バリ島の占い師バリアン|映画「食べて祈って恋をして」の長老に面会してみた!!

シェアしていただけると嬉しいです!

バリ島は「神の国」とも呼ばれ、そのミステリアスな存在でも知られています。占いも有名ですが、バリ島の占い師「バリアン」をご存知ですか?

「バリアン」(Balian)あるいは「メディスンマン」(Medicine Man)とも呼ばれる存在ですが、先月バリ島でお目にかかる機会がありました。

有名なハリウッド映画「食べて、祈って、恋をして」の原作にも登場する長老、クトゥ・リヤールさんです。今回はバリ島の有名な占い師、バリアンとの面会体験について、ご紹介したいと思います。




映画「食べて、祈って、恋をして」にも登場するバリアンとは?

今回ご紹介するバリアンが登場するのは、ジュリア・ロバーツ主演のハリウッド映画『食べて、祈って、恋をして』です。原作である「Eat Pray Love」は、実に700万部を超えるベストセラーになりました。

エリザベス・ギルバートが書いた小説ですが、その作品中で、「バリの預言者」として登場するお爺様がいます。それが今回お会いしたバリアン、クトゥ・リヤール(Ketut Liyer)さんです。

ちなみに「バリ島で撮影されたハリウッド映画」は、世の中にはまだこの1作品しか存在しないそうです。意外な感じがしますよね?

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]

ジュリア・ロバーツ, ハビエル・バルデム, ジェームズ・フランコ, ビリー・クラダップ
763円(10/16 13:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

バリアンに会いに、ウブドのクトゥ・リヤールさんのお住まいへ

 
バリ島 ウブド バリアン クトゥ・リヤールさんの邸宅 入口の看板
【写真:Ketutさんの邸宅の入口看板】

そんな著名な存在であるクトゥ・リヤールさん。今回は時間が無かったのでアポ無しで訪問しました。場所はバリの高原、ウブド(Ubud)にあるご自宅です。

事前に伝え聞いていたところでは、「行っても、なかなか会えなくて、お弟子さんが対応することが多いよ」とか、「整理券をもらって並ぶから、時間かかるよ」との情報もありました。

ところが、いざ現地に行ってみると、
なんと!
運よく誰も並んでいなくて・・・、

しかも、邸宅の門をくぐると、目の前にいるではないですか、ご本人が!(笑)

100歳を迎えるバリアン、クトゥ・リヤールさんは実に元気!

Ketut Liyer バリ島 バリアン クトゥ・リヤール メディスンマン
【写真:Ketut Liyerさん。100歳とは思えません・・・】

クトゥ・リヤールさんは来訪に気づくと、にっこりと「やぁ、よく来たね・・・」と歓迎してくれました。お住まいの敷地内には、ジュリア・ロバーツが寄贈したという小さな家もありました。

「バリアン」あるいは「メディスンマン」というと、なんだか、おどろおどろしいイメージをもつ人もいるかもしれませんが、ひとことで言ってしまえば、占い師というか、予言者的な存在のクトゥ・リヤールさん。

とっても、気さくな感じの、かわいらしいお爺様です。
年齢は、なんと100歳!!

100歳というご高齢にもかかわらず、普通の速度で普通に歩いて、普通にしゃべって、普通に聞こえて・・・。まったくの健康体でいらっしゃいました。どうみても70代にしか見えませんでした。

クトゥ・リヤールさんとの会話はバリ語まじりのインドネシア語で

占い バリ島 バリアン クトゥ・リヤール
【写真:今回、占いを行っていただいた家。庭先で行います】

バリ語まじりのインドネシア語を次から次へと話し続けるお爺様。今回は私の知人が、クトゥ・リヤールさんの占いを受けました。そして、私が日本語へ通訳。

占いの内容詳細は割愛しますが、
(ネタバレになってしまいますので)
知人いわく「なんで、こんなに知っているの?」と。

あえて自分の正体を隠し、できるだけ情報開示を避けて臨んだもののいくつものことを言い当てられて驚いたとのことでした。

バリ島はリゾートだけでなく、バリアンの「占い」も楽しめる!!

バリには、さまざまな楽しみがあります。海もあれば、山もあり、魅力的な食事もたくさん。きれいな海岸でゆっくりしたり、お酒を飲みながらクラブで楽しむナイトライフもありでしょう。

そんな中、クトゥ・リヤールさんのような占いを受けてみるというのも、一つの楽しみ方かなと思います。興味のある方は、ぜひお試し下さい。

バリアンのクトゥ・リヤールからの嬉しい一言

ところで、余談ながら。私自身は、Kututさんの占いは受けなかったのですが、帰り際に、ご本人から急に呼び止められました。「きみ、子供いるでしょう?」と。

突然ことで、びっくりしつつも、「えっ? はい、いますが・・・」と答えました。いったい何を言われるのだろうと思ったら・・・。「あのね、君のところの子供ね。いいよ。すごくいいよ。いいものもってるよ」って。

はい、良いですよ・・・当然(笑)

「お子さん、かわいいですね」という言葉は、なかば社交辞令のようなフレーズでもありますが(笑)、でもこういう高名な占い師から言われてみると、なんとなくありがたい気分になってしまうのが不思議です。

子供が元気にすくすく育っていること。これは本当に妻のおかげです。感謝しています。というわけで、久しぶりの親バカ日記でした。(今日は結婚記念日。7周年なので銅婚式になります)

【参考】バリ島に関するブログ記事

インドネシアのバリ島をテーマにしたブログをまとめました。こちらの記事も、ぜひどうぞ。

インドネシアへ飛行機で行く方法|日本からの航空路のオススメと解説
年々、注目度を高めるインドネシア。インドネシアに行ったことのない方には、ぜひ行ってほしい場所です。日本からインドネシアに行くには、どんな航空...
バリ島へ行く方法|フェリー、鉄道、バスでジャワ島から行く3つの方法
バリ島のアグン山の噴火に伴って、11月27日、バリのングラライ空港が閉鎖されました。「24時間の閉鎖」だったのですが、今朝11月28日の発表...
「バリ島はどこの国?」って気になりますか?
「バリ島はどこの国?」 もちろん、「インドネシア」に決まっています。 はい。あえて、ブログに書くようなテーマではないですね・・・。で...

 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする