石原慎太郎さん逝去|破天荒に生きる魅力を教えてくれた思い出

シェアしていただけると嬉しいです!

むかし、築地吉兆の食事会で石原慎太郎さんがいらして。

私を見るだに「ずいぶん若い社長もいるもんだなぁ・・・」って。
ニコニコした表情が、いまだに記憶にあって。

かつて、際コーポレーションの中島社長が教えてくださったフレンチの名店、アピシウス。「ここに行くとね、ホンモノというものが学べますよ」って。

行ってみたら本当に素敵な場所で、深い哲学も感じられて。それこそ言葉にならなくて。小山薫堂さんが「大人のディズニーランド」と評したグランメゾン。

ここのオーナーは、さぞかし趣味に遊びに破天荒な人なんだろうなと。でもスタッフに聞いても誰だか教えてくれなくて。

ある時、石原慎太郎さんの「オンリー・イエスタディ」を読んだ。約40名の破天荒な人物を描いた本。その中に「あれ? これって、もしかしてアピシウスのオーナーの話なんじゃない? 」って思える部分があって。

またアピシウスに行って、スタッフに「もしかして・・・」と言ってみたら、話をにごされつつも「あっ! お読みになられたんですね!」って驚かれたのを思い出す。素敵なオーナーの人物伝。石原慎太郎さんから教わった。

「あとがき」に、こうある。

時代時代にその社会に生きる人間の資質も変わってこようが、この現代という時代はかつてに比べいかにも豊饒で平和なものだが、それ故にかつての時代に比べより優れた資質の人材を生み出しているとはとても思えない。

過剰な情報の氾濫はかえって人間たちの情念感性を摩滅させ、画一的な人間の配置をしかもたらさないような気がする。つまり癖のある人間がいかにも少なくなってしまった、他が何だろうが俺が俺がという人間が。

石原慎太郎さん逝去、89歳。ご冥福をお祈りします。

■日本経済新聞:石原慎太郎氏が死去 89歳、東京都知事や運輸相歴任

東京都知事や運輸相(当時)などを務めた作家の石原慎太郎(いしはら・しんたろう)氏が1日、東京都内の自宅で死去した。89歳だった。告別式は近親者で行う。一橋大在学中の1955年、享楽的な青春群像を描いた「太陽の季節」で文壇にデビュー、芥川賞を受賞し「太陽族」の流行語を生んだ。作品は映画化され、弟の石原裕次郎さんが俳優デビ...

■『オンリー・イエスタディ』レビュー|石原慎太郎と強く激しく生きた男たちの物語

『オンリー・イエスタディ』レビュー|石原慎太郎と強く激しく生きた男たちの物語
『オンリー・イエスタディ』 (石原 慎太郎 著、幻冬舎(2008年1月25日発行)  → アマゾンで購入する!   ■簡単な内...

■フレンチの名店「アピシウス」の魅力|本物を知る大人のテーマパーク

フレンチの名店「アピシウス」の魅力|本物を知る大人のテーマパーク
1983年に誕生したフレンチの名店「アピシウス」。フレンチに興味がある人はもちろん、フレンチに興味がなくても「ホンモノを体験したい!」という...

この写真は日本経済新聞の記事から。運輸大臣の時だそう。とても良い写真!

石原慎太郎 日本経済新聞

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする