インドネシア独立戦争を戦った最後の残留日本兵、小野盛さんから学ぶこと

シェアしていただけると嬉しいです!

今日8月17日はインドネシアの独立記念日です。

第2次大戦が終結しても日本への帰還を拒み、そのままインドネシアに住み着いた「残留日本兵」の数は約2,000人。対オランダ独立戦争に参加されるわけですが、約1,000人が命を落としたと言われます。

そんな「残留元日本兵」の最後の生き残りが小野盛(さかり)さんです。私のインドネシアの住まいとご近所だったので、2〜3回ほど、お目にかかりました。

その時の思い出とともに、小野盛さんからメッセージを考えてみたいと思います。




インドネシア残留日本兵、小野盛さんが大事にし続けた「闘争精神」

インドネシア残留日本兵 小野盛さん ラフマット小野

【写真:94歳とは思えない程、たくさんの話を聞かせてくれた小野盛さんと】

かつて私はインドネシアの東ジャワに住んでいて、小野盛さんのお住まいから近い距離にありました。

小野盛さんは、私に語ってくれました。

今の若いインドネシアの皆さんは、日本語で何と言いますか、メンタル・ブルジュアガンが足りない気がしますな、当時の彼らと比べますと。

小野盛さんは日本語を忘れがちで、会話でも頻繁にインドネシア語が登場するのですが、メンタル・ブルジュアガンとは「闘争精神」のこと。

日本語を思い出せないことに苦渋の表情をされながら、「渡邉さんは、メンタル・ブルジュアガン、わかりますか?」と。

「はい、インドネシア語で闘争精神という意味ですよね」と答えると、ふと安心した表情になって、話を続けてくれました。

小野盛さんがインドネシア独立戦争から得た教訓とは?

東ジャワ・マランにある「日本人慰霊碑」

【写真:日本語で書かれた日本人慰霊碑(東ジャワ州のマランにて)】

小野盛さんは言いました。

日本語で、「無鉄砲」という言葉がありますな。私は独立戦争でインドネシアの若者を見て、もうなんとも言えない気持ちになりました。

まさに武器をもたず、素手で敵陣に向かって突き進むんです。あぁ、これがまさに無鉄砲という意味なのかと。これはちゃんと彼らに戦い方を教えなきゃいかんと思いましたですね。

そしてまた、こんな話もしてくれました。

インドネシアは、だんだん豊かになってきて、いろんな点で、まさにこれからスタートしたという感じですね。私はこれからのインドネシアがとても楽しみです。

でも、一部のインドネシアの人たちが、だんだん贅沢を覚えましたでしょう? 贅沢を覚えますとね。人間はダメなんです。

この時、私は、これはおそらく小野盛さんが残したい心からのメッセージなのではないかと感じました。

「メンタル・ブルジュアガンを忘れてはいけない」
「闘争精神を忘れてはいけない」

それはインドネシアの若者だけでなく、日本の若者に対してのメッセージでもあるように感じられます。

小野盛さんの「インドネシア残留」という人生決断の意味

小野盛 残留日本兵 書籍「残留日本兵の真実」
【写真:小野盛さんの足跡を丁寧に追うことから残留日本兵を問題を考察した書籍「残留日本兵の真実」】

小野盛さんは私に言いました。

インドネシアの将来は非常に楽しみです。しかし日本の将来は大丈夫でしょうか。本当に心配です。

以前、女優のかたせ梨乃さんが、小野盛さんにこんな質問をされました。

「インドネシアに残って良かった事って何ですか?」

小野盛さんは言いました。

良かったも悪かったも、そういう感情は無いですな。悲しみとか残念とか、そういう気持ちはありませんね。これは運命だという風に心得ています。

これは、本当に深いと思いました。

日本のテレビ番組「世界の村で発見!こんなところに日本人」で、2014年1月に放送されたもので、以下が映像です。

インドネシア残留日本兵、小野盛さんから現代人が学ぶこと

ちょっとした出来事に一喜一憂するのではなく、「これは幸せだ」と有頂天になることもなく、「これは不幸だ」と過度に落ち込んだり他を責めたりするのでもなく・・・。

メンタル・ブルジュアガンの気持ちをもって、与えられた一日また一日を、真剣に生ききること。その積み重ねでしかないのだと。

小野盛さんは、インドネシアの独立に資するだけでなく、人間としての幸せな独立をも達成された人物なのだろうと推察します。

小野盛さんは亡くなりました。しかし、小野盛さんの朴訥とした真摯な語り口は、今でも忘れることができません。

小野盛さんがインドネシアに残留して得た人生哲学

東ジャワのバトゥ(Batu)
【地図:小野盛さんが余生を過ごした東ジャワ州のバトゥ】

齢95で、左腕も失い、視力も失った小野盛さん。それでいて、何とも言えないにこやかな表情を浮かべる小野盛さんは、それこそ仏様のようですらありました。

今でも時折、小野盛さんの娘さんが私の投稿に「いいね」をしてくれます。その度に、小野盛さんから「ちゃんと頑張ってるか? メンタル・ブルジュアガンの気持ちをもって生きているか?」と応援してくれているような気持ちになります。

いい人生とか、悪い人生とか、そういうのは無いんです。ただそこに、一つの人生があるということなんです。

小野盛さんに出会えたことの幸福を、改めて痛感させられる8月17日です。

【参考】2022年ジャカルタに「残留日本兵資料館」オープンの動き

インドネシアでは2022年オープンを目指して「残留日本兵資料館」の開設が模索されています。関係者の写真や手紙、証言映像などがデジタル化されて展示される予定のようです。

 第二次世界大戦時にインドネシアに駐留し、敗戦後も独立戦争を戦った残留日本兵の子孫らで組織した「福祉友の会」は9日、南ジャカルタ・テベットにある同会事務所で、残留日本兵の軌跡を記録…

【参考】インドネシア残留日本兵を考える書籍

インドネシア残留日本兵を知るための書籍としては、以下がオススメです。

残留日本兵の真実―インドネシア独立戦争を戦った男たちの記録

残留日本兵の真実―インドネシア独立戦争を戦った男たちの記録

林 英一
3,520円(09/17 07:49時点)
Amazonの情報を掲載しています
残留日本兵 アジアに生きた一万人の戦後 (中公新書)

残留日本兵 アジアに生きた一万人の戦後 (中公新書)

林英一
946円(09/17 09:01時点)
発売日: 2012/07/25
Amazonの情報を掲載しています

【参考】インドネシア残留日本兵に関するブログ記事

「インドネシア残留日本兵」や「インドネシア独立」に関連するブログ記事です。こちらもどうぞ。

インドネシア残留日本兵|最後の生き残り、小野盛さんに会ってみた。
「インドネシア残留日本兵」の最後の生き残り。今年で95歳を迎える小野盛(おの・さかり)さん、インドネシア名:ラフマット小野)のお宅にお邪魔す...
インドネシア残留日本兵|小野盛さんとインドネシア語で会話してみた。
今日は、「インドネシア残留日本兵」の最後の生き残り、今年で95歳を迎える小野盛(おの・さかり)さんのお宅にお邪魔しました。インドネシア名は、...
インドネシア残留日本兵|小野盛が死の8ヶ月前に語った期待と伝言
今の若い皆さんは、日本語で何と言いますか、メンタル・ブルジュアガンが足りない気がしますな、当時の彼らと比べますと。 そう私に語ってくれ...
写真集『インドネシア残留元日本兵』独立の英雄110名の姿が語るもの
「インドネシア残留日本兵」。 第二次大戦をインドネシアで戦った後、戦争が終わっても日本に帰らず、インドネシアに残ることを選択した日本人...
インドネシア残留日本兵|東ジャワ州マランの「日本人慰霊碑」で墓参
私が住むインドネシア、東ジャワのマラン(Malang)には、「日本人慰霊碑」があります。オランダ占領期から存在する墓地の中に建てられているも...
インドネシア独立記念日|Google検索トップのロゴまとめ
今日「8月17日」は、インドネシアの独立記念日です。独立宣言を出したのが1945年8月17日なので、今回の2015年で70回目になります。 ...
写真集『インドネシア残留元日本兵』独立の英雄110名の姿が語るもの
「インドネシア残留日本兵」。 第二次大戦をインドネシアで戦った後、戦争が終わっても日本に帰らず、インドネシアに残ることを選択した日本人...
南方徴用作家としての阿部知二|インドネシアのマランで執筆した文学者
「南方徴用作家」と呼ばれる存在をご存知です第二次大戦の時期、軍の命令によって東南アジア各地におもむいて、現地の様子を描いてまわった日本人文学...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする