キャビンアテンダントの制服の歴史|ガルーダ・インドネシア航空

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアの首都、ジャカルタにある「スカルノ・ハッタ国際航空」第3ターミナル。

いまちょうど「ガルーダ・インドネシア航空」のラウンジで飛行機を待っているところです。空港の国際線ラウンジを利用される方には、ぜひチェックしてほしいのが、こちら。

ずばり、ガルーダ・インドネシア航空の客室乗務員(キャビンアテンダント)の「制服」の歴史です。「ビンテージ・ユニフォーム」と呼ばれることもありますが、これ、なかなか興味深いのです。




ラウンジに展示されている、客室乗務員の制服の歴史

ラウンジの入口の手前のところに専用コーナーが設置されています。ラウンジに用事がある人しか通らない通路にあるので、意外と知られていないのではないかな・・・と思い、ブログで紹介することにしました。

1949年から現在までの歴史が、ほぼ原寸大のようなサイズで壁に貼られています。横幅サイズにして、20メートルくらいあるのではないでしょうか? ガルーダ・インドネシア航空で利用されてきた、客室乗務員の制服の歴史です。これ、なかなか圧巻ですよ。

ガルーダ・インドネシア航空のロゴも昔は違っていた

Stewardesses Garuda Indonesia

昔の「会社ロゴ」も含めて掲示されています。1985年まではオレンジ色のロゴだったこと、ご存知ですか? これ、意外と知られていないんですよね。ジャカルタ駐在歴が数年間という人に話すと「へぇ!!」って驚かれることが何回かありました。

ガルーダ・インドネシア航空、キャビンアテンダントの制服の歴史は?

では、現在から過去に向かって、どうぞご覧ください。

2009年7月21日から現在まで利用された制服

2009年といえば、第6代目のスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領の2期目が始まる年。この制服の変更には、何があったのでしょうか・・・。気になる。

1985年3月30日から2009年7月22日まで利用された制服

1970年から1985年3月29日まで利用された制服

ちなみに、初代大統領スカルノは1965年の「9月30日事件」で失脚し、第2代目のスハルトが大統領に就任したのが、1967年。1970年からの制服刷新と、会社ロゴの変更には、このあたりの歴史も影響していそうですね。

1949年から1969年まで利用された制服

というわけで、いかがでしょう? 今のガルーダの印象からすれば、昔のガルーダの印象、全然違いますよね?

写真なので、うまく伝わらないかもしれません。でも興味のある人はぜひ実際に見てほしいなと。きっと「へぇ・・・」って想いにとらわれるはず。

キャビンアテンダントの制服の歴史は奥深い!!

stewardesses Garuda indonesia

客室乗務員の「制服」は、その国の文化や伝統が反映されているもの。見るだけでも「どうしてそうなったのか?」と興味をそそられるものですが、同じ国の制服でも、時代をふりかえってみると意外な変遷があって、「どうしてこう変えたんだろう?」って気になってしまいます。

もしかして私だけですかね?

こういう歴史って見れば見るほど「奥深いな・・・」と思うんですが、皆さんどうでしょう?

ちなみに、ジャカルタにある「スカルノ・ハッタ国際航空」第3ターミナルにある「ガルーダ・インドネシア航空」のラウンジの場所はこちらです。

昔の機体で飛行する「ビンデージ・フライト」も

Garuda Indonesia Colours inflight magazine 2016 November, cockpit and cabin crew uniforms

なおガルーダ・インドネシア航空では、当時の機体デザインで飛行する「ビンテージ・フライト」を開催することがあります。インドネシアの飛行場に行くと、昔の機体デザインの塗装が施されたガルーダの機体を見つけることがあります。

話を聞くところによれば、ビンデージフライトの際には、キャビンアテンダントも当時の制服「ビンテージ・ユニフォーム」で搭乗することがあるようです。興味のある方は、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

■参考:キャビンアテンダントの話題に興味のある方? は、こちらも、どうぞ。

ベトジェットエア|インドネシア便の検討で波紋をよぶCAの制服問題
「ベトナム」と「インドネシア」が、またさらに近くなりそうです。 インドネシアの複数の現地メディアによれば、ベトナムの格安航空会社「ベト...
第二外国語の効果的な勉強法|飛行機のキャビンアテンダントを攻略する!
インドネシアをメインに生活している私。1年に何度か、日本に一時帰国しています。飛行機に乗って日本へ行く時、なぜかいつもキャビンアテンダントか...

■参考:ジャカルタの「スカルノハッタ空港」第3ターミナル関連のブログ記事です。こちらも、どうぞ。

ジャカルタの空港第3ターミナル|飛行機待ちで寿司を食べてみたよ!
インドネシアの首都ジャカルタにある「スカルノハッタ空港」第3ターミナル。2016年に開港したばかりの新しい空港で、国際線向けに開放されたのも...
ジャカルタの空港第3ターミナル|ビールを飲んで飛行機を待つなら「Djournal Coffee Bar」がオススメ!
ビール好きの皆さん。インドネシアの出張に際し「ジャカルタの空港のターミナルでビールが飲めないかな・・・」と、ビールが飲めるお店を探していませ...
スカイトレイン|ジャカルタの空港、ターミナル移動に便利な無人運転車両!
ジャカルタのスカルノハッタ国際空港で、ターミナル間移動のための無人運転車両、「スカイトレイン」(Skytrain)が、ついに運行開始です。こ...
ジャカルタ空港第3ターミナル|荷物受取のバゲージクレームが先進的でびっくり!
インドネシアの首都ジャカルタにある「スカルノハッタ空港」第3ターミナル。荷物受取のターンテーブル「バゲージクレーム」にびっくり!こんな先進的なシステムがあるのかと衝撃を受けました。日本にもあるのでしょうか?写真とともにご紹介します。
ジャカルタの空港第3ターミナルのラウンジは、実に心地よい!
ジャカルタ「スカルノハッタ空港」第3ターミナルのラウンジを紹介します。おいしい食べ物やドリンクが味わえて、しかもお酒まで!ビジネスクラスやファーストクラスでなくてもマイレージで利用できるケースもあります。写真もご覧ください。
ジャカルタの空港「第3ターミナル」のタクシー乗り場はチケット制で便利!
今回ご紹介するのは、インドネシアの首都ジャカルタにあるスカルノハッタ空港、第3ターミナルのタクシー乗り場です。 ジャカルタの国際空港で...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする