日本人コスプレシンガー Singing Cosplayer Hikari の快進撃、インドネシアでも反響!

シェアしていただけると嬉しいです!

追記(2021年1月21日)

YouTubeを中心にアップされた3曲の「新世紀エヴァンゲリオン」カバー歌動画、「残酷な天使のテーゼ」(英詞版と日本語詞版)および「集結の園へ」は、1月21日現在で合計110万を超える再生回数に達しました。

しかし、Singing Cosplayer Hikariの「新世紀エヴァンゲリオン」関連の動画と写真は、1月23日の21時をもって取り下げになることが発表されました。また次なるテーマ作品がアップされる予定とのことです。

詳細については、本記事の一番最後に「追記」というかたちで紹介します。なお、「Singing Cosplayer Hikari」による「残酷な天使のテーゼ」(日本語詞版)と「魂のルフラン」の2曲が、Spotify / Apple Music / Deezer / KKBOX / LINE MUSICなどで全世界配信されることが決まったようです。

2021年1月1日にデビューした、日本人コスプレシンガー「Singing Cosplayer Hikari」。日本での知名度は低いもの、海外ではバイラルで広がりつつあるようです。

デビュー第1弾は、テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲、「残酷な天使のテーゼ」の英語版「A Cruel Angel’s Thesis」のカバー歌動画。ソーシャルメディアを中心に、わずか10日間で34万再生を記録しました。

この世界的なバイラルの源泉の一つになっているのが「インドネシア」なのだそうです。そこで今回は、世界で注目を集める「Singing Cosplayer Hikari」とインドネシアでの反響を取り上げます。

SingingCosplayerHikari




日本人コスプレシンガー「Singing Cosplayer Hikari」が歌う曲は?

今回デビューした「Singing Cosplayer Hikari」は、日本人のコスプレシンガーです。特徴は「Singing Cosplayer」という名の通り、コスプレをしながら歌うという点です。

世界的に人気のあるアニメやゲーム・ボーカロイドなど、さまざまなキャラクターのコスプレをして、その作品に関連した曲のカバー歌動画をSNSにアップしています。

現在までに発表されているのは、次の2作品です。今後も同様のスタイルで展開していくようです。

デビュー曲「残酷な天使のテーゼ」英語版カバー動画は10日で34万再生!

デビュー第1弾は、テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」の英語版、「A Cruel Angel’s Thesis」のカバー歌動画です。

コスプレ姿は、『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクターである「綾波レイ」。ソーシャルメディアに投稿された動画はインドネシアを筆頭に、タイ・台湾・香港・フィリピンなど、約18万回もの再生がなされています。

また「YouTube限定のフルバージョン」がこちら。

1月9日には、16万を超える再生回数を記録しました。
(1月13日時点では194,000回)

わずか10日足らずで、合計34万回以上もの再生数を記録したというのは、まさに快挙と言えるでしょう。

第2弾はファンのリクエストに応えて「日本語版」を公開へ

バイラルで世界に広がる中、ファンからは「日本語版も聞きたい」とのリクエストが寄せられます。

1月11日の夜には、ファンの要望に応えるかたちで第2弾となる日本語バージョンが公開されました。

1月13日午前10時の時点(つまり1日半)で、すでに1万回を超える再生数となっています。

「Singing Cosplayer Hikari」を受け入れる「親日アニメ好き」のインドネシア

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

「コスプレ」や「アニメ」は日本のみならず、海外でもファンがいます。とりわけインドネシアの場合、熱狂的なファンが多いことで知られています。

実際「Singing Cosplayer Hikari」の反響においても、インドネシアのメディアや若者たちからの反応が強いようで、世界的なバイラルの源泉と言っても良さそうです。

もともとインドネシアは日本好きな若者が多く、かつて「週刊アスキー」のインタビュー記事でも、そのあたりの事情をお話しさせていただきました。

「なぜインドネシアで日本のポップカルチャーが人気?」を語ってみた
インドネシアにおける「日本好き」事情について、インタビューを受ける機会がありました。週刊アスキーの、現地の人に聞く「なぜインドネシアでは日本...

インドネシアの大学の学園祭に行くと「日本祭り」のイベントが開催されているのを見かけることがあります。例えば上の写真も下の写真も、日本風アイドルが登壇した時のコンサートの様子です。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

ブログでも紹介してきましたが、「アニメやコスプレに対する熱狂的なファンが、インドネシアにもいる!」という点は、日本の人たちにとって、驚きかもしれません。

親日国インドネシア|大学の日本祭「Daisuki Japan」に行ってみた!
インドネシアは世界でも有数の「親日国」であると言われています。いわゆる「日本好き」が多く、特に若者層ともなれば、アニメやマンガに夢中な人も多...
インドネシアさくら祭り|若者たちの日本語メッセージの強烈な純粋さ
「さくら祭り」の2017年の様子を取り上げました。ジャカルタ・チカランで開催される日イ友好のイベントです。参加者数は12万人。インドネシアの若者が日本語で書いた直筆メッセージの数々を写真で紹介します。これ、感動しますよ!
インドネシアの日本語教育|現地校を訪問、学習動機は日本のアニメ!
インドネシアは日本語学習者の数が多いことで知られています。2015年度の調査によれば、インドネシアの日本語学習者の数は、745,125人で世...
インドネシアの大学を訪問|日本へ行きたい!アニメの影響は大きい!
インドネシアは世界有数の親日国と言われています。日本語学習者の数も中国に続く世界第2位。日本のポップカルチャーも人気で、中でも日本のアニメは...
インドネシアの漫画喫茶|日本アニメが人気、東ジャワのマランにも!
インドネシアにも「漫画喫茶」があることをご存知ですか? インドネシアの若者世代は、日本好きが多く、特に「マンガ」や「アニメ」に対する人...

「Singing Cosplayer Hikari」に対するインドネシア現地メディアの反響は?

1月1日にデビューしたばかりの「Singing Cosplayer Hikari」ですが、インドネシア現地ではメディアでも紹介されています。

いずれも「日本のカルチャーを紹介する」内容のメディアですが、例えば以下のとおりです。

PanPanPlay

“Singing Cosplayer Hikari Akan Debut Malam Tahun Baru 2021”

“Cover ‘A Cruel Angel’s Thesis’ Singing Cosplayer Hikari Disambut Hangat Fans di Seluruh Dunia!”

GwiGwi

“Debut Dunia Singing Cosplayer Hikari Sebagai Rei Ayanami dari Evangelion dari Jepang!”

GwiGwi.com – Pada 1 Januari 2021, tengah malam waktu Jepang, Singing Cosplayer Hikari memulai debutnya dengan memposting foto dan video di YouTube, Instagram, F...

“Singing Cosplayer Hikari telah merilis video cover ‘A Cruel Angel’s Thesis’ (Versi Jepang) di YouTube”

GwiGwi.com – Singing Cosplayer Hikari memulai debutnya di YouTube, Instagram, Facebook, TikTok dan Twitter pada Tahun Baru 2021. Debutnya mendapat reaksi yang l...

Nawala Karsa Indonesia (JNews.)

“Singing Cosplayer Hikari, Mulai Debut Perdana Sebagai Rei Ayanami!”

Hari ini (1/1), Singing Cosplayer Hikari dari Jepang resmi memulai debut! Pada kesempatan kali ini, ia ber-cosplay sebagai Rei Ayanami

Media Formasi

“Singing Cosplayer Hikari Debut Sebagai Rei Ayanami dan Nyanyikan Tema Evangelion!”

Sosok Singing Cosplayer Hikari lakukan debut cosplaynya sebagai Rei Ayanami dan menyanyikan lagu A Cruel Angel's Thesis dari Evangelion!

Lepas Jenuh​

“Singing Cosplayer Hikari Mulai Debut Miliknya!”

Ada kabar keren nih untuk para pecinta lagu Jepang karena Singing Cosplayer Hikari mulai debut lagunya! Singing Cosplayer Hikari adalah...

KAORI Nusantara

“Singing Cosplayer Hikari Merilis Video Cover ‘A Cruel Angel’s Thesis’”

Singing Cosplayer Hikari merilis video cover 'A Cruel Angel’s Thesis' versi Jepang setelah versi bahasa Inggrisnya sempat heboh sebelumnya.

Skyegrid Media

“Singing Cosplayer Hikari Rilis Video Cover A Cruel Angel’s Thesis”

Singing Cosplayer Hikari memulai debutnya di YouTube, Instagram, Facebook, TikTok dan Twitter pada tahun 2021 ini.

インドネシア語にもチャレンジした「Singing Cosplayer Hikari」

「Singing Cosplayer Hikari」は、まだデビューしたばかりの日本人コスプレシンガーです。

しかしインドネシアからの反響が大きかったためか、なんと「年始の挨拶」をインドネシア語でしゃべってみるというチャレンジをしています。

インドネシア語学習者の方が見れば、「えー、ダメダメでしょう?」と感じる人もいるかもしれません。

しかし「えー、ここまで頑張ってるんだ!もっと応援したい!」と感じる人もたくさんいます。コメント欄を見みてみると「えっ、インドネシア語しゃべってる!」「インドネシアのイベントにぜひ来て!」などの書き込みも寄せられています。

こうした反応をふまえると、今後「Singing Cosplayer Hikari」がインドネシアの人たちと交流を重ねることで、まだまだファンの獲得が期待できそうです。

「Singing Cosplayer Hikari」の反響はどこまで続く?

「Singing Cosplayer Hikari」の活動は、まだ始まったばかりです。

人気アニメやゲーム等のコスプレをしながら、関連曲のカバー歌動画をネット上にアップしていくというスタイルですが、それだけでもわずか10日で34万再生を記録しました。

この反響は、今後どこまで爆発するのでしょうか? バイラルの源泉とされる「インドネシアの若者のパワー」にも要注目です。

【参考】Singing Cosplayer Hikari のソーシャルメディア

SingingCosplayerHikari

参考までに「Singing Cosplayer Hikari」のソーシャルメディアのアカウントは以下のとおりです。

YouTube “Singing Cosplayer Hikari”

Facebook “Singing Cosplayer Hikari”

Instagram @singingcosplayerhikari

Twitter @SingCosHikari

TikTok @singingcosplayerhikari

【1/21追記】Singing Cosplayer Hikariのエヴァンゲリオン関連作品が取り下げへ

追記です。

本記事の冒頭で紹介した通り、Singing Cosplayer Hikariの「新世紀エヴァンゲリオン」関連の動画と写真について、1月23日の21時をもって取り下げになることが発表されました。詳細は以下のとおりです。

<<Important Notice>> Thank you very much for your support of Singing Cosplayer Hikari, and thank you for the many…

Singing Cosplayer Hikariさんの投稿 2021年1月21日木曜日

■インドネシアのニュースについては、個人のtwitterFacebookでも発信しています。ご関心のある方は、ぜひご登録ください。
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする