松林図屏風|長谷川等伯の国宝を「東京国立博物館」の国宝室で鑑賞!

シェアしていただけると嬉しいです!

年始の休日を使って、東京国立博物館の「国宝室」に行ってまいりました。
 
東京国立博物館の入口
【写真:東京国立博物館の入口】
 
この「国宝室」では、期間を区切って、入れ替わりで、「これは」という国宝が1点だけ展示されています。

この新春(2008年1月2日(水)〜1月14日(月・祝))の「国宝室」、展示されているのは、長谷川等伯の「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」です。
 

■2008年1月2日(水)〜1月14日(月・祝)
 新春「国宝室」:長谷川等伯「松林図屏風」




国宝「松林図屏風」とは?

長谷川等伯 松林図屏風

「松林図屏風」は、16世紀の安土桃山時代に制作された水墨画です。長谷川等伯筆が描いたもので「国宝」に指定されています。

「東京国立博物館」による解説のページは以下のとおりです。

東京国立博物館 – コレクション 名品ギャラリー 館蔵品一覧 松林図屏風(しょうりんずびょうぶ) 

国宝を通じて美や芸術に触れること

「どんなに仕事の忙しい人であっても、定期的に、あえて美や芸術に触れる機会をつくるべき」

これは、先日つけていたラジオで流れていた言葉なのですが、各界でご活躍の方々には、意外とこれを実践している方が多いようですね。

・ホンモノに触れることは、人生を豊かなものにする。
・そしてその副産物として、仕事にもプラスになってしまう。

私はそんな気がしています。
 
 
     □     □     □
 
 
展示物を見学するということで言えば、先月は、国宝の「鳥獣戯画」を見に行きました。「鳥獣戯画がやってきた!国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌」展というイベントです。
 
鳥獣人物戯画絵巻(甲巻)で有名な部分
【写真:鳥獣人物戯画絵巻(甲巻)で有名な部分】

その時の感想は以下のページにまとめてあります。

「鳥獣戯画がやってきた!国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌」展の感想!
国宝「鳥獣戯画」を、東京ミッドタウンにある「サントリー美術館」で鑑賞してきました。 「日本最古の漫画」 「日本のアニメの発祥点」 ...

国宝「松林図屏風」を知ることになったきっかけ

さて、私がなぜ「松林図屏風」を見に行くことになったのか、まずはそのきっかけです。

上記のブログでも書いたのですが、以前、京都の高台寺、園徳院住職である、後藤典生さんとお食事をご一緒させていただいたことがあります。

その際、いろいろなお話をうかがうことができたのですが、その一つに、長谷川等伯の「松林図屏風」があったのです。「展示される機会があれば、ぜひ見るように」と薦められました。

不思議なものですよね・・・。
それから数ヶ月も経ずして、出会えるだなんて。

あれから、それほど時期はたっていないのですが、こんなにすぐにホンモノとめぐりあえるとは、本当にありがたいものです。
 
中央に位置する本館。ここの2階に国宝室が
【写真:中央に位置する本館。ここの2階に国宝室が】
 
後藤さんいわく、「松林図屏風」は、「本来なら目に見えない風というものを、目に見える絵として描き起こせた傑作」とのこと。そしてそれは「ホンモノを生で見なければわからない」とのことでした。

行く前から楽しみなイベントでした。

お正月ムード漂う、本館内部
【写真:お正月ムード漂う、本館内部】
 
結論から言うと、「1月14日までです! ぜひ見てみて下さい!」です(笑)。
もう、釘付けの作品でしたよ!

「松林図屏風」を東京国立博物館「国宝室」で鑑賞した感想!

国宝室に入ると、そこには陳列されている唯一の作品である、「松林図屏風」が。
 
国宝室に鎮座する「松林図屏風」
【写真:国宝室に鎮座する「松林図屏風」】
 
遠くから眺めるなり、「おぉ・・・」という感じ。

わかりますかね?(笑)

圧倒されて近づけません。
「すげぇ!!!」
ただただ、そんな想いで、立ち尽くします。
 
 
     □     □     □
 
 
しばらくして、もっと近づきます。
これは水墨画です。絵です。使っているのは黒だけ。

なのに・・・、
早朝の自然を包む湿り気が、
だんだん感じられてくるではありませんか!

さわさわと、静けさの中でそよいでいく風が、
だんだん見えてくるではありませんか!
 
 
     □     □     □
 
 
自然の光景を細部にまで実に繊細きわまる作品。

そんな印象の「松林図屏風」ですが、
今度は近づいて・・・、
間近で見てみて、さらにびっくり。

実に繊細に描かれた作品だと思っていたら、
なんと、ものすごく荒々しい、思い切った筆遣いなのですよ。
このギャップには驚きました。
 
 
     □     □     □
 
 
いやぁ、すごい作品です。
どれだけ見ていても飽きないのですから・・・。

静かな海岸で、波を見ていて飽きることがないのと同様、
山頂から見る景色を見ていて飽きることがないのと同様、

この「松林図・屏風」を見ていると、同じような感覚がわきおこるのです・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
おそろしき魅力をもった、「松林図屏風」。
皆さん、機会のある方は、ぜひ見てください!

博物館って、結構、面白いですね・・・。
博物館めぐり、ハマりそうです。

■追伸:
 
東京国立博物館には、ミュージアムシアターがあって、現在は、以下が上映されています。魅力たっぷり、とても面白いものでした。これもおすすめです。
(受付で整理券を配っているので、お忘れなく)
 

■TNM&TOPPANミュージアムシアター
 「国宝 聖徳太子絵伝」

 

 
シアターの整理券はこちらで(なんと明治42年の建築だそうです!)
【写真:シアターの整理券はこちらで(なんと明治42年の建築だそうです!)】

【参考】京都・智積院にある「長谷川等伯」作品を見てみた感想!

京都の智積院の「収蔵庫」には、長谷川等伯や息子・久蔵の作品が展示されています。ここにある長谷川等伯の作品も見事ですよ!

長谷川等伯の障壁画(国宝)を智積院で鑑賞!これはすごい!
京都の智積院(ちしゃくいん)で、長谷川等伯の障壁画(国宝)を見てきました。なかでも「楓図」と息子・久蔵が描いた「桜図」は圧巻!「収蔵庫」の見学と鑑賞の感想をまとめました。生の「実物」の作品のパワーは強烈でした。

【参考】長谷川等伯の松林図屏風に関する書籍

「松林図屏風」については、第2回日経小説大賞受賞した以下の書籍が有名です。

松林図屏風

松林図屏風

萩 耿介
1,650円(09/25 17:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

また、長谷川等伯に関連する書籍としては、以下があります。

等伯 上下巻セット

等伯 上下巻セット

1,595円(09/25 17:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
もっと知りたい長谷川等伯 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい長谷川等伯 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

泰三, 黒田
1,980円(09/25 17:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする