ジャガーオーナーのオフ会イベント|JDOCお台場ミーティングを見学!!

シェアしていただけると嬉しいです!

「JAGUAR & Daimler オーナーズクラブ(略称JDOC)」さんが主催する、「第32回JDOCお台場ミーティング」に参加してまいりました。

ジャガーとデイムラーのオーナーさん、そしてジャガーやデイムラーなどが好きだという人たちが集まっての2ヶ月に1回のオフ会です。オーナーやマニアが集まって、定期的に何をしているんだろう? って、気になりませんか?

オーナーで集う第32回JDOCお台場ミーティング
【写真:オーナーで集う第32回JDOCお台場ミーティングにて】




「JAGUAR & Daimler オーナーズクラブ」とは?

166 Jaguar XJ40 Sovreign (1991)

このオフ会を開催されている「JAGUAR & Daimler オーナーズクラブ」は、もともと2000年8月に発足された「JAGUAR & Daimler XJ40オーナーズクラブ(略称XJ40OC)」が母体となっています。

JAGUARの「TYPE XJ40」のオーナーが集まって、車の維持やメンテナンスに関する情報を共有し、より長くリーズナブルに所有し続けることが目的だったと言われています。上の写真のモデルが、JAGUARの「TYPE XJ40」です。

その後、2001年8月になると、「TYPE XJ40」以外のジャガーオーナーにも門戸を開くことになります。

会場は東京・お台場の「船の科学館」!!

今回参加させていただいた「JAGUAR & Daimler オーナーズクラブ」のオフ会ですが、場所は東京・お台場の「船の科学館」でした。

「船の科学館」に到着してみると、駐車場にはたくさんのジャガーが並べられていました。ジャガーばかりで集っている姿は、見るだけでも圧巻でした・・・。

ジャガー・XJSシリーズ

ジャガーは本当に美しい車です。

最近のジャガーには、それほど魅力を感じないのですが(最近の車に魅力が感じられないのは、どのメーカーも同じ・・・)、特に、1975年から1996年まで生産された「XJS」シリーズは、私にとって、まさに憧れの車でした。

まさに流麗とはこのことで、本当に美しい車です。
 
ワインレッド ジャガー XJS オープン
【写真:手前ワインレッドはXJSのオープン仕様。写真に撮っていませんがエンジンルームもきれいなんですよ】
 
これだけ美しい車を、日本のメーカーが打ち出すことは、きっともう無いでしょう。

ジャガーのオーナーでなくても参加できる!!

と言っても、私はジャガーオーナーではなく、純粋に、ジャガーのファンとして、知人に誘われてやってきました。
「オーナーでなくても、ぜひ!」と。

集まったジャガーの台数は、全部で30台超でしょうか。
駐車場にジャガーばかりがズラズラと並んでいる姿は圧巻です・・・。

さすがに最近のモデルが多いですが、あの美しかったモデルたちが勢ぞろいしていたら、もうそれこそ、すごい風景だったろうなぁとも思いました。

ジャガー・Eタイプ

いろいろなジャガーが並びましたが、中でも注目を引いたのがこちら。
ジャガー・Eタイプ。
 
ジャガー・Eタイプ シューティングブレイク
【写真:美しさの極み、ジャガー・Eタイプ(右隣は後述するシューティングブレイク)】
 
もう、本当に美しい・・・。
1975年まで販売されたオープンカー。

これだけデザイン性のある車が生産されることは、もう無いでしょう。
ため息の出るようなデザインです。

ジャガー・Mk1/Mk2

そしてもう一台。ジャガー・Mk1/Mk2 です。

(内装が美しかったので、ひょっとしたらデイムラーかもしれません私自身、素人なもので、判別がつかず)

1955年から1967年まで生産された車。これまた美しい・・・。
 
ジャガー Mk1 Mk2
【写真:いかにも60年代。ジャガー・Mk1/Mk2(?)】

ジャガー・シューティングブレイク

さらに、レアモノとしては(すみません、ここまでくると、マニアックでしょうか・・・)、先程のジャガーEタイプの右隣にあるモデル。

ジャガーのクーペモデルをワゴンに作り変えたという、通称「シューティングブレイク」。これは、かなり珍しいはずです。
 
ワゴン ジャガー シューティングブレイク
【写真:わかりにくいですが、手前2台目のワゴンがシューティングブレイク】
 
私もこのモデルは、今までに1度しか見たことがありません。通常の2ドアクーペのリア部分を延長!して、ステーションワゴンに仕立て上げた特注モデル。

なんと、シューティングブレイクという名前だけあって、猟銃や、猟犬を乗せることを目的として、改造されたモデルなのです!
(リンクス・エンジニアリングという会社が作ったものだそうです)

ちなみにこんなサイトもありました。マニアな方、いらっしゃるんですね・・・。

■ shooting-brake.com
  http://www.shooting-brake.com
 This site is dedicated to the Shooting Brake, the sports estate car and to related prototypes an showcars.
 

クラシックカーの魅力とは?

ジャガー クラシックカー 海

これ以上書くと、マニアック度全開になるので、このあたりでやめておきます。

しかし、どうしてこれだけ美しいモデルを国産メーカーは創れないのでしょうか? 近年は、あこがれるような車が、本当に少なくなりました。最近の車で強いて挙げれば、日本人デザイナーが制作した、最新のフェラーリやマセラッティくらいでしょうかね・・・。

古い車を拝見するにつれ、つくづく思うのは、昔の人は、すごかったんだなぁということ。経済合理性と安全性の名の下に、いろいろなものを切り捨ててきた、そのツケが、まわりまわって今に至っているようにすら感じてしまいます。

「人は何かを得る時に、その分、何かを失っているのだ」という言葉は、まさに同感です。

強烈な存在感を打ち出した「ジャガーMK2」の広告

s1

見て下さい。これは先ほど紹介した「ジャガーMK2」の広告です。

「わたしは誰にも似ていない」

なんという強烈なコピーでしょうか。圧倒的な存在感には脱帽です。こうした存在感があってこその「魅力」であり、「憧れ」なんですよね。

「憧れの車」が意味するものとは?

ジャガー クラシックカー

昔の人には「憧れの車」というものがあったのに、今の人には「憧れの車」というものが存在しません。あっても、それほどのインパクトではないでしょう。

さらに言えば、「憧れの車」を原動力とする営みもありました。今は、それすらも無いのです。
 
ジャガー以外にもイタリアの名車など、ゾロゾロと集結
【写真:ジャガー以外にもイタリアの名車など、ゾロゾロと集結】
 
巷間いわれる若年世代のバイタリティー不足・・・。もしそれが真実だとしたら、憧れの欠如からくるところも少なくないのかもしれません。意思の欠如なのか、対象の欠如なのか・・・。それは、「車」だけでなく「ヒト」も?

古きよきジャガーを見つめてみて、改めて、そんなことを思ったりもするのです。
(そして、原油価格の高騰が、それにさらなる拍車をかけますね)

「憧れの車」に近寄ってみよう!!

ジャガー クラシックカー

歴史、芸術。つくづく偉大です。エコが叫ばれる昨今・・・。
でも、完全に切り捨ててはいけない大事な領域が、ここにはあるように思うのです。
 
オーナーの方々の熱い語り合いは止まりませんでした
【写真:オーナーの方々の熱い語り合いは止まりませんでした】
 
・古きよき車。
・車そのものでなくても、その哲学を。

その魅力、もう一度見つめなおしてみる価値、多いにあると思うのですよね・・。そんな人たちとの語り合い。それが、オフ会の一つの意義ではないかと。

今回のオフ会に集まられた皆さんの活き活きとした姿、人生に対するポジティブな姿、そんな光景を拝見して、素直にそんなことを思った次第です。 

【参考】世界最高峰の名車と、日本最高峰の名車に近寄ってみた

こちらの記事も、ぜひどうぞ。

ロールス・ロイスを試乗体験|運転席で自分で運転すべき車!気分最高!
ロールス・ロイスを自分で運転・試乗してみました。成金趣味ではなく、職人魂あふれる実に美しいホンモノの工芸品でした。まさに自分で運転すべきドライバーズカーです。数々のクラシックロールスが堪能できる「ワクイミュージアム」もご紹介します。
ロールス所有オーナーが集結!ロールス・ロイス&ベントレーDAYとは?
ロールス・ロイスとベントレーのオーナーとファンが集まる年に1度のオフ会イベント「ロールス・ロイス&ベントレーDAY2007」の様子をご紹介します。横浜赤レンガ倉庫に集結した美しい車の数々をご覧ください。
トヨタが誇る日本の名車「センチュリー」に乗ってみた
トヨタが誇る日本の名車「センチュリー」に乗ってみたことはありますか? 「世界一の名車」といえば、ロールス・ロイスが有名ですが、「日本一...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする