1本250万円の「ヘネシーX.O マチュザレム」を飲んでみた (2)

シェアしていただけると嬉しいです!

ヘネシーが作るコニャックの新ブランド「ヘネシー X.O マチュザレム」(Hennessy X.O Mathusalem)をご存知ですか? なんと1本250万円もするのです。

今回のブログは「ヘネシーX.O マチュザレム」を飲んでみた! という、前回ブログ記事の続きです。試飲パーティーの様子をご紹介します。

1本250万円!!「ヘネシーX.O マチュザレム」を飲んでみた!! (1)
ヘネシーの新商品「X.O マチュザレム」(Hennessy X.O Mathusalem)をご存知ですか? とてつもない逸品。なんと、1ボト...




ヘネシーのコニャックとは?

ヘネシー XO 箱付き 40度 700ml [正規品]

ヘネシー XO 箱付き 40度 700ml [正規品]

19,140円(09/30 22:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

まず「コニャック」は、フランス西部のコニャック地方でつくられるブランデーですが、中でもヘネシーは、コニャックの3大ブランドの一つと言われています。

コニャックのシェアのうち、ヘネシーが占める割合は40%にもなるそうです。次のような種類が有名ですね。

・ヘネシーV.S (Very Special)
・ヘネシーV.S.O.P (Very Surperior Old Pale)
・ヘネシーX.O (Extra Old)
・ヘネシーパラディー
・ヘネシー パラディ インペリアル
・リシャール ヘネシー

ヘネシー X.O マチュザレムの試飲パーティー!

前回ブログで紹介した「ヘネシー X.O マチュザレム」は、ヘネシーが打ち出した限定版のコニャックです。今回ブログでは、試飲パーティーの様子をご紹介します。

というわけで、パーティー会場に入ってしばらく談笑していると、ついに始まりました!
 
ヘネシーをもって登場したモデルさん
【写真:ヘネシーをもって登場したモデルさん】
 
ファッションショーのような展開で始まったステージショー。
 
ヘネシーをもって登場したモデルさん(その2)
【写真:ヘネシーをもって登場したモデルさん(その2)】
 
そして、とうとう、出てきました。
250万円の巨大ヘネシー!
 
これがヘネシーX.O マチュザレムのボトル。6リットルです。大きさに注目あれ
【写真:これがヘネシーX.O マチュザレムのボトル。6リットルです。大きさに注目あれ】

ルイ・ヴィトンが作った(たぶん)「ヘネシーX.O マチュザレム」特製のケースに包まれたコニャック。
 
マチュザレムのためだけに作られた、贅沢な特製ケース。右の男性の背中でサイズの大きさがわかりますよね
【写真:マチュザレムのためだけに作られた、贅沢な特製ケース。右の男性の背中でサイズの大きさがわかりますよね】
 
ケースとセットで250万円!
6リットル!
 
ケースをあけると・・・
【写真:ケースをあけると・・・】
 
ちなみに、商品名「ヘネシーX.O マチュザレム」にある「マチュザレム」とは、ヘネシー社のお酒に限らず、一般的に6リットルボトルのことを言います。

たしかに、それだけたくさん入っていれば高いよな・・・とも思ったのですが、6リットルで250万円ということは、単純に割ると、1リットルで約40万円。

500ミリリットルで20万円。
つまり、50ミリリットルで、なんと2万円になります!

ちなみに、通常の「Hennessy X.O」は1万円台です。

ヘネシー XO 箱付き 40度 700ml [正規品]

ヘネシー XO 箱付き 40度 700ml [正規品]

19,140円(09/30 22:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

すごいお酒です。こんなに高いお酒は、飲んだことがありません。

こんなお酒は飲めないだろうな・・・と思いつつ、でもパーティーだから、ちょこっとくらい舐めさせてもらえるかも・・・と思いつつ、なんと! お代わり自由、何杯でも飲めるという空間に大変身!
 
マチュザレムを注いでくれた方。上品で独特な雰囲気があります。
【写真:マチュザレムを注いでくれた方。上品で独特な雰囲気があります。】
 
特別なツール(名称がわかりません・・・)で注ぎいれます
【写真:特別なツール(名称がわかりません・・・)で注ぎいれます】

ヘネシー X.O マチュザレムの味わいは、伝説に近いまろやかさ

ヘネシー X.O マチュザレム
 
さっそくいただきました。
 
飲んでみて・・・、もう無言でした。先ほどいただいたヘネシーのペリエ割りにも脱帽しましたが、今回いただいたヘネシーは、もう伝説に近いほどのまろやかさ。

世の中に、こんなお酒があったのか!

そんな思いすら抱くほど。とても濃い、そして強いお酒でありながら、なんとも言えない不思議なまろやかさがあり、濃いのに、飲んでも、苦しくない・・・。

「なんじゃ、こりゃ!」と、しばらく本当に無言になってしまいました。

一緒に招待いただき、同席させてもらった妻は、こんな表現をしていました。

コク、キレ、トロみ、辛さ、甘さ、香り 全てを備えているのに、
次の瞬間、幻のごとく消えてしまう。。。
なのに、その幻影を追いかけるかのように、
口の中にはそのまろやかさ、先ほどまで、
確かに「それ」がそこに「存在した」という
実感はしっかりと残るのだ。 不思議な感覚!

 
言いえて妙。確かに「それ」がそこに「存在した」という表現がぴったりくるような、特有の不思議さがあったのです。この世界、本当にいろいろなものがあるものです・・・。

コニャックの世界は奥深い!もっと気軽に飲んでみよう!

こんなにおいしいお酒、日常で味わえるはずがないのですが、それにしても、今までコニャックを敬遠していた自分が、とても恥ずかしくなりました。

もっともっと、コニャックを飲んでみたい!
(さすがに250万円のマチュザレムは無理ですが・・・)

すごいものを飲んでしまいました・・・
【写真:すごいものを飲んでしまいました・・・】
 
食わず嫌いは、本当に人生の損です。幅広い体験こそが、楽しい人生を形作るのだろうなと、改めて実感させられたのでした

【さらに明日につづく】

1本250万円の「ヘネシーX.O マチュザレム」を飲んでみた (3)
ヘネシーが作るコニャックの新ブランド「ヘネシー X.O マチュザレム」(Hennessy X.O Mathusalem)をご存知ですか? な...
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする