピー等を見てはじめて、「あれ、君、インドネシア出身じゃなかったんだ」と・・・。

受付のスタッフが、「インドネシア語の試験だけど、大丈夫?」と心配してくれて、これまた、それがやけに大きな声だったりするものだから、周辺の受験者たちが、振り返って、私をじろじろ見たり(笑)

もともと外国人の少ないエリアだということもあるのですが、外国人が運転免許の試験を受けにくるというのは、かなり珍しいのかもしれません。
(少なくとも、我が家のエリアでは)

ちなみに、実技試験を行う会場、なかなか楽しいですよ。

インドネシアの運転免許|試験場は見ているだけで楽しいお笑い劇場!
インドネシアの運転免許に少しでも関心のある方は、ぜひ試験場を見学してみてください。見ているだけでもすごく楽しいのです。 特に「実技」の...

ワイロを使った免許の取得は、オススメしません・・・

非インドネシア人が、インドネシアの免許証を取得するためには、インドネシアに長期滞在するためのビザが必要です。

長期滞在するためのビザをもつ方で、「インドネシアで運転したい!」という人は、たとえ「インドネシア語で受験をしなければいけない」という語学のハードルがあるにしても、「無免許」や、「ワイロ購入」は、避けた方が良いのではないかな・・・、というのが私の思いです。
 
インドネシア 賄賂撲滅の看板
【写真:「運転免許センターの職員に何かを贈呈することはご遠慮ください」という賄賂撲滅の看板】

そもそも「賄賂を渡して取得をする」というのは、賄賂文化を助長することに貢献しているわけです。「インドネシアを愛する人がやることなのか?」という「正論」を、私はあえて書いておきたいと思います。

交通違反切符のオンライン化|インドネシアの着実な変化は要注目
インドネシアは「汚職大国」とか「賄賂大国」とも言われるほどの国。インドネシアの警察官の腐敗ぶりも、よく話題になります。 インドネシアで...
インドネシアの賄賂文化|ジャワ語で書かれた汚職撲滅の啓発シール!
インドネシアは「賄賂が文化」であるかに見られることがあるほど、賄賂や汚職の存在が有名でした。「でした」と過去形で書くのは、その撲滅に向けて様...

運転免許を取る自信が無い場合は?

運転免許を取る自信が無い場合は、どうすべきか。

やはり運転手さんに運転をお任せするのがベストかなと。あるいは、公共の交通手段を使うことでしょうね。

ただインドネシアでは移動の手段として車やバイクの便利さは捨てがたく、無免許で運転をする外国人も少なくないようです。「語学のハードル」はあるにしても・・・、私は無免許運転は推奨する気になれません。

とにもかくにも、合格できて本当に嬉しいです。試験は、とにかく緊張しました・・・。無事に合格できて、ものすごい達成感!嬉しくて、勢いでブログを書いてしまいました(笑)

【参考】インドネシアの運転免許に関するブログ記事

参考までに、インドネシアの運転免許に関して書いたブログ記事は以下のとおりです。

インドネシアの運転免許|1年更新に行ってきた
今回は、インドネシアの運転免許の更新についてご紹介します。 先日、車の運転免許証の更新をしてきました。インドネシアの運転免許の有効期限...
インドネシアの運転免許|二輪バイク免許は3つのタイプに変更へ
インドネシアの運転免許。今回ご紹介するのは二輪のバイク免許の話。 インドネシア主要メディア「Tempo」が、2016年5月から、インド...
インドネシアの運転免許|バイク免許の法改正が延期された意外な理由
インドネシアでバイクを運転するのに必要な二輪バイクの免許。 2016年5月から3つのタイプにされる予定だったのですが、なんと! 201...
インドネシア検定|語学以外も!4つのおすすめテストを攻略しよう!
今回は、インドネシアを極めたいあなたにオススメの4つの検定試験をご紹介します。 インドネシア・マニアの方でも、「えっ、4つもあるの?」...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする