東ジャワのフランボヤンでトレイルラン&ウォーキング

シェアしていただけると嬉しいです!

地元の仲間たちと一緒に、
東ジャワのバトゥ(Batu)にある、フランボヤン(Flamboyan)で、
トレイルラン&ウォーキングをしてきました。
東ジャワの高原でのトレイルは本当に気持ちが良く、
私もすっかりこの魅力にハマってしまいました。
このトレイルサークルは、
地元で既に30年以上も継続して活動しているそうで、
いつ参加しても、とてもフレンドリーに受け入れてくれます。
仲間たちと、東ジャワのフランボヤンで
【写真:仲間たちと、東ジャワのフランボヤンで】


     □     □     □
今回の場所、フランボヤンは、
東ジャワの高原地帯、バトゥの中にあります。
スタート地点は、高台にある住宅地。
だいぶ前に開発された住宅街なのですが、
開発業者が途中で逃げてしまったらしく、
ほとんどの家に人が住んでいないという場所。
でも、本当に涼しくて快適。
高原ならではの落ち着きがあります。
     □     □     □
ちなみにフランボヤンは、このあたりに位置しています。
エリアは東ジャワのバトゥ。
東ジャワ、バトゥBatu
拡大すると、フランボヤンは、このあたりです。
東ジャワ、フランボヤンFlamboyan
さらに拡大すると、このとおり。
東ジャワ、フランボヤンFlamboyan
     □     □     □
このサークルのトレイルでは、2つのコースが用意されます。
ミドルコースは6キロ程度で、ロングコースは12キロ程度。
私はいつもロングに参加していました。
でも、妻はロングがこなせるかどうか心配なようで、
妻が同伴の時は、いつもミドルに参加していました。
でも、妻もこの会に参加するにつれて次第に慣れてきたようで、
今回は思い切って「ロング」にチャレンジ。
ある程度、高低差のあるコースで、以下のグラフの通り。
東ジャワ、フランボヤンFlamboyan
【画像:ロングコースの高低差(左から右へ進みます)】
最初は傾斜のきつい坂が続き、
「ロングは無理かな・・・」とも思ったようです。
でも、いざ挑戦してみたら、意外とできたので本人もびっくり。
「少しだけ困難な道を選んでチャレンジする」。
そうして人は成長していくのでしょう・・・。
     □     □     □
今回のフランボヤンのコース。
「頂上には、素晴らしい写真スポットがあるんだよ」
仲間から、そう言われていたのですが、
それがここでした。
仲間たちと、東ジャワのフランボヤンで
そして、みんなから「やれ、やれ!」と言われて、
指示されるままに、妻とこんな写真を(笑)
妻と、東ジャワのフランボヤンで
仲間とワイワイできるのも、このトレランの魅力の一つです。
     □     □     □
インドネシアで私が体験中のトレランの魅力。
詳細については、ぜひ以前書いたブログをご覧いただければと思います!

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年7月20日up
 インドネシアでトレランデビュー。山を駆け抜ける楽しさにびっくり!


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする