五輪真弓の名曲「心の友」インドネシアで爆発的に浸透した背景を探る

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアで有名な日本人歌手の一人、それが五輪真弓さん。そして、インドネシアの人なら誰もが知っていると言っても言い過ぎでないほどの名曲。それが、五輪真弓さんの「心の友」です。

日本ではそれほど有名ではない曲かもしれませんが、インドネシアでは、もう超に超がつくほど有名な存在。歌える人もたくさん・・・。

現地の人の中には、「日本人なら、みんなが知っている歌なんだよね?」と、率先して日本人に向かって歌いかけてくる人もいるくらいです。「心の友」は、なぜインドネシアでそれほどまでに浸透しているのでしょうか?




五輪真弓の「心の友」がインドネシアでヒットしたきっかけ

そもそも「心の友」がインドネシアで広く知られている背景には何があったのでしょうか。調べたところ、次のような話が紹介されていました。

発端は、あるインドネシアのラジオ関係者です。1982年に来日。ちょうどその時に開催された、五輪真弓のコンサートに参加したそうです。

コンサートで感銘を受けたのが「心の友」。翌年、1983年にインドネシアのラジオ番組で紹介したところ、そこから次第に人気が出て、インドネシアでも流行するようになったといいます。

インドネシアでは今でも「心の友」が有名で、日本からの観光客を見つけると、「Kokoro no Tomo! Kokoro no Tomo!」と呼びかける人もいるほどです。

口ずさんで歌えるというインドネシア人は多く、これだけの浸透度にはインドネシアで生活する私自身も驚いています・・・。

日本では当初はあまりヒットしなかったようですが、インドネシアでの大きな反響がきっかけになったのか、1987年(昭和62年)の「第38回NHK紅白歌合戦」では、五輪真弓さんは「心の友」を歌っています。

インドネシアで製作中のドキュメンタリー番組「真弓が愛するインドネシア」とは?

そんな名曲「心の友」。
なぜそれほどまでにインドネシアに浸透したのか?

その背景を探るドキュメンタリー番組が、現在インドネシアで製作中であるとのニュースを見つけました。
 

「心の友」の背景探る ドキュメンタリーを製作 「愛してる」のDNA | じゃかるた新聞

インドネシア国民の大半が知っている五輪真弓さんの曲「心の友」。そこまで広まった理由は? インドネシアのDNAプロダクションが「心の友」が人々に浸透していった背景を深く掘り下げるドキュメンタリー番組「MAYUMI LOVES INDONESIA(真弓が愛するインドネシア)」(仮題)の製作準備を進めている。

これは楽しみですね・・・。

実は私も「心の友」は、インドネシアで知りました。インドネシアを訪れる日本人の多くが、「なぜインドネシアでは、そんなに有名なの?」と首を傾げるくらいの曲です。

インドネシア好きな日本人の多くも、きっとこのドキュメンタリー番組には興味津々ではないでしょうか。

五輪真弓自身も「インドネシアで大人気」を不思議に感じている!!

五輪真弓さんは、1972年にアルバム『五輪真弓/少女』、シングル『少女』の同時発売でデビューした、シンガーソングライターです。

五輪真弓さんの公式サイトを見ると、「五輪真弓20周年インタビュー」というページがあります。インドネシアで「心の友」が浸透していることについては、五輪真弓さん自身も不思議に思っているそうで、こんなコメントがありました。

五輪真弓オフィシャルサイト インタビュー フランス、パルコ、「恋人よ」

Q:インドネシアにも行きましたね。
A:ええ、ジャカルタ。あれは産後すぐで。私が休業中に起こった現象で。行ってもいないのに有名になっちゃったんです。今度は「心の友」で。

Q:向こうの子があなたを指さして……
A:私が街を歩いていると、「コッコロノトモ」。税関行っても「コッコロノトモ」(笑)。日本語なのに、どうしてあれほどヒットしたのか、いまだにわからないですけどね。

「じゃかるた新聞」による報道では、以下のように紹介されています。

「心の友」の背景探る ドキュメンタリーを製作 「愛してる」のDNA | じゃかるた新聞

DNAプロダクションのリナ・ノフィタさんによると、五輪さんの「心の友」が広まったのは1983年。インドネシア国内の若者向けラジオ局が流したことがきっかけで一躍人気の曲となった。現在は、曲を知っている人は多いが、歌詞の意味を知っている人は少ないという。

撮影では、ラジオ局に「心の友」を紹介した人物や五輪真弓さん本人にインタビューし、独自調査をまとめて番組にする予定だ。

今回の番組については「『心の友』という曲そのものが、日イをつなぐ親善大使的な役割を果たしている。歌詞をよく理解してもらえるドキュメンタリー番組を作り、インドネシアの人々に曲をより身近に感じてもらえれば」とリナさんは意気込みを語った。

 
五輪さん自身がインタビューで「どうしてあれほどヒットしたのか、いまだにわからない」と、そんなふうにコメントされるくらいなので・・・、

今回のドキュメンタリー番組、きっと五輪さんご本人にとっても、興味深く、また意義深い作品になりそうです。

Youtubeの「心の友」は、すごい閲覧回数に!!

ちなみに、「心の友」は、Youtubeでも閲覧できます。

インドネシアの皆さん向けにアップロードされているものですが、なんとびっくり、この映像。2007/03/01 にアップロードされてから、すでに270万回近く再生されています!

インドネシアでは、「心の友」が歌えない人でも、「KOKORO NO TOMO」といえば、「その言葉、聞いたことがある!」という反応を見せるケースが多いです。

また、日本を紹介するテレビ番組の一つ、「KOKORO no Tomo TV」も、とても有名です。

A TV series, and the largest Japan-related video source in Indonesia.

気になってyoutube検索をするインドネシアの人たちも少なくないのかもしれません。とにもかくにもドキュメンタリー番組の完成が楽しみです。

心の友(五輪真弓ライブ~心の友~)

心の友(五輪真弓ライブ~心の友~)

250円(10/16 09:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

なお、インドネシアで人気の歌という意味では、こちらのブログ記事もどうぞ。

インドネシアで人気のKiroro「未来へ」ジャワ語バージョンは盗作?
日本の女性2人組音楽グループで有名な「Kiroro」。 インドネシアでも有名で、特に「未来へ」は人気です。本当に人気で、レストランやカ...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする